車検で不要な費用はある?コスト削減の方法や更新がいらない車

あなたの愛車、その値段で満足?どんな車でも0円以上買取保証!

車検を更新するためには、事前の点検・整備が必要で、これを手間に感じる人は少なくありません。しかし、それよりもネックに感じやすいことが、費用の高さです。

車検更新費用は車によって違いますが、高いと10万円以上かかることもあります。車検費用には、実は不要なものが含まれている場合もあるため、やり方を工夫してコスト削減を目指しましょう。

車検費用について

車検にかかる不要なコストを削減するためには、まずは基本的な費用がいくらかかっているかを知らなければなりません。車検時にかかる費用は複数あり、それぞれで金額が異なります。また、個人の状況によっても金額は変動するため、自分の場合はいくらかかるかも考えておきましょう。

一律の金額の法定費用

車検更新時には、税金や保険料の支払いが必要ですが、これは「法定費用」といわれています。法定費用は自動車重量税、自賠責保険料、印紙代(検査手数料)の3つに分けられています。このなかの検査手数料のみ、依頼する業者によって数百円変わりますが、ほかは同じであるため、どこでやっても一律と考えましょう。

自動車重量税は車両重量によって違い、5,000~30,000円程度が多いです。エコカー対象かどうかによっても違いますが、普通自動車なら数万円と考えておきましょう。自賠責保険は強制加入で、車検期間を丸ごとカバーしておかなければなりません。

廃車費用完全無料!引取・レッカー無料!

継続車検なら24カ月での加入となり、普通自動車で25,830円、軽自動車で25,070円です。ただしこの金額は、変動する可能性があることは覚えておきましょう。検査手数料は方法によって違いますが、1,100~1,400円程度が普通です。車によって違うものの、法定費用だけで30,000~60,000円程度はかかるでしょう。

基本料金は業者による

車検は業者に代行してもらうことも多く、この場合は車検基本料がかかります。車検基本料は、検査の代行手数料や点検にかかる費用で、業者によって違いが大きいため注意しなければなりません。

  • ディーラー:40,000~10万円
  • 整備工場:20,000~60,000円
  • ガソリンスタンド:20,000~60,000円
  • カー用品店:20,000~60,000円
  • 車検代行業者:10,000~30,000円

これらはあくまで目安であり、同じ業態でも業者ごとに違いがあることは理解しておきましょう。業態ごとの違いで見るなら、ディーラーが最も高く、これにはサービスの質が関係しています。ディーラーでは充実したサポートが受けられ、整備の質も非常に高いです。

ただし車検を更新するだけではなく、その後も安全に使い続けられる整備を行うため、どうしてもコストアップすると考えましょう。反対に、車検代行業者は非常に安価で済みますが、その分整備は必要最低限に限られます。

費用を削減すると、受けられるサービスも限定されると考えましょう。また車検基本料は、業者に依頼した場合のみ発生する費用です。自身で行うユーザー車検なら、当然費用はかかりません。事前整備のコストはかかりますが、これを除くと法定費用のみでの更新も可能です。

日本の車検が高い理由

世界的に見ても、日本の車検費用は高いといわれていますが、これは税金や保険料の支払いが関係しています。諸外国では、車検時には検査手数料だけでよいという場合も多く、自動車重量税や自賠責保険の支払いは別の機会に行います。

そのため、車検時にまとまった出費がないので、そのときの費用は安くなっているに過ぎません。つまり、その他のシーンで分割してコストを払っている状態のため、結局のコスト自体は日本とそれほど変わらないでしょう。

もちろん、国によって税金や保険に関する設定の違いはあるため、一概に同じとはいえません。もともとの設定による違いを除くなら、日本が特別高いということもないでしょう。

車検で不要な費用を支払わないコツ

どんな車でも0円以上買取保証!詳細はコチラ

車検時には、費用負担が最大の悩みの種になりやすく、高額請求が来て困る人も少なくありません。しかし、車検の費用は不要なものも含まれていることが多いため、これを削減すると負担は減らせます。不要な費用を支払わないためのコツを知り、余計なコストをかけずに必要最低限の出費に抑えましょう。

複数の業者で見積もりを取る

ディーラーや整備工場、ガソリンスタンド、車検代行業者のように、車検を依頼できる業者は複数あります。それぞれで費用は異なるため、複数社で見積もりを取り、コストを比較することが大切です。仮に、整備工場だけに絞った場合でも、どの工場を利用するかで費用は異なります。

