車検の検査手数料とは|費用を安く抑える方法についても解説

自動車を持っている人は、数年に一度、車検を受ける規則があります。そして車検は、無料で受けられるものではなく、必ず費用がかかります。この記事では、そんな車検の検査手数料について紹介します。

また、コストを抑えたい人向けに、費用を安くするやり方についても取り上げていきましょう。車検間近の人などは、ぜひ参考にしてください。

車検の検査手数料とは

車検の検査手数料は、一般的に印紙代のことを指します。車検を行う運輸支局で印紙を買い、検査表に貼って提出します。こうした車検の検査手数料について、詳しく紹介します。

法定費用の印紙代のこと

どの車検場で受けても変わらない、車検に関する費用がありますが、それは法定費用です。そして法定費用には、自賠責保険、重量税、印紙代の3つがあります。印紙代のことを「検査手数料」と呼ぶことがあり、自動車の種類によって金額が異なります。

印紙を添付して支払う

印紙代の支払いは車検場で行いますが、窓口で印紙を買い、それを検査表に貼って提出します。車検を業者に依頼する際は、業者が印紙代の支払いを代行します。依頼した側は、受付のときに検査手数料を支払うことが一般的です。

消費税はかからない

車検の検査手数料には、消費税はかかりません。そのため、消費税が上がっても支払う金額は変わりませんが、自動車の種類によって金額は変動します。消費税は、消費するものにかかる税金なので、車検に必要な印紙は、該当しない決まりになっています。

車検のときにかかる検査手数料の金額

車検には新規検査、継続検査、構造等変更検査という種類があり、それぞれで検査手数料の金額が異なります。さらに、自動車の種類によっても違います。それぞれの金額の詳細を見ていきましょう。

新規検査の場合

新規検査は、自動車を買ったときに受ける車検ですが、基本的には購入者が受けるものではありません。保安基準適合証とは、指定整備工場による検査の証であり、完成検査終了証は、自動車メーカーによる検査の証です。

自動車の種類 合計金額
小型自動車 2,000円
小型自動車以外 2,100円
保安基準適合証がある車 1,100円
完成検査終了証がある車 1,100円

継続検査の場合

継続検査は、数年に一度受ける一般的な車検のことです。基本的には、1,100円の支払いで問題ありません。また、軽自動車も同様に1,100円です。

自動車の種類 合計金額
小型自動車 1,700円
小型自動車以外 1,800円
保安基準適合証がある車 1,100円

構造等変更検査の場合

構造等変更検査とは、自動車を改造したときに受ける点検です。幅や長さなど、定められた長さであれば、構造等変更検査は必要ありません。

自動車の種類 合計金額
小型自動車 2,000円
小型自動車以外 2,100円

車検にかかる費用を安く抑える方法

できるだけ車検費用を抑えたい人に、おすすめの方法があります。それは、自身で車検を行うユーザー車検です。また、整備項目を厳選することで、費用を抑えることも可能です。こうした節約方法について紹介します。

ユーザー車検を受ける

車検は業者に依頼することが一般的ですが、自分でも車検を行えます。それを「ユーザー車検」と呼びます。ユーザー車検は、車検場まで自動車を持ち込み、自身で書類申請なども行うため、業者に依頼する手数料などがかかりません。

しかし、検査に合格しなかった場合、整備し直して再検査するなどの手間はかかります。また、自動車の整備や点検に関する知識がなければ、基本的にはできません。さらに、最低限の点検しかしないため、車検に合格しても、安全に自動車に乗れる保証もありません。そのため、それほど自動車に詳しくない人や、初めて車検を受ける人などは、ユーザー車検は避けたほうがよいでしょう。

整備項目を厳選する

車検を依頼する際、現状行う必要のない整備が含まれている可能性もあります。そして、もちろんその整備には費用がかかります。できるだけコストを抑えたい人は、車検合格のために不要な整備項目は、外してもらいましょう。項目に関して不明点があれば、業者に質問してみてください。

車検を受けずに買い替えを選ぶ場合は

自動車を買い替えたい人は、わざわざ車検に出す必要はありません。そして買い取りに出せば、元手が増加して、欲しかった自動車を入手できます。買取業者の選定は非常に重要なので、時間をかけて選ぶようにしましょう。

現在乗っている車を買取に出す

車検を受けずに買い替えを選ぶ場合は、今乗っている自動車を売却しましょう。車は、年式や走行距離によって査定価格が大きく変わります。そのため、自動車の状態をチェックして、買取業者を選ぶ必要があります。

希少車種であれば別ですが、基本的に走行距離が多い車や、古い年式の自動車は高く売れません。こうした車をディーラーの下取りに出すと、ほとんど値段がつかない可能性もあります。

また、中古車を売る際は、ディーラーよりも買取業者がおすすめですが、買取業者のほうが中古市場に詳しい可能性が高いためです。ディーラーは新車については詳しいのですが、中古車のマーケットのスペシャリストとはいえません。

カーネクストに買取を依頼する

さまざまな中古買取業者があり、それぞれに特徴があります。旧式車、故障車、多走行車、不動車などを手放したい人は、廃車買取業者のカーネクストがおすすめです。カーネクストは、どんな状態の自動車であっても、0円以上の買取保証を行っている優良業者です。

0円以上の買取保証は、グローバルに広がる販路を持ち、まだ使えるパーツなどを再利用しているからこそ、実現できています。さらに、別の中古買取業者やディーラーなどでは、数万円かかってしまう廃車費用も、カーネクストでは無料です。

具体的には、解体費用、引取り手数料、廃車手続き代行費用は取られませんし、自動車税の還付手続き代行も無料です。レッカー費用もかからず、しかも全国に対応しています。

査定は、車種や名前などを専用ページに入力するだけで、申し込み完了です。査定自体に費用はかかりません。車種によっては、高額査定になる可能性もあります。フリーコールもあるので、早めに手放したい人は、専門スタッフに相談しましょう。

参考:カーネクスト

車検を受けるときは検査手数料について把握しておこう

車検の検査手数料は、法定費用に含まれる印紙代のことですが、印紙代は検査や自動車の種類によって金額が異なり、印紙を検査表に貼って車検場の窓口に提出します。この印紙代には、消費税はかかりません。業者に依頼した際は、支払いも業者が代行してくれます。

検査手数料は、多くの場合、1,100円で軽自動車も同様です。費用を安く抑えるためには、ユーザー車検がおすすめですが、整備や点検の知識がなければ難しいです。車検を業者に依頼する場合は、整備項目を厳選して、費用を節約することも可能です。検査手数料について把握し、スムーズに車検を受けましょう。