車検の際に見かける整備保証とは何か。内容や注意点を解説。

車検業者選ぶとき車検の費用だけで選んでいる方もいるでしょう。しかし車検費用だけで選んでいると損をしている可能性があります。車検の際には選ぶ車検業者によって、整備保証等さまざまなサービスが付いている場合があります。

整備保証を利用すると車検後に不具合が起きても、保証でカバーできて出費を抑えられることが可能です。ここで整備保証がどのようなものかを知って、車にかかるコストを削減しましょう。

車検における整備保証とは

車の整備は、走行の安全や環境の保全のために、車検業者は責任感を持って点検整備を行っています。しかしどんなにしっかりと整備を行っても、ミスが発生したり、不具合を見逃したりすることもあります。

そのため車検の点検整備後に、整備を行った項目に不具合が出た場合には、その不具合箇所を、無償で修理や整備を行います。

ただし保証期間中であっても、車検時の整備ミスか、車を使用しているうちに出てくる不具合かの判断ができない場合なども多いため、車検業者が認めた不具合に対してのみ保証を行っているケースがほとんどです。

整備保証の内容

整備保証があると、その期間内の不具合が保証範囲であれば、修理費用などが抑えられる可能性があります。

一般的な保証範囲

多くの場合車検を依頼すると、整備保証が付いています。これは車検の際に行われる点検・整備に不備があり、車検後に不具合が出た場合に無償で修理や整備を行ってくれるものです。

一般的な保証範囲は、「道路運送車両法大48条に基づく整備に同法に基づく自動車点検基準に定められた項目にすいておこなった整備作業となる」とされています。

そのため走行による部品の消耗や劣化、過度に酷使した走り方をしたための故障などは対象外です。そしてこの整備保証は、自家用自動車が対象です。自家用自動車でも11人乗り以上のものや、8トン以上のものも対象外です。

またレンタカーや特殊自動車も対象外です。そして車の使用者が変わったときも対象外となるので注意が必要です。

一般的な保証期間

保証期間は日数や距離で設定されることが多いです。そして日数と距離を両方設定し、どちらかの条件を達する時点までを保証期間としている車検業者もあります。

日数で決める場合

車検に付いてくる整備保証は、車検期間とは関係ありません。整備保証には、保証される期間が決められていて、車検業者によって保証期間は異なります。

一般的に日数で決めているところは、半年や1年に設定しているところが多いです。

距離で決める場合

保証期間を走行距離で決めている業者もあります。多くの車検業者では、車検の日から、5,000キロや10,000キロまでと決めています。

決められた走行距離までの不具合であれば、整備保証に含まれる作業であれば対応してもらえます。

整備保証の注意点

車検業者によって保証する期間は異なります。しかし整備不良を車検業者に認めてもらえないケースもあります。

保障内容は業者によって異なる

整備保証は一般的に定期点検整備の項目での作業である場合が多いです。そして車検業者によって保証内容は異なる場合があるので、依頼した車検業者に内容の確認をしましょう。

車検業者を選ぶときには、整備保証がついているのかやどのような整備内容の保証か、保証期間はどれくらいなのかで選ぶという方法もあります。

そのため車検業者を選ぶときには、車検費用の確認も大事ですが、整備保証についても確認するとよいでしょう。

整備不良を見読めてくれない業者もある

通常、保証期間内に不具合が見つかれば、その不具合の内容が整備ミスによるものであれば、無償で整備や修理が行われます。

しかし整備保証の契約書には、保証する整備は整備不良だとその車検業者が認めたものに限るとの文言が入っているケースがあります。その場合明らかに整備ミスであっても再整備を受け付けてもらえないこともあります。

その点ディーラー車検なら、車検時の点検整備がほかに比べて高額ですが、車検後の不具合に対する整備も丁寧に行ってもらえるのでかなり手厚い保証となっています。安心を買うのであれば、ディーラーでの車検がおすすめです。

車検をするか売却するか迷っている場合

車は古くなると車検費用が高くなります。そのため車検のタイミングで買い替えを考える人も多いです。それぞれのメリットやデメリットを知って、どちらがよいかを考えてみましょう。

それぞれのメリットとデメリットを確認

車検を通して乗り続けるか、車検を通さずに乗り替えるかはそれぞれのメリット等を知り、自分の今の環境を考えながら選びましょう。

買い替える場合

メリットとデメリットを見て考えてみてください。買い替えのタイミングは、車の年式やコンディションでも考えることができます。車を買い替えるメリットやデメリットには次のようなものがあります。

メリット デメリット
  • 新しい車に乗れる
  • 早く売れば高値で売れる可能性がある
  • 車検費用がかからない
  • 買い替える車の費用が必要
  • 買い替えのための手続きが必要

上記を踏まえたうえで、ライフスタイルに変化がある場合や、引越しや就職で状況に合った車が必要になる場合は買い替えることをおすすめします。また乗りたい車がある人や乗っている車に不満があるなら、車検は買い替えのよいタイミングです

車検を通して乗り続ける場合

乗っている車に愛着があって、買い替えを考えていないのであれば、以下のメリットやデメリットを参考に車検を通すことを考えておきましょう。

メリット デメリット
  • 買い替えほどお金がかからない
  • 車が古くなるほど劣化して修理費用がかかる
  • 売却価格が下がっていく

こまめにメンテナンスを行って、それほど車を酷使して使っていないのであれば、乗りつぶすまで乗るのもよ一つです。コストを考えると1台の車に長く乗り続ける方が費用が安く抑えられる可能性があります。ただし不具合箇所が多い場合には、修理費用がかさむため、買い替えたほうがよいかもしれません。

車を売却するならカーネクストがおすすめ

車を買い替えるときには、少しでも高く売って買い替える車の費用にしたいと考える人がほとんどでしょう。今乗っている車をより高く売却したいなら、高く買い取ってもらえる買取業者を選ぶことが重要です。

買取査定は買取業者によって、金額に差がある場合があります。そのため複数の買取業者に査定を依頼して、買取価格やサービス内容などを比較して選ぶことをおすすめします。

カーネクストなら、ほかの買取業者よりも20万円も高く買い取っている車種があります。そして事故車や動かない車でも0円以上での買取を保証しています。ほかの業者なら廃車になるような車は、廃車をするための費用を取っている場合がありますが、カーネクストなら廃車でも0円での買取保証があります。

引き取りの際のレッカー代も無料ですし、廃車に係る手続きや書類の作成などの代行料金も全て無料です。そして世界中に販路を持っているため、幅広い車種の買い取りを行っています。車検か買い替えかを悩んでいるのなら、カーネクストの無料の買取査定を利用することをおすすめします。

参考:カーネクスト

車検依頼先を選ぶ際には整備保証もチェックしよう

車検の費用は、高額になることが多く、車検業者を選ぶ際に費用の金額を重視して選んでしまいます。しかし業者によっては、整備保証が付いていたり、クーポンや洗車サービスなどいろいろなサービスが付いている場合があります。

整備保証がついていると、万が一の故障にも保証内であれば無償で対応してもらえます。車の修理は高額になる場合も多いため、安全に運転するためや出費を抑えるためにも整備保証が付いていると安心です。

車検業者を選ぶときには、車検費用だけでなく整備保証やサービスの内容を確認して選ぶとお得にカーライフを過ごせます。次の車検のときにはぜひチェックしてみてください。