車検を通すか廃車するかで迷ったら?処分の適切なタイミング

同じ車に乗り続けるとお得と考える人は多いでしょうが、実は必ずしもそうとは限りません。一定程度乗ったなら廃車したほうがよい場合もあり、長く乗り続けることでコストがかさむこともあります。

お得に乗り続けるには、どのタイミングで車検の更新をやめ、手放すかが重要です。もっともお得なタイミングで買い替えを行い、コスパよく愛車に乗り続けましょう。

車検前は車を廃車するのにちょうどよい時期

まず知っておきたいのが、車を処分するなら車検前がもっともよいタイミングということ。これは廃車処分だけではなく、売却によって手放す場合でも同じことが言えます。車検の更新には費用がかかり、車によっては膨大なコストが発生することも少なくありません。

車の状態や用いる手段によって違いますが、10万円以上かかることも多いでしょう。車検前に廃車したり手放したりするなら、1回分の車検費用を丸々浮かせられます。数十万円単位の出費がなくなるため金銭的なメリットは大きく、出費に困っている人は思い切って廃車するのもひとつの手でしょう。.

車検を受けるより廃車にしたほうがよい場合とは

車検更新のタイミングですぐに廃車するのがよいわけではなく、一定程度は乗り続けることが大切です。長く乗り過ぎるだけではなく、短期間でしか乗らないのもデメリットになりやすいため注意が必要です。車検と廃車、どちらがよいか迷った時に、どのような指標を持って選択すべきか知っておきましょう。

13年を超えた車の場合

新車登録から13年を超えた車は、税金が上がるため廃車するのがおすすめです。エコカー対象車以外は、新車登録から13年経過すると、重量税が上がります。重量税は車検更新時に必須の費用であり、継続車検の2年分まとめて支払わなければなりません。

また、車検とは直接関係しないものの、毎年請求される自動車税も、重量税と同様13年目から増税されます。上がった税金が下がることはないため、以降は固定費が上がったままです。

18年目以降は重量税がもう一段階引き上げとなるため、これにも注意しなければなりません。増税のタイミングで手放すのがおすすめで、コストアップしないうちに廃車しましょう。

10年を超えた車の場合

税金的な観点から言うなら10年目の車は問題ありませんが、ここで廃車するのもひとつの方法です。車は経年によって少しずつ劣化し、10年を超えるとほとんど価値はないとみなされます。しっかりメンテナンスしているなら十分走れはしますが、整備にかかる手間もお金も大きくなるでしょう。

メンテンス次第では継続使用は可能なものの、先々のコストや市場価値を考えると、継続して乗るメリットはそれほどありません。

走行距離が10万kmを超えた場合

経過年数だけではなく、走行距離にも注目が必要です。走行距離は5万km単位でチェックが必要で、10万kmを超えた場合は廃車するのが得策と考えましょう。新車から5万km程度なら、価値がそれほど変わらないため市場での需要も大きく、高値で売却しやすいです。

しかし、10万km以上走っている車はエンジンや基幹部分が劣化していることも多く、長く使うためには多額の費用がかかるメンテナンスをしなければなりません。維持にかかるコストや手放した際の市場価値を考えると、10km走るまでに手放すのがよいでしょう。

あまり車に乗らない場合

車を持っているものの、ほとんど乗らないなら廃車して処分したほうがよいでしょう。車は持っているだけでお金がかかります。車検更新の費用は数万円から数十万円になることも多いため、あまり乗らないならお金をかけるメリットがありません。

ほぼ毎日使うならよいでしょうが、週に1回使うかどうか程度なら、カーシェアリングやレンタカーの利用がおすすめです。近年では必要な時だけ安価でカーレンタルできるサービスも増えており、必要に応じて借りるほうがお得になる場合も多いでしょう。

ほとんど乗らない車は劣化しやすく、メンテナンスの手間も費用もかかりやすいです。車検更新は車の処分を考える節目でもあるため、更新期限が迫ってきたなら、必要性の有無から考え直すことが大切です。

車検の見積もりが高かった場合

業者に車検を依頼する場合は、まずは車の状態を見てもらい、見積もりを出します。見積もりの段階であまりにも高額な場合は、車検の更新を諦めて廃車したほうがよいでしょう。状態が悪い車ほど費用はかかりやすく、整備費用だけで10万円を超えることもあります。

業者に依頼するなら代行手数料が必要であり、税金や保険料の支払いもあります。全てを合算すると大きな負担にもなりかねないため、見積もり金額を見て決めることが大切です。

車検費用がかかりそうな場合は廃車買取業者がおすすめ

車検更新のために見積もりに出すと、高額な見積もりを出されることもあります。見積額が高い場合は、単に廃車するだけではなく、廃車買取業者に売却する手もあります。廃車買取業者に売るメリットは何か知り、お得な業者に任せて愛車を処分しましょう。

早めに相談すれば高く売れる

売却を考えるなら、早めから業者に相談することが大切です。車は少しでも新しいほうが高値で売れ、反対に古くなるほど安くなります。1日2日の違いで価格が変動するわけではありませんが、数カ月や年単位になると、売却額が変動する可能性は高いでしょう。

特に売るなら車検更新前がよく、更新直後に売ると費用回収ができず、大幅に損をします。つまり、車検を更新したなら当分は乗る必要があり、数カ月や年単位で売却の機会が先送りになってしまいます。業者には早めに相談して、もっとも好条件で売れるタイミングを逃さず売却しましょう。

廃車買取業者ならどんな車でも値段がつく

車の状態は買取額を決める重要なポイントで、ボロボロの車は値が付かないことも少なくありません。しかし、廃車買取業者なら、状態に関係なく値段を付けて買い取ってくれます。これは車そのものとして買い取るだけではなく、部品や素材単位での買取を行っているからです。

廃車買取業者は買い取った車を分解してパーツ取りをしたり、リサイクルしたりして利益を上げています。つまり、どのような状態でも価値を見出してくれると言え、他の業者のように売り損が少ないです。

状態の悪い車は、ディーラーや中古車買取店では全く値が付かず、反対に処分の費用を請求されることもあります。業者の違いで買取条件は大きく異なるため、車検前の未整備状態の車を売るなら、廃車買取業者を選びましょう。

車検が切れていても買い取ってもらえる

状態が悪くても買取してもらえるように、車検の有無も関係ありません。車検切れでも更新さえするなら動かすことはでき、解体やリサイクルにも使えます。

廃車買取業者はレッカー代無料としているところが多いため、車検切れの車でもコストをかけずに処分できます。車検切れは大きなマイナスにもならないため、更新前に売却を考えましょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

車検前の車を買い取りに出すなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストは車検切れの車はもちろん、古い車やボロボロの車でも買取対応しています。状態に関係なく0円以上で買取保証をしているため、売り損になることはありません。

加えて、レッカー代や廃車手続きの代行手数料が無料です。車検切れでも安心して任せることができ、余計な費用が発生しないのも魅力でしょう。

古い車や車検費用が高い場合は廃車もおすすめ

古くなって状態が悪くなった車を持っていたり、車検費用が高かったりする場合は、廃車するのもおすすめです。コストアップした車は早めに手放し、新しく維持費の少ない車に乗り換えたほうが、結果的にお得になることも多いです。愛車を手放す適切なタイミングを考え、もっともよい時期で廃車や売却を行いましょう。