車検は期限前に受けれるのか?費用がかさむ時には買い替えも検討

多くの人は、ディーラーや車検業者からくる車検の案内状を見て、車検のことを思い出しているのではないでしょうか。そして、車検満了の日までの1カ月間に受けている人が多いでしょう。

この車検をする時期はずらすことは可能なのでしょうか。また、車検の日を早めたり、遅くしたりすることでデメリットはあるのでしょうか。

ここでは、車検を受ける時期を早めることでのメリットやデメリットを考えてみたいと思います。

期限前に車検を受けるメリット

車検は有効期限の満了日から1カ月前以降に受けると、次の車検満了日が同じ日付になります。しかしこれ以前だと、車検を通した日から2年後が、車検の満了日になります。

スケジュールを調整しやすい

車検は満了日か決められており、その日までに車検を受けて通さなければなりません。そして、車検の期間を無駄にすることなく車検を行うためには、満了日の1カ月前以降に受けなければなりません。しかし、仕事であったり、旅行であったりと決められた期間内に受けることが難しい場合があります。

期間を無駄にすることを気にしないのであれば、車検はいつでも受けられます。満了日1カ月前以降という一定の期間にとらわれないのであれば、自分の好きな時にスケジュールを決めて車検が行えます。

前もって車検費用の準備をすることができる

車検の際には、部品の交換をしたり、故障個所の修理を行ったりすると、費用が高額になることがあります。そのため、車検を満了日ぎりぎりに予定していると、車検費用を用意するのが難しくなる人もいるでしょう。

また、車検の費用は現金やクレジットカードで支払うことができますが、ローンを組んで支払うこともできます。しかし、ローンを組んで支払う場合には、審査に時間が必要です。

そのため、満了日のぎりぎりに車検を予定して、ローンの審査を依頼していると間に合わなくなる場合もあります。その点、車検を早めに行うと、車検費用を用意する時間を持てますし、ローンの審査に焦ることもありません。

期限前に車検を受けるデメリット

車検を受ける時には、次の車検の時までの費用を前払いしてるため、早く受けすぎると費用を無駄にすることになります。

車検の満了日がずれてしまう

車検は満了日の1カ月前以降に受けると、その日付がいつでも次回の車検の満了日は、同じ日付になります。しかし、車検を満了日の1カ月前よりも前に受けると、車検の満了日は、車検を通した日からカウントします。そのため、今までの車検の満了日の日付とは変わってしまいます。

そして、車検費用は車検期間分の支払いのため、早く受けた期間分損をします。

自賠責保険や重量税も少し無駄になってしまう

車検を受けるときには、車検期間を上回る期間の自賠責保険の加入が義務付けられています。また、自動車重量税は、普通乗用自動車の継続検査行う時には、2年分を納付します。

車検期間の満了日よりも早く車検を通してしまうと、すでに支払いしている自動車税や自賠責保険料が無駄になります。そして、自動車重量税は、払いすぎている分の返還はありません。

期限前に車検を受けることができるのはいつからか

車検はいつでも受けられます。しかし、車検費用を無駄にしないためには、満了日の1カ月前以降に行うとよいでしょう。

通常は1ヶ月前から受けるのが基本

多くの人は、車検費用を無駄にしないために、満了日の1カ月前以降に車検を受けることが多いでしょう。この期間であれば、車検を通した日に関わらず、満了日は以前の満了日と同じ日付になります。

車検は満了日までに通せれば問題ありません。しかし、満了日を過ぎてしまうと公道を走ることができません。車検期間が切れた車の車検を行うには、余計な費用や手間がかかります。そのため、自分の車の車検期間を把握しておくことが大切です。

ただ車検に出すだけであればいつでも車検を受けることは可能

適切な点検や整備を行い、車検場でチェックを受けることで、2年の車検期間を得られます。そして、車検には多額の費用がかかっています。そのため、できるだけ費用を無駄にしたくないと考える人がほとんどでしょう。

しかし、車検は費用面を考えなければ、いつでも受けることができます。例えば、車検を通した次の日にまた、車検を受けることもできます。しかし、その場合には、ほぼ2年間分の車検費用を無駄にすることになります。

