車検時にナンバー変更は必要?必要なケースや注意点をご紹介

車検更新の際には、車検証を最新の状態にして情報を更新します。このとき、場合によってはナンバー変更が合わせて必要なケースもあるため、注意しなければなりません。

ナンバー変更とはどのようなシーンで必要なのか、具体的な状況から変更時の方法、注意点まで確認していきましょう。

ナンバー変更が必要な場合とは

そもそも、どのようなシーンでナンバー変更が必要になるのかを、正しく把握できていない人もいるでしょう。ナンバー変更が必要なのは、特定のケースに当てはまる場合だけで、通常時には変更の必要はありません。どのようなケースが該当するのかを知り、自分に当てはまっていないか確認しておきましょう。

ほかの都道府県に引っ越しをした場合

ナンバー変更が必要なのは、基本的にはほかの都道府県に引っ越した場合のみです。これは、運輸支局の管轄の住所から動いた場合で、同管轄内での引越しならナンバーを変更する必要はありません。

都道府県をまたぐ引っ越しの場合は、管轄が変わるため、それに合わせてナンバーを変更しなければならないと覚えておきましょう。

希望のナンバーに変更する場合

基本的には、住所地が変わる場合のみナンバー変更をしますが、引っ越しをしなくもナンバー変更は可能です。ナンバーはランダムに振り分けられるものだけでなく、希望して取得するものもあります。引っ越しの有無に関係なく、希望ナンバーを取得したい場合は、ナンバー変更を行うと考えましょう。

ナンバー変更の制度は「希望番号制度」と「ご当地ナンバープレート」の2つに分けられます。希望番号制度は、自身で希望した番号に変えられる制度ですが、人気の番号だと抽選になる場合もあるため、注意が必要です。

ご当地ナンバープレートは、住所地以外の地域名でナンバープレートを取得できるシステムです。取得するナンバーによって違いますが、それぞれ費用がかかることは覚えておきましょう。

車検でのナンバー変更と注意点

運輸支局の管轄をまたいで引っ越しをする場合や、希望するナンバーを取得したい場合は、ナンバー変更の手続きが必要です。しかし、これは日常的な使用に関係する部分で、車検とは切り分けて考えられています。ナンバー変更は、車検時にどのように関係するのか、注意点を含めて理解を深めていきましょう。

ナンバー変更をしなくても車検は受けられる

車検時には、ナンバー変更の必要性はなく、変更していなくても検査は受けられます。破損でもしていない限りは、ナンバープレートを理由に不適合になることはなく、変更なしでも車検は通ると考えましょう。

ただし、新しい車検証を発行する際には、登録する住所は変更しなければなりません。住所変更の手続きさえきちんとしていれば、ナンバー変更なしで車検は終了します。

住所変更の手続きと一緒に行う

車検時にナンバー変更は必須ではありませんが、変更していないと面倒も多いため、引っ越し後は、できるだけ早めに手続きをしたほうがよいでしょう。引っ越し後は、車検証の住所変更が必要で、これと一緒にナンバー変更もしておくことがおすすめです。

住所地が変わった場合は、15日以内に届出が必要で、変更していないと50万円以下の罰金が科せられる可能性があります。実際には、15日を過ぎても見過ごされ、車検時に変更というケースも少なくありませんが、少なくとも違反していることは確かです。

また、何かの拍子に違反を追及され、罰金を支払わなければならない可能性もあるため、余計なリスクを抱えたいためにも、早めに変更しておきましょう。

変更をしないとさまざまな問題が起こる

ナンバーや車検証の住所地の変更は、していないと法律違反になるだけでなく、ほかにも複数の問題が発生します。例えば、車を売却する際に手続きが滞ったり、変更手続きが必要な分、余計な手間がかかったりする場合があります。

また、引っ越しの時期によっては、自動車税の納税証明書が前住所宛になっていて、手元に届かない場合もあるでしょう。日常的な使用だけで見れば特に問題はありませんが、各種変更や売却などの手続き面で不備が出やすいため、注意が必要です。

ナンバー変更の手続き方法

ナンバー変更は、引っ越した先の住所を管轄する運輸支局で行えます。変更する際には、以下の書類を用意しましょう。

  • 自動車検査証
  • 所有者の印鑑
  • 住民票
  • 車庫証明書
  • 申請用紙
  • 手数料納付書
  • 自動車税申告書

上記の書類のうち、事前に用意するものは「自動車検査証から車庫証明書まで」で、申請用紙以下の書類は、当日運輸支局で入手できます。また、申請用紙以下の書類は、業者に頼む場合は省略できますが、場合によっては委任状の作成を求められることも。

基本的にはこれらの書類を持ち、運輸支局の窓口で変更手続きを行うと終了です。字光式ナンバープレートの場合は、これに字光式番号表交付願も必要になるため、忘れないように注意しましょう。

車検を通すか買い替えかで迷っている場合

引っ越しと車検時期が違うなら、車検を依頼する際に、一緒にナンバーや住所変更を行ってもよいでしょう。しかし、そもそも車検を受けるべきか悩むこともあるのでは。車検は費用がかかり、あまりに高くつくなら買い替えを選択したほうがお得になるケースもあります。車検の更新と買い替えで悩む場合は、どのように選択すべきか知っておきましょう。

年式から選択する

愛車を手放すべきかどうかで迷っているなら、車の年式をチェックしましょう。年式がある程度古くなっているなら、車検の更新はせずに、買い替えを選択することがおすすめです。車は経年によって劣化し、年式が古いと何もしていなくても、不具合は頻発するようになります。

メンテナンス次第では長く使えますが、手間や費用がかかり、買い替えたほうが維持費が下がってお得なケースも多いでしょう。また、エコカー対象の車でないなら、13年を経過すると自動車税・重量税ともに引き上げられます。したがって、増税になる前に買い替えることがベターのため、10年を超えているなら、そろそろ手放すことを考えてもよいでしょう。

買い替えの場合は買取業者の選択が重要

買い替えを選ぶなら、どの買取業者に愛車を買い取ってもらうかが重要です。同じ車でも、業者によって買取の条件は違い、損得が分かれるため注意しなければなりません。おすすめなのは、充実したサービスを提供するカーネクストで、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで、全て無料で利用できます。

また、買取にも積極的で、状態に関係なく0円以上の買取保証をしている点も魅力でしょう。コストをかけずに手放せ、かつ確実に資金化できるため、お得に買い替えたい人におすすめです。

参考:カーネクスト

変更の手続きをして車検を受けよう

ナンバー変更の必要がある場合、車検時にまとめてナンバーと車検証の住所変更が可能です。引っ越しと車検の時期が近いなら、まとめて手続きしても構いませんが、引っ越してから車検までかなり期間が空く場合は、先にナンバーや住所変更をしておかなければなりません。変更手続きは正しく行い、法律に違反しないように注意して、スムーズに車検を受けましょう。