変動費用である車検基本料が、コスト削減の最重要ポイントのため、ここをいかに減らすかが重要です。複数社で見積もりを取って、最も安い業者を選ぶことはもちろん、他社見積もりを提示し、競合を促すこともおすすめです。業者によっては他社の見積額を見て、値下げを検討してくれることもあるでしょう。

最低3社は見積もりを取ると、相場費用が把握できて比較もしやすいです。3社以上を目安に見積もりを取って、一番好条件を提示した業者で車検を受けましょう。

不要な整備な外してもらう

車検を更新するためには、保安基準を満たすための整備が必要です。しかし、業者が提示する整備の全てが必要とは限らないため、不要な整備があればキャンセルしましょう。保安基準は、あくまで最低限の品質保証であり、絶対に安全とは限りません。

保安基準をぎりぎり満たすだけでは、日常的な使用に不安が残ることも多いため、実際的な問題を考えて、保安基準以上の整備を行う業者は多いです。しかし、これが多くなるとその分コストは増すため、金銭的な負担を考えるなら、最低限の整備だけに限定することをおすすめします

見積もりを取った際には、何にいくらかかるかだけでなく、どの部分を整備するかもチェックしましょう。分からない場合は、実際に車検に関係するのはどこかを業者に聞いて、関係しないものは整備から外してもらうとコストが削減できます。

車検が不要な車

車検制度は、ほぼ全ての車に関係しますが、ごく一部は特例的に車検が不要です。数年おきの継続検査も、当然不要のため、手間や費用がかからない点は魅力でしょう。車検が不要な車は特殊なものであり、日常的に使っている人はほとんどいません。あくまで知識として、頭に入れておく程度でよいでしょう。

一人乗りのミニカー

車の中でも50ccの一人乗り用ミニカーなら、車検は不要です。これは、原付とほぼ同等のものと扱われるためで、車検なしで使い続けられます。ただし、自動車税や自賠責保険料の支払いは必要で、コストが全くかからないわけではありません。

自動車重量税と車庫証明が不要なため、各種コストは少ないのですが、少なからず金銭的な負担があることは理解しておきましょう。

3輪のトゥクトゥク

アジアの国でよく見られる3輪の「トゥクトゥク」も、車検は不要です。トゥクトゥクはエンジンが200ccあり、ミッションで操作しますが、車とは扱いが異なるため、車検を取得する必要はありません。

また、3輪車のためヘルメットは不要で、普通自動車免許で運転が可能です。原付と同様に車庫証明が不要で、最大3人まで乗車が可能な点も特徴でしょう。

車検を通すか買い替えるか迷っている場合

車や方法によって金額は違うものの、車検時には高い費用がかかることも少なくありません。そのため、本当に車検を通すべきか、それとも買い替えるべきかで悩む人も多いでしょう。車検更新と買い替えで悩むなら、それぞれのコストを比較することが大切です。

買い替えるなら車検前がよい

車検時期に車を買い替えるなら、更新前に済ませましょう。車検更新後でも買い替えは可能ですが、コストが高くついて損をすることも多いです。売却時には、車検残存期間も見られて、長く残っているほどプラス査定になります。

しかし、車検更新の費用をまかなえるほどのプラスにはならず、差額で大損をすることも少なくありません。車検更新前に手放すなら、更新費用を丸ごと削減できます。加えて、査定額に応じた利益も出るため、削減できた費用や利益を合計すると、金銭的なメリットは非常に大きいでしょう。したがって、買い替えは車検更新前に行い、車検を通したなら次の満了日近くまで待つことがおすすめです。

買い替える場合は廃車買取業者への依頼がおすすめ

買い替え時には、手持ちの車をいかにお得に手放すかが重要です。車検更新に費用のかかる状態の悪い車なら、廃車買取業者のカーネクストがおすすめです。カーネクストなら、古い車や過走行車、不動車まで買い取ってくれます。

状態に関係なく0円以上で買取保証をしており、ほかの業者で値段が付かない車でも資金化できます。加えて、レッカー引き取りや廃車手続きの代行手数料も無料で、処分時のコストは0円です。不要な出費をせずに処分できるため、少しでもお得に買い替えたい人におすすめでしょう。

参考:カーネクスト

車検での不要な費用は抑えよう

車検時のコストは、大きく法定費用と車検基本料に分けられます。このうち、車検基本料は削減が可能で、見積もりで不要なオプションが付けられていることも少なくありません。不要なものを見抜き、本当に必要な整備だけをしてもらい、車検費用を上手に削減しましょう。

廃車費用無料!どんな車でも0円以上買取保証