車検で人気のあるところは?料金以外も参考に業者を選ぼう

初回検査の3年目以降、2年ごとに継続車検を受けなければなりません。車検を受ける際には業者を利用する人が多いと思いわれますが、この選択肢は豊富にあります。

数ある業者の中でも、どこが特に人気なのか気になる人は多いでしょう。この記事では、人気の業者やその理由を解説しますので、自分に合った方法で車検を受けましょう。

車検を出す場所で人気のある業者は

車検を受けられる業者として、ディーラー、ガソリンスタンド、車検専門のフランチャイズ店、カー用品店などの選択肢があります。それぞれ人気の業者ではありますが、特徴が異なるため注意が必要です。特徴の違いから、自分の場合はどの業者を利用すべきか考えてみましょう。

安心感のあるディーラー

新車の販売をメインに行うディーラーは、自社メーカーに限られることが多いのですが、車検にも対応しています。ディーラー車検の魅力は安心感の高さにあり、整備の品質から車検前後のサポートまで、充実していることが特徴です。

自社メーカーのことを熟知した整備士によって、車検の保安基準以上に品質を高められます。また、万が一車検後に不具合があった場合も、アフターサービスで修理や部品の交換を、無料で対応してくれる場合も多いでしょう。

また、ディーラーごとに違いはありますが、料金パックも複数用意していることが多く、自身の都合に合わせて車検内容を決めやすい点も魅力です。ただし、サービスが充実していて安心感が高い分、どうしても費用が高くなりやすいことは覚えておきましょう。

全業者の中でも、ディーラー車検が最も高額になり、1回の車検で10万円を超えることも少なくありません。よって、コストを削減したい人には不向きで、お金をかけてでも安心感のある整備をしてもらいたい人に、おすすめの業者といえます。

近場にあるガソリンスタンド

店舗によって対応の有無は異なりますが、一部店舗ではガソリンスタンドでも車検を請け負っています。近所にガソリンスタンドがあるなら、まずは車検に対応しているかチェックしておきましょう。ガソリンスタンドは24時間営業であることが多く、その場合は車検の受付も24時間やっています。

自身の都合に合わせてスケジュールが組みやすく、ほかの業者と比べても自由度が高いでしょう。料金は比較的安く、利用によってガソリン代の割引券がもらえることもあります。したがって、近所でよく使うところなら、今後の利用もお得になるためおすすめでしょう。

ただし、ガソリンスタンドは当然、車検がメインの仕事ではないため、整備の品質やサービス面では、過剰な期待は禁物です。特に整備の品質は、どの整備士に当たるかによって、品質が大きく左右されます。近所で手軽に車検を受けたい人にはおすすめですが、品質の高さや確実性を求める人には不向きな業者でしょう。

車検専門のフランチャイズ店

車検サービスを専門的に扱う業者の中でも、フランチャイズ店は、店舗ごとによるサービスの違いがほとんどないためおすすめです。車検専門店は、必要最低限の整備に絞ることで、安く速く車検を更新できることが特徴です。

手軽に済ませたい人やコストをかけたくない人におすすめで、業者によっては1日車検を実施していることもあります。1日車検の場合、朝一番に入庫して、当日の昼から夕方くらいに引き取りが可能です。時間がない人におすすめで、車検を簡単に終わらせたい人におすすめでしょう。

また、基本的には必要最低限の整備となる車検専門店ですが、依頼することで細部まで点検・整備してもらうことも可能です。見てもらう項目は自身で設定できるため、簡単に終えるだけでなく、念入りにやってもらえる点も、うれしいポイントでしょう。手軽さ、金額ともにバランスが取れており、万人が利用しやすい業者といえます。

なじみのカー用品店

カー用品店も店舗による違いはありますが、車検に対応しているところは増えています。カー用品店だと、部品交換が必要な場合、その場で購入したものを使って整備してもらえます。使用したい部品や交換したい消耗品の種類、メーカーが決まっている人なら、作業が進めやすくおすすめでしょう。

整備内容に細部までこだわりたい人は、使用する部品の指定がしやすいため便利です。ただし、ガソリンスタンドと同様に、整備の品質は人による差が非常に大きく、サービスの品質は安定しません。費用は特別安いわけではなく、カー用品店の割引クーポンやアイテムなどを、プレゼントとして充当されるケースも多いです。

普段から、頻繁に利用する店舗があるならよいのですが、それ以外の場合は無理に利用するメリットはないでしょう。なじみの店舗がある場合に限定して選択肢に入れたほうが、利用すべきか判断もしやすいです。

