車検の予算はどれくらい?車検費用の内訳や節約の仕方を解説

数年おきとはいえ、高額な車検費用を負担に思う人は多いと思います。車検の費用は、選ぶ業者によって金額に差が出ます。車検の時期になって焦らないためにも、事前に車検費用がどれくらいになるのか確認してみましょう。

車検に関する知識があれば、車検費用をより安く抑えられます。ここで、費用の抑え方やどんな車検業者があるかを知って、最適な車検業者を選んでみましょう。

車検費用の内訳と目安

法定費用は金額が決められているため、事前に金額を確認できます。それ以外の諸費用は、選ぶ車検業者で変わるので、事前に見積もりを取って確認しましょう。

法定費用の内訳と金額

重量税と自賠責保険料、印紙代に分かれる法定費用は、どこで車検を行っても同じ金額ですが、車種や車の重さによって金額が変わります。

重量税の金額

車検の際に課税される重量税は、車検期間と車の重量によって金額が定められています。普通乗用自動車の1.5tから2tまでなら2年間で15,000円です。また、2tから2.5tのミニバンクラスの車だと、2年間で25,000円です。なお、軽自動車は一律で6,000円です。詳しい自動車重量税は、以下のようになります。

車検期間 ~0.5t 0.5~1.0t 1.0~1.5t 1.5~2.0t 2.0~2.5t 2.5~3.0t
1年 2,500円 5,000円 7,500円 10,000円 12,500円 15,000円
2年 5,000円 10,000円 15,000円 20,000円 25,000円 30,000円

また、排出ガス性能や燃費性能がよい車には、「エコカー減税」が適用されます。適用には細かな条件がありますが、適用されると、免税になったり減税されたりします。

自賠責保険料の金額

車検をクリアするためには、必ず加入しなければならないのが「自動車損害賠償責任保険」です。この保険は、事故の際に被害者を救済するための「対人のみの保険」です。車検の際に、車検期間を超える期間の保険の加入が必要です。

そのため、自動車を運転する際には、自賠責保険のほかに「任意保険」への加入が必要です。自賠責保険料は毎年、事故率や収支状況を見て審議が行われます。2019年度の保険料は、2018年度と同額で据え置きになりました。詳しい保険料は、以下の表を見てください。

12カ月 13カ月 24カ月 25カ月 36カ月 37カ月
普通車 15,520円 16,380円 25,830円 26,680円 35,950円 36,780円
軽自動車 15,130円 15,960円 25,070円 25,880円 34,820円 35,610円

検査手数料の金額

車検場で、検査を受けるための費用が検査手数料です。この手数料は、3ナンバークラスのミニバンなどは1,800円、小型の普通乗用車は1,700円、軽自動車は1,400円です。

この検査費用は、指定整備工場を利用すると安くなり、全車1,100円で済みます。この手数料は印紙・証紙を窓口で購入し、手数料納付書と自動車検査票に貼り付けて納税できます。

車検基本費用の内訳と相場

金額に差がでるのは、点検費用や事務手数料(代行手数料)で、これらの料金は業者がそれぞれ設定しています。また、車の状態によって、部品交換代や整備費用の金額が変わります。

点検費用の相場

おおよその点検費用の相場は、以下のようになります。車を購入したときのディーラーに依頼すると、安心感はありますが費用は高くなりがちに。費用を安く抑えたいのであれば、ガソリンスタンドやカー用品店がおすすめです。

24カ月点検費用の相場価格
ディーラー 21,600円~
車検専門店 9,500円~
ガソリンスタンド 12,000円~
カー用品店 12,800円~
整備工場 16,632円~

また、ディーラーで点検を行う場合、コンパクトカーならおおよそ21,600円、ミニバンなどの2,500ccクラスの乗用車は29,160円程度になります。しかし、この金額は部品交換などがない場合の価格です。