ただし、受けるのはいつでもよいですが、満了日までに通さないと公道を走れなくなります。そして、無車検や無保険での公道の走行は、罰則の対象になります。

期限前に車検を受ける際の注意点とは

事前に必要書類を揃えておくとスムーズに車検を進められます。また、車検費用は高額なため、事前におおよその金額を把握して、用意しておくことをおすすめします。

必要な書類を忘れないこと

車のグローブボックスに車検証を保管している人は多いのではないでしょうか。車検の際には、この車検証と自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税納税証明書が必要です。自動車税納税証明書は毎年、5月頃に発行されるものなので、なくさないように車検証と一緒に保管しておきましょう。

また、自分で車検を行うユーザー車検の場合は、ほかにも、自動車検査票や自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿が必要です。

自動車検査票や自動車重量税納付書、継続検査申請書は、当日車検場で受け取ることができます。また、定期点検整備記録簿は、24カ月点検が終わっている場合には必要です。そして、ユーザー車検の場合には、自動車損害賠償責任保険証明書は新旧両方が必要です。

スムーズに車検を進めるためにも、これらの書類を事前に揃えて車検に備えましょう。

軽自動車の場合は必要書類が違うので注意

軽自動車の車検での必要書類は、普通自動車の場合に必要な書類と少し違います。軽自動車の車検が初めての人は確認しておきましょう。

軽自動車の車検での必要書類は、車検証に自動車損害賠償責任保険証明書、軽自動車納税証明書、自動車検査票、自動車重量税納付書、継続検査申請書、定期点検整備記録簿が必要です。

車検費用を把握しておく

車検費用の内の法定費用は、金額が決められているので事前に調べられます。しかし、車検基本料にあたる部分は、車のコンディションや年式、選ぶ車検業者によって金額が変わります。

そのため、事前にどれくらいの費用がかかるか調べておかないと、車検が近づいたときに費用が足りないという事態になりかねません。

車検費用は、下記のサイトでも確認できます。事前に車検費用のおおよその金額を確認し、用意しておきましょう。

参考:車検費用の計算

車検に通さず、買い替える場合は

車は長く乗り続けていると、劣化が進み車検費用が高額になりがちです。車検費用が高額になるなら、車の買い替えも検討してみてはいかがでしょうか。

廃車買取業者の査定を依頼する

車を買い替える時には、車を購入したディーラーに下取りや買い取りを依頼する人は、多いでしょう。購入も同じ店で行うなら、割引サービスが受けれたりお得に買い替えができることもあります。しかし、ディーラーの場合、下取り価格が極端に低い場合があります。また、年式によっては価格が付かない場合もあります。

車を買い替える際には、廃車買取業者を利用すると、高く買い取ってもらえる可能性があります。これは、廃車専門業者では、乗れる車は修理や整備を行って、再販します。そして、動かない車や修理ができない車でも、パーツとして再利用したり、スクラップとして輸出したりします。そのため、ディーラーや買取専門業者よりも高く売れる可能性があります。

廃車買取業者はカーネクストがおすすめ

カーネクストは世界中に販路を持っています。そのため、幅広い車種の買い取りを行っています。また、事故で動かない車や年式の古い車、廃車同然の車でも、0円以上の買い取りを保証しています。多くの買取業者に依頼すると、買取金額が付かない上に、廃車費用が掛かる場合があります。

しかし、カーネクストなら、廃車に係る費用や手続きの代行も無料です。そして、再販できないような車でも、パーツとしてリサイクルしたり、スクラップとして海外に輸出したりしているので、不動車もパーツ単位として査定してもらえるため、高額で買い取ってもらえる可能性があります。

買取査定も引き取りの際のレッカー代も無料なので、買い取りを検討しているならカーネクストの買取査定がおすすめです。

参考:カーネクスト

メリットデメリットをよくしった上で車検を受けよう

車検は車を安全に乗るために重要なものです。しかし、一般的な車検を行う期間は1カ月の間に行うことが多く、仕事で都合がつかない場合もあるでしょう。

そして、車検では多額の費用がかかる場合があります。特に、年式が古い車だと、部品の交換代や整備費用が高くなる可能性があります。

そのため、そのまま乗り続けるメリットや買い替えるメリット、それぞれのデメリットなどを考えて、車検を通すか、買い替えるかを検討するとよいでしょう。