車検の保安基準について解説|保安基準に適さない違反とは

車に乗り続けるのであれば、一定間ごとの車検は必ず受けて通しておかなければなりません。そうしなければ、車が故障したり事故になることもあります。

また、万が一車検を無視して乗っていると、罰金などの刑罰が与えられることもあります。そのため、必ず行っておきましょう。今回は、この車検で重視される保安基準や車検対応と保安基準適合の違いなど解説します。車検に必ず通るためにも、これらをしっかりと学びましょう。

車検の時に重視される保安基準とは

車検とは車が安全に道路を走れるのかを検査するものですが、これにはしっかりとした検査基準があります。それが保安基準と呼ばれるもので、こちらは安全や環境を保全するために定められています。

基本的に車検はこの保安基準に沿って進められ、万が一これを満たしていない場合には罰則を受けることになるものです。ここでは、車検について詳しく解説していきます。

安全や環境を保全するために定められている

保安基準は、道路運送車両法に定められる規定であり、車が道路を走行しても故障したり、事故になったりしないように走行上の安全を保全するものです。また、車が排出するガスによって環境に悪影響が出ないよう保全するためにも制定されています。

車検は保安基準に沿って進められる

車検では、保安基準により、例えば部品が規定された場所に安全に取り付けられているのか、適切な動作をしているのか検査されます。また、公害などの原因とならないように、排気ガス規制よりも低い値であることなども同様に検査します。

なお、この保安基準は細かく決められており、検査する車が保安基準のすべてを満たしているのかを詳しく調べられます

適合していないと罰則を受ける

もし、車検を受けて保安基準に適合していないと判断され、さらにその車に乗っているところをみつけられてしまうと、不正改造した車に乗っている扱いをされます。こうなってしまうと罰則を受けることとなり、6カ月以下の懲役や30万円以下の罰金が科せられます。そのため、車検を必ず通った上で車に乗りましょう。

車検対応と保安基準適合の違い

よく車のパーツなどを探していくと「車検対応である」とか、「保安基準適合しているものです」などといった文言を目にすることがあります。こちらの2つの言葉にはどのような違いがあるのでしょうか。

実は、この2つの言葉は意味的にはどちらも同じものになります。また、仮にこれらの言葉が書かれていたとしても車検に必ず通るわけではありません。ここでは、これらについて見ていきます。

意味的にはどちらも同じ

この2つの「車検対応」と「保安基準適合」という言葉はどちらも、車のパーツを作成している会社が商品を売るために、法律の定める基準に適合して作ったことを表しているものです。

そのため、違いはなく意味としては同じものです。したがって、これらの文言が書かれていれば、基準に適合しているので、正しく装着していれば車検でも問題になることはありません。

車検に通る場合と通らない場合がある

車検対応や保安基準適合と表示されているパーツは、車検に通るように製作されているものです。しかし、これを装着しているからといって、車検に通るものではありません

なぜなら、車検では厳しく基準が設けられていますが、この中には正しい場所に正しく取り付けられているのかを見る項目もあります。そのため、取り付け方が間違っている場合は車検に通らない可能性があります。

特に、自身でパーツを取り付けた場合には誤っていることもあるため、一度正しく取り付けられているのか確認してください。

車検の保安基準に適さない違反

車検の保安基準にはちょっとしたことや改造を加えたために、これを満たしていないと判断されることがあります。例えば、着色フィルムを窓に貼ったり、フォグランプをたくさんつけることです。これらが、なぜ車検の保安基準違反になるのかを詳しく確認していきましょう。

着色フィルムを窓に貼る

車の運転の際には、運転席または助手席の側面窓ガラス、フロントウインドウから対向車の有無などを確認することがあるでしょう。このときに、もし何かを貼っていると、これが原因となって事故になることもあります。

そのため、これらの場所では検査標章や点検検査済みステッカー以外のものを、張り付ける行為が禁止されています。なお、着色フィルムを窓に貼る場合には、ある条件を満たせば車検に通りますが、満たしていない場合には違反となります。

その条件とは、車に着色フィルムを貼った上で可視光透過率が70%以上であることです。これを満たせば問題はないので、もし張っているのであれば確かめてください。

フォグランプのつけすぎ

フォグランプはその名の通り、霧がかかった場所を走行する際に道路を見やすくしてくれるので頼りになるものです。しかし、こちらも色や数は保安基準で細かく決められています

具体的には、色は白または黄色ですべて同色にしておく必要があります。また、同時に2個までしか点灯できないものであり、これ以上たくさんつけると違反となるものです。この他、設置位置に関しても細かく決まっているため、もし自身で取り付けるのであれば取り付け位置や数に気を付ける必要があります。

車検を受けずに買い替えを選択する場合は

中には、車検を受けずに買い替えを選択する人もいるでしょう。そこでここでは、そのような人に向けてお得に買い替えができるコツを解説します。

なお、そのコツとは現在乗っている車を買取に出すということです。こうすれば、売った車のお金を元手にして買い替えができます。この他、おすすめの買取業者についても紹介します。

現在乗っている車を買取に出す

もし、どんなに頑張っても車検に通らなかったり、通すために費用が掛かるのであれば、廃車ではなく買取に出しましょう。そうすれば、売却したお金を元手にして新しく車を購入できます

こちらの方法が一番お得に買い替えられるので、検討してみてください。なお、買取では年式や走行距離によって査定価格が変わります。そのため、しっかりとそれらを調べておき、また車の状態を示す書類などがあればこれも業者に見せるようにしましょう。

さらに、利用する買取業者によっては買取額も変わってくるので、複数の業者に査定をお願いするなどして、その中から信頼できる業者をみつけだし、その業者に買取をお願いしてください。

カーネクストに買取を依頼する

もし、信頼できる業者がわからないのであれば、「カーネクスト」がおすすめです。こちらは、不動車や古い車、故障車など状態が悪い車でも買い取ってくれます

また、0円以上の買取を保証しているので、必ず元手を作れるでしょう。ぜひ、一度利用を検討してみてください。

参考:カーネクスト

保安基準を理解してから車検に臨もう

車検の時に重視される保安基準は、安全や環境を保全するために定められているものです。また、車検対応と保安基準適合という言葉は、意味はどちらも同じです。

なお、車検の保安基準に適さない違反には、着色フィルムを窓に貼ったり、フォグランプのつけすぎがあります。さらに、もし車検を受けずに買い替えを選択する場合は、現在乗っている車を買取に出して、そのお金を元手に買い替えてください。

ポイントは保安基準を理解してから車検に臨むことです。そうすれば車検には通ります。