車検業者の選び方

車検業者は複数あるものの、それぞれで特徴が違います。よい点も悪い点もあるため、一概にどれがおすすめとは決まっていません。そのため、自分に合ったところを選ぶためには何を考えるべきか、選び方のポイントを知ることが大切です。車検業者は、次の3つのポイントを重視して選びましょう。

料金が明確

車検時にかかる費用は、大きく法定費用、車検基本料、事前・予備整備費用の3つに分けられます。このうち車検基本料と事前・予備整備費用は変動するため、これらの料金が明確に提示されているかチェックしましょう。業者によっては複雑な料金体系を取り、お得に見せかけて、実は高額な請求をするケースもあります。

料金設定が複雑だと、本当にお得なのか分かりづらいため、シンプルな設定になっている業者を選びましょう。また料金について、細部まで説明してくれることも大切です。見積もりを取ったあとは、何にいくらかかっているか内訳を聞き、それを詳細に説明してくれるかで判断してもよいでしょう。

資格を保有する整備士がいること

車検は単純に、車検証の期限を更新するだけではなく、車の安全品質を高めることも大切です。よって、安心感のある業者に任せる必要があるため、資格を持った整備士が在籍しているかも確認しましょう。

資格を持っている人がいない、あるいは少ない場合は、品質に不安が残る場合もあるので注意が必要です。業者を利用する際にも資格の有無を確認し、可能なら整備士を指定するとよいでしょう。

車検にかかる日数

車検を通すためには、業者に出して見積もりをしてもらい、整備、検査という3つの流れを踏みます。そのため、必ず複数日必要ですが、厳密に何日かかるのかを事前に確認しておきましょう。1日車検の場合は当日ですが、基本的な車検の場合は、入庫から3~4日、長ければ1週間程度かかります。

日数は業者によるばらつきが大きいので、より便利に車検を受けるためには、短期間で仕上げてくれるものがおすすめです。大体2~3日以内に納車されることを目安に選ぶと、車検がスムーズに終えられるでしょう。入庫から納車まで、あまりにも時間がかかりすぎるとその間は不便ですし、場合によっては代車を借りなければなりません。

業者によっては代車も有料なため、金銭的、時間的コストを削減するためにも、短い日数で終えられる業者を選びましょう。

車検の見積もりの前にもうひと手間を

業者に車検を依頼する際には、まずは見積もりを出してもらいますが、その前にひと手間かけることが大切です。このひと手間があることによって、よりスムーズかつお得に車検を受けられ、メリットも拡大するでしょう。よりよい選択をするためにも、ほんの少しだけ手間をかけて、車検に臨むことが大切です。

車の価値を調べる

車検の見積もりを依頼する前に、まずは車自体の価値を調べてみましょう。車は、走行距離や経年劣化によって少しずつ価値が下がります。しかし、価値が下がっても車検の費用が下がるわけではなく、むしろコストアップすることが多いでしょう。

つまり、価値が下がった車に乗り続けることはデメリットになるため、価値を把握して、ある程度下がったところで手放すことがおすすめです。車検の見積もりを依頼する前に、買取業者に査定を依頼して、市場相場がいくらなのかチェックしましょう。買取査定と車検更新の費用見積もりを比較し、どちらを選んだほうがお得か考えることが大切です。

高く売ることを考えるなら廃車買取業者に依頼する

車検更新をせずに手放すと決めたなら、少しでも高く売ることを考えましょう。買取でおすすめなのは廃車買取業者で、特にボロボロの車や古くなった車でも、高値で買い取ってもらいやすいです。

廃車買取業者は、車を部品単位でリサイクルし、活用する術を持っているため、どのような状態のものでも確実に値段を付けてくれます。加えて、海外への販路を持っていることも多く、輸出して売却も可能です。状態の悪い車でも活用するノウハウを持っているため、売却メリットを高めたい人におすすめの業者でしょう。

おすすめ業者はカーネクスト

廃車買取業者なら、どのような状態の車でも0円以上で買取保証をしている「カーネクスト」がおすすめです。こちらは独自の販売ルートを持っていて、どれだけ状態が悪くても、活用するノウハウを持っているため、実現可能なのです。

また、引き取りのサービスも充実していて、レッカー移動から廃車手続きの代行まで、全て無料で利用できます。手放す際のコストがかからず、かつ確実に資金化できるため、お得に手放したい人に人気の業者でしょう。

参考:カーネクスト

車検か売却かもう一度検討しよう

車検を受ける際には、どの業者に任せるべきかをじっくり検討することが大切です。また、そもそも車検を受けるかどうかも考える必要があり、手放すなら売却先の業者の選定も重要です。どちらを選ぶ場合でも、人気の業者を参考にして、自分に合った方法で愛車の扱いを決めましょう。