車のコンディションに合わせて、部品交換や整備をしたりすると、その費用が加算されるので注意が必要です。カー用品店やガソリンスタンド、民間の整備工場では、申請代行料を含めた金額になっている所も多くあります。ただし、基本的には車検に通すための整備や修理になるので、その後の車の状態を保証したものではありません。

事務手数料の相場

事務手数料は、車のオーナーに代わって車検場に車を持ち込んで、車検の申請・検査を行い、車検証等の交付を受けるための手数料です。この費用には人件費も含まれているため、選ぶ車検業者によって金額が異なります。

ディーラーに依頼した場合は、10,800円程度です。カー用品店やガソリンスタンドだと、車検基本費用のなかに、事務手数料も含まれている場合があります。

車検費用を安く抑えるためのポイント

車検の費用は、選ぶ業者によって金額が異なります。そのため、車検の際には、複数の業者に査定を依頼して、査定額を比較して選ぶとよいでしょう。査定額が提示されたときに、どのような整備を行うのか、それが必要なものなのかを判断し、不要な整備は省くことで車検費用の節約につながります。

例えば、エアコンのフィルターの交換のように、車検のときでなくても、後日自分でできるような整備は、省いてもらうように交渉しましょう。このように、車検の整備項目を確認して交渉することで、節約につながりますが、そのためには車に関する知識が必要です。

また、車の整備に関する知識などを持っていて、自分で整備が行える場合や、日頃からメンテナンスをしているなら、ユーザー車検に挑戦してみるとよいでしょう。ユーザー車検なら、法定費用以外は行き帰りのガソリン代程度で済ませられるので、車検費用を大きく抑えられます。

車検を通すか買い替えか迷っている人は

車の買い替えを検討しているなら、車検はよいタイミングです。車の状態やライフスタイルなどを考慮して、検討するとよいでしょう。

どちらがお得か考えよう

車は長く乗っていると不具合が出始めます。そして、不具合が出るごとに修理が必要ですし、車検の際の費用も高額になる可能性があります。そのため、車検を通して乗り続けるか、車検のタイミングで乗り替えるかは、自分の今のライフスタイルや費用などを見ながら、検討するとよいでしょう。

もし、乗り替えたい車があったり、引っ越しや結婚などの予定があったりする場合は、車検は車を買い替えるのによいタイミングです。また、乗り心地に不満がある場合や、古い車にお金をかけたくない場合も、買い替えを検討するとよいかもしれません。

しかし、買い替えるためには、購入資金を用意する必要がありますし、その資金は車検費用よりも高額になることがほとんどです。そのため、自分の懐具合とも相談しながら、買い替えか車検を通すかを考えるとよいでしょう。

買い替える場合は最適な買取業者を選ぼう

車を買い替えるときには、今乗っている車を売って、新しい車に乗り替える人がほとんどです。この場合、古い車は買取に出すケースが多いのですが、買取金額は業者によって大きく差が出ることがあります。そのため、買取業者を選ぶときには、複数の業者に査定を依頼して、査定額や整備項目などを確認しながら選ぶとよいでしょう。

カーネクストなら、世界中に販路を持っているため、さまざまな車種の買い取りを行っています。動かない車や事故車なども、0円以上で必ず買い取りを保証しています。車種によっては、ほかの買取業者よりも20万円も高く買い取るケースもあります。

また、レッカー代や廃車に関わる手続き、書類の作成などもすべて無料で依頼できます。買い取りを検討しているのなら、カーネクストの無料査定を利用してみましょう。

参考:カーネクスト

車検の予算を考えてみよう

車検の費用は、車のコンディションによっては高額になる場合があります。そのため、車検の時期になって、見積金額を見て驚くことも少なくないでしょう。

しかし、車検費用は部品交換や追加整備の費用を除けば、おおよその金額を知ることができます。選ぶ業者によって金額は変わりますが、事前に知識があると費用を抑えられます。車検の際には、自分の車の状態に合った車検業者を選び、できるだけ節約しましょう。