愛車の車検回数は何回まで?古い車に乗り続けるリスクとは

車に乗り続けるためには一定期間ごとに車検の更新が必要ですが、何回目まで受け続けるべきか悩む人は多いでしょう。車の買い替え時期を考える際には、車検の回数も考慮して、何年乗っているかで判断することがおすすめです。車検の回数を重ねるとどのような変化があるのかを知り、適切な買い替え時期を考えていきましょう。

車検について

車検の回数から買い替え時期を考えるためには、そもそも車検とはどのようなものか、基本的な理解から深めなければなりません。期間ごとに車検を更新しているものの、実はどのような制度なのか、詳細まで知らないという人もいるでしょう。制度を正しく理解することは、愛車の扱いを考えるうえでも非常に重要です。

自動車検査証を更新する

車検とは文字通り「自動車を検査する」制度であり、これを受けることで自動車検査証の有効期限を更新します。そもそも車が公道を走るためには、車検証を発行されていなければならず、車検切れの車は安全性が確保されていないとして、走ることを禁止されています。車検切れで公道に出ると違反点数が付き、罰金が科されたり、場合によっては懲役刑も科せられたりするため、注意しなければなりません。

検査では保安基準というものが法律で定められており、それに従って、各部位の安全性や環境性能をチェックします。これらを確認し、基準を満たしているか定期的に確認する制度が、車検制度の基本だと覚えておきましょう。

新車登録後1回目だけ3年後に車検を受ける

車によって、車検の有効期限は違いますが、一般的な乗用車の場合は、初回は3年、以降は2年ごとの更新となります。新車購入時の初回検査のみ3年後の検査で、その後は回数に関係なく2年ごとの更新です。

かつては、古い車は1年に1回の車検が必要でしたが、現在ではその決まりはありません。商業用の車やバスやタクシーのように、特殊な車は更新頻度が違いますが、家庭用の乗用車なら3年、2年と覚えておきましょう。

満了日は車検証か車検ステッカーで確認

車検は有効期限が決められているため、継続して車を使用するなら、期限内に更新しなければなりません。有効期限の満了日は、車検証に記載されているため、それをチェックしましょう。また、車検更新時にもらえて、フロントガラスに貼り付けている車検ステッカーにも、満了日が記載されています。

どちらで確認しても問題ありませんが、更新年や月だけでなく、必ず満了日までチェックすることが大切です。車検は満了日の1カ月前からなら、有効期限を無駄にせずに更新できるため、こまめにチェックして早めに更新の準備をしておきましょう。

費用は車検基本料と法定費用に分けられる

車検時にかかる費用は、大きく車検基本料と法定費用の2つに分けられます。車検基本料は、業者に依頼する場合の手数料や、事前の点検整備費用をまとめたもので、車の状態や依頼先によって変わります。対して法定費用は、車検時に支払う税金や保険料で、自賠責保険料、自動車重量税、印紙代(検査手数料)の3つです。

車種によって金額は違いますが、どの業者に依頼しても大きな変動はなく、個人で行うユーザー車検でも必要な費用です。つまり、法定費用は車検時に絶対に必要な固定費で、車検基本料は方法によって削減可能な変動費といえます。そのためコストを考えるなら、車検基本料をいかに減らすかを考えなければなりません。

車検の回数を重ねていくと

どれだけ古い車でも、車検さえきちんと更新していれば、乗り続けることは可能です。そのため、愛着のある車に長く乗り続ける人もいるでしょう。しかし、車検の回数を重ねるごとに、車検の条件に変化が出てきます。回数を重ねると何が違ってくるかを知り、どこまで更新し続けるか考えてみましょう。

税金が高くなる

車に乗るためには、継続的に自動車税と重量税を支払わなければなりません。これらは、13年目を超えたタイミングで増税になり、以降はコストが下がることはないため注意が必要です。特に重量税は、18年目でもう一段階引き上げになり、税金はさらに高くなります。

これは、エコカー対象車以外の全てに該当することで、普通自動車、軽自動車の両方が対象です。また、ディーゼル車の場合は、自動車税の増税が11年目以降と早いため、この点にも注意しなければなりません。

修理部品の交換も難しくなる

車検の回数を重ねると、事前整備が必要な箇所は増えて、部品交換も多くなるでしょう。しかし、古い車ほど部品を交換しようにもパーツが見つからず、手間がかかりやすくなりがちです。これは、新車発売されてから10年程度で生産が終了するケースが多く、以降パーツが入手しづらくなるためです。

場合によっては、交換パーツがなかなか見つからず、探している間に有効期限が切れて、さらに手間がかかるというケースもあるため注意しなければなりません。

車検費用が高額になる可能性がある

車検の回数が増えると、増税、修理・部品交換が増えるといった要因から、費用が高くなりやすいです。車検の更新には、最低限の費用でも数万円程度かかりますが、古い車だと数十万円以上かかることも少なくありません。

保安基準を満たすように整備できてさえいれば、更新は可能ですがコストが高くなりすぎて、買い替えができるほどの出費になる可能性も。やり方次第でコストは増減するものの、基本的には回数を重ねるごとに、出費は増え続けると考えましょう。

新車登録から10年たっているなら

車検は回数に関係なく更新が可能ですが、新車登録から10年経過しているなら、そろそろ買い替えを考えてもよいでしょう。なぜなら、車検費用がかかりやすく、修理や部品交換でも手間がかかりやすくなるためです。車を手放すなら買取に出すことがおすすめですが、どの業者に依頼するかは慎重に選ばなければなりません。

ディーラー下取り価格は大幅に下落

買い替えを検討しているなら、ディーラーに下取りに出すことも一つの方法です。下取りなら、売却と購入の契約をまとめて行え、スムーズに買い替えが完了します。しかし、下取りは査定額が下がりやすく、10年以上経過した古い車だと、値が付かないことも少なくありません。

それどころか、処分にかかる費用を請求されるケースもあります。下取りで有利なのは、綺麗な状態の車であり、古くてボロボロの車を手放す際には、向かない方法であることは理解しておきましょう。

廃車買取業者に依頼することがおすすめ

古い車をお得に手放したいなら、廃車買取業者の利用がおすすめです。廃車買取業者なら、古い車やボロボロの車でも活用する術を持っており、ほかの業者で値が付かなかった車でも、価値を見出して買い取ってくれます。

おすすめはカーネクストで、古い車から過走行車、さらには故障車まで、全て0円以上で買取保証をしていることが魅力です。また、車両のレッカー引き取りから、廃車手続きの代行まで無料で、コストをかけずにスムーズに売却できます。

参考:カーネクスト

車検回数を気にするなら思い切った行動を

回数がどれだけ増えようと、保安基準を満たして整備できるなら、車検の更新は可能です。しかし、回数が増えるごとにコストは増し、買い替えたほうが安くなる場合さえあります。

車検回数が気になるなら更新をやめて、買い替えることもおすすめです。どちらがお得なのかを考えて、よりよい選択をしましょう。