車検費用の現金以外の支払い方法は|それぞれのメリットや注意点

車検費用といえば現金払いのイメージがありますよね。たしかにこの現金払いがスタンダードですが、実は他の方法でも支払いが可能です。

例えば、クレジットカード払いやローン払いなどが挙げられます。ただし、こちらはメリットやデメリットがあり、すべての人が利用できるものではありません。

そこで今回は、これらを含めた車検の費用の支払い方法について詳しく解説していきます。ぜひ、あなたに合った車検費用の支払い方法を見つけてください。

車検の費用の支払い方法

車検費用の支払い方法はどのようなものがあるのでしょうか。この疑問にお答えすると、基本的に支払い方法は業者によって異なります。ただし、ユーザー車検に関しては現金払いのみです。ここでは、これらについて詳しく解説していきます。

支払い方法は業者によって異なる

基本的に車検費用の支払いはディーラーやガソリンスタンドなど、それぞれの業者によって異なります。そのため、一番手っ取り早い確認方法は業者のホームページを閲覧したり、直接電話をするなどして聞いてみるのがよいでしょう

なお、全体の傾向としてはクレジットカードでの支払いは、車検費用の中でも「車検費用」や「整備費用」、「部品代」のみという業者が多いです。また、車検費用の内訳の「法定費用」に関しては、クレジットカード払いできる店舗は限られているので、あなたが車検をお願いしたい店舗ではできないこともあります。そのため、支払い方法に関してはしっかりと確認するようにしましょう。

ユーザー車検は現金払いのみ

ユーザ車検について、あまり詳しく知らないという人も多いでしょう。簡単に解説すると、ユーザー車検とは陸運局に行って、自分で車検を行う方法です。そのため、他の車検に比べると手間が掛かるものでもあります。

そして、支払い方法ですが、こちらの場合には現金のみの申請となっています。そのためカード払いはもちろん、後払いも不可です。

現金払いとクレジットカード払いを比較

それでは、車検費用を現金払いした場合とクレジットカード払いした場合ではどのようなメリット、デメリットがあるのかを比較していきましょう。こちらは前者では、現金払いをすることでサービスを受けられる店舗があります。

また、後者ではメリットもありますが、デメリットもあります。これらについて、詳しく見ていきましょう。

現金払いをすることでサービスを受けられる店舗がある

基本的に現金払いを行った場合には、デメリットはありません。メリットとしては、割引サービスや洗車サービス、粗品のプレゼントを受けられることがあります

もちろん、これらは車検をお願いする業者で異なっているので、どのようなサービスが受けられるのかということも、事前に確認しておきましょう。

クレジットカード払いの場合

クレジットカード払いで車検費用を支払うときには、メリットとデメリットの両方が存在しています。なお、メリットはポイントが還元されるなどが挙げられ、デメリットは利用できる店舗が限られることなどです。それぞれについて詳しく知りましょう。

メリットとは

まず、クレジットカード払いすれば、掛かった費用分のポイント還元を受けられます。そのため、仮に部品交換などで高額な車検費用になったとしても、実際に払う費用は現金よりも少なくなります。

また、後払いなども利用できるため、1度に支払いをしなくてよいのもメリットです。車検にはまとまった費用が掛かるため、現金払いでは大きな金額の出費に困ることもありますが、クレジットカード払いではそれがありません。

デメリットとは

クレジットカード払いは、すべての店舗で対応していません。そのため、利用したくてもできないこともあります。また、クレジットカード払いにはカード会社への加盟店手数料が上乗せされるため、場合によっては現金で支払うよりも割高になることもあります。

つまりデメリットしては、使えない店舗があったり、トータルでは割高になることもあるということが挙げられます。

車検費用はローンで支払う事は可能なのか

車検を行う際にお金が足りないということはあり得ることです。その際に、もしローン払いが可能であれば助かりますよね。ここでは、それが可能なのかを解説していきます。方法としてはクレジットカードを利用してローン払いにする、マイカーローンを利用してローン払いにする2つがあります。

クレジットカードを利用してローン払いにする

この場合には、クレジットカード利用可能な業者を探し出し、分割払いを利用すれば可能です。ただし、必ずしも全ての店舗でクレジットカード払いができるわけではないので、もしかすると近くに利用できる業者がないこともあるでしょう。

マイカーローンを利用してローン払いにする

こちらは、JAバンクなどが行ってるマイカーローンで利用が可能です。ただし、ローンであるので借入時の年齢、最終償還時年齢、前年度税収年収、勤務年数が設定されており、融資金額は1,000万円以内、融資期間は6カ月以上10年以内という条件になっています。

また、所定の要件を満たさなければ利用できないことにもなっています。そのため、すべてを満たしていればこちらも利用できます。

車検をするか売却するか迷っている場合

例えば、乗っている車が新車であれば車検を行うでしょうが、古い車であったり、状態が悪い場合には売却を考えることもあるでしょう。そのため、ここでは車検をするか売却するか迷っている場合にどうすべきなのかをお伝えします。また、売却を決めたときのためにおすすめの買取業者も紹介します。

費用の確認をしてみる

車検か売却かを判断するためには、今後所有する車にどの程度の費用(維持費)が掛かるのかを知る必要があります。その際のポイントとしては、車の税負担を考えることです

年数を重ねると費用の負担が大きくなるものであり、ガソリン車の場合は13年以上、ディーゼル車の場合は11年以上経過すると、車は重税対象になります。具体的な数字ではおおむね15%増税されるので、こちらを考えながら検討していくとよいでしょう。

車を売却するならカーネクストがおすすめ

車を売却することで一番大切なことは、サービスの行き届いた業者を選定することです。なぜなら、車の買取は高く買い取ってもらうことはもちろんですが、手続きなどに掛かる費用が問題になるからです。

例えば、他よりも5万円ほど高く売却できたとしても、レッカーや手続きなどに掛かる費用がそれ以上掛かってしまえば、実際は損をしてしまいます。そのため、買取額もそうですが、サービス内容にも注目しましょう。

さまざまな業者の中からおすすすめしたい業者は、「カーネクスト」です。カーネクストは、世界中にある販路の広さによって、0円以上の買取を保障しています。また、レッカー、書類代行、査定が無料のため、費用の負担がありません。売却を考えているのであれば、カーネクストを検討してみてはいかがでしょうか。

参考:カーネクスト

自分に合った支払い方を探そう

車検の費用の支払い方法は、業者によって現金払いやクレジットカード払いなどさまざまです。また、現金払いとクレジットカード払いを比較すると、前者はサービスを受けられることがあり、後者はメリットもありますがデメリットもあります。

なお、車検費用はクレジットカードなどを利用すればローン払いが可能です。最後に、車検をするか売却するか迷っている場合は、まず費用の確認をしてから検討してください。

また、車検費用は自分に合った支払い方法を選びましょう。それぞれのメリットやデメリットを理解して、スムーズに支払いを進めましょう。