車検切れの車の処分方法は?注意点や知っておくべき罰則など

あなたの愛車、その値段で満足?どんな車でも0円以上買取保証!

車に継続して乗るには、定期的に車検を更新しなければなりません。一般的な乗用車なら新車登録時の初回検査で3年、以降2年ごとに更新が必要です。

しかし、期限を忘れていたり、車検の更新を面倒に感じたりして、期限切れを起こしてしまうこともあるでしょう。車検が切れた車はどのように扱うのか、処分方法も含めて知っておくことが大切です。

車検切れの車の注意点

車検は安心して安全に公道を走るために、法律で定められている制度です。そのため、車検切れの場合は、扱い方に注意しなければなりません。車検切れの状態で公道を走行すると、法律違反となり処罰の対象です。ひとくちに車検切れといっても車によって状態が違い、罰則も異なるため注意しましょう。

公道走行は道路運送車両法違反

車検切れの状態で公道を走行した場合、道路運送車両法違反となります。罰則の内容は、以下の通りです。

  • 違反点数6点(前歴がない場合)
  • 30日間の免許停止
  • 6カ月以下の懲役または30日以下の罰金

タイヤが公道に一歩でも出た瞬間に、公道を走行したとみなされるため注意しなければなりません。重たい罰則がありますが、処罰の対象となるのはあくまで公道を走行した場合のみです。

廃車費用完全無料!引取・レッカー無料!

そのため、車検切れの車を保有しているだけでは、処罰の対象にはなりません。車検切れになってしまったなら、まずは動かさないようにしましょう。

自動車損害賠償保障法違反もある

車検切れの場合、自賠責保険も一緒に期限切れになっていることが多いです。自賠責保険の有効期限が切れている場合は、自動車損害賠償保障法違反となり、処罰されます。

  • 違反点数6点(前歴がない場合)
  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金

これは自賠責保険が切れている場合のみの罰則です。自賠責保険と一緒に、車検の有効期限が切れている場合は、両方の罰則がかかるため注意しましょう。

自賠責保険は、車検期間を丸ごとカバーできるように加入します。そのため、自賠責保険が切れているなら、車検も確実に切れていることは覚えておきましょう。

自動車税は支払い義務がある

車検切れの車は、公道を走らせないなら罰則はありません。しかし、保有しているだけでも税金はかかり、自動車税の支払い義務は毎年発生します。自動車税は車の使用や車検の有効期限の有無に関係なく、名義を持っているかどうかが課税要件です。

車検切れで廃車にしていない場合は、普通自動車、軽自動車に関わらず、自動車税が発生するため注意しましょう。また、自動車重量税は車検更新時にかかる税金のため、保有だけで発生することはありません。

車検切れの車をどうすべきか

公道を走ると罰則があり、保有にもコストがかかるため、車検切れの車は素早く処分を決めなければなりません。

  • 車検を更新する
  • 廃車する
  • 買取に出す

車検切れの車の主な処分方法は、大きく3つです。車の状態やその時の状況や、これからの使用可否に合わせて、適切な方法を選びましょう。

車検に出す

どんな車でも0円以上買取保証!詳細はコチラ

車検は一度切れても、更新さえするなら継続して乗れます。ただし、車検に出す際も、当然公道を走行するのは違反行為です。そのため、レッカーで業者まで運んでもらうか、仮ナンバーを発行して、一時的に走行可能な状態にしなければなりません。

業者に依頼する場合は、レッカー代がかかります。輸送する距離によって変動しますが、1万円程度が相場と考えましょう。また、仮ナンバーの取得は1,000円程度の費用で済みますが、期限が数日に限られています。

事前に定めた経路以外での走行は認められておらず、車検更新だけに用途が限られることは理解しておきましょう。車検切れになってから更新する場合、1カ月分余分に自賠責保険に加入しなければならないため、通常より少しだけ費用がかかります。

廃車手続きを行う

車検を更新しないなら、廃車して処分するのもひとつの方法です。廃車には車体を解体して処分する永久抹消登録と、名義だけを抹消する一時抹消登録があります。完全に手放したいなら、解体を伴う永久抹消登録を行いましょう。

永久抹消登録の場合、解体費用と業者に運ぶまでのレッカー代が必要で、3〜5万円程度かかることが多いです。一時抹消東麓の場合は、運輸支局で手続きするだけのため、手数料数百円のみで済みます。ただし、業者に手続きを代行してもらう場合は、代行手数料が1万円程度かかるため注意が必要です。

現在は不要でも、将来的に乗る可能性があるなら、一時抹消登録で名義だけ抹消するのもひとつの手でしょう。名義さえ抹消しているなら、毎年の自動車税の課税は免れられます。使用を再開するには、名義の再登録と車検の更新が必要です。

買い取ってもらう

車を処分する際には、買い取りに出すのもおすすめです。買取対応を行う業者は種類が多く、車検切れでも対応してくれるところはあります。車検が残っているほうが買取査定ではプラスに働きますが、車検切れでも大幅にマイナスになるわけではありません。

仮に車検の有効期間が丸々残っていても、それほど大きなプラスにはならないため注意が必要です。買取による処分を希望するなら、車検を更新する必要はありません。車検を更新してから売ってしまうと、更新費用分を回収できず、大幅に損をする可能性が高いため注意しましょう。

廃車買取専門店に相談をしよう

買取に出す場合は、廃車買取専門店を選ぶことが大切です。買取を行う業者は他にもディーラーや中古車買取店がありますが、車検切れの車を処分するなら、廃車買取専門店のほうが条件は優れています。なぜ廃車買取専門店を選ぶべきか、理由とおすすめの業者を知っていきましょう。

自己負担がない

廃車買取専門店を利用する最大のメリットは、自己負担がない点にあります。車を廃車して処分する場合は、複数の費用がかかります。解体費用やレッカー代、廃車手続きの代行手数料が必要で、場合によっては5万円近くかかることもあります。

廃車買取に出す場合は、これらの費用は無料です。業者によってはレッカー代が無料な場合もあり、廃車代行手続きもコストなしで受け取ってくれます。

さらに費用発生分でマイナスが出るどころか、買取金額に応じてプラスが出ます。いくらで売れるかは車の状態次第ですが、0円以上で買取保証をしている業者も多いため、全く値が付かないという心配はないでしょう。

おすすめ業者はカーネクスト

車検切れの車を買取に出すなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストは車検切れの車でも買取に対応しており、レッカー無料で引き取ってくれます。加えて、廃車手続きの代行手数料も不要で、コストを全くかけずに手放せる点が魅力でしょう。

買取額は0円以上が保証されており、全くプラスが出ないという心配もありません。ボロボロの車でも買取保証をしているため、状態が悪くてもまずは査定に出すことが大切でしょう。

参考:カーネクスト

車検切れの車は早めに処分を

車検が切れた際には、車検を更新するか処分するかを考えなければなりません。車は保有しているだけでも税金がかかります。一定期間、動かしていない車は、メンテナンスにも不備が出やすくなってしまいます。維持費などのコストがかかるため、使用する用途がない場合、処分を早めに決めることが大切です。自身に合った適切な方法を見極め、賢く愛車の処分を決めましょう。

廃車費用無料!どんな車でも0円以上買取保証