車検が切れた車はレッカーを利用|そのほかの移動方法を徹底解説

「車検が切れている車を移動させたいけど、どうやって移動させたらいいの?」「車検が切れているけど、また車検を受けて乗りたい」など、車検が切れた車はどのように移動させるか悩むところでしょう。少しの距離だからといって、車検が切れた車を公道で運転すると違反になります。

これを解決する方法はいくつかあります。しかし、手間も時間もかからないのが、レッカーを利用することです。今回は、レッカー以外の移動方法も紹介しますので、参考にしてみてください。

車検でレッカーを使うとき

車が故障したり、車検が切れたりしている場合、公道は走れませんが、そんなときに利用するのがレッカーです。

車が故障して自走できないとき

タイヤがパンクしていたり、ブレーキやエンジンなどに異常があったりして自走できないときは、レッカーを使い、修理工場や整備工場に移動させます。ただし、自走できない車は車検も通らないため、車検前の修理のために使います。

レッカーは、自動車保険のロードサービスを利用すると、保険会社にもよりますが、無料でレッカーを利用できることもあります。車のトラブルということでJAFに頼むと、会員の場合は15kmは無料で運んでもらえますが、それ以上だと1kmごとにお金がかかってきます。

そのため、修理工場などが近くにないような場所だと、自動車保険のロードサービスを利用したほうが、レッカー代が無料になり、レッカー以外のサービスも受けられるかもしれません。

車検が切れている場合

車を長時間乗らないで放置していると、車検が切れていることがあります。車検が切れていると、公道を走行できないため、整備工場に自分で運転して持ち込めません。車検が切れている車を運転すると、罰則点数が6点となり、免許停止が30日間、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金になります。

車検切れの車を整備工場まで運ぶためには、レッカーを使うことになります。車検業者に依頼をして運んでもらうか、自分でレッカー業者に依頼するかのどちらかになります。ただし、その際にはレッカー代が発生します。

車検切れの車を移動させる方法

車検切れの車は運転して動かせませんが、運転以外に移動させる方法がいくつかあります。それぞれについて、くわしく見ていきましょう。

仮ナンバーを取得する

役所に申請して許可が下りれば、仮ナンバーが取得できます。仮ナンバーがあれば、車検切れの車でも最長5日間、公道を走ることが可能になります。仮ナンバーを取得するためには、自賠責保険の加入が必要になります。自賠責保険が切れている場合は、まずは自賠責保険に加入しましょう。

仮ナンバー取得のために必要なものは、運転免許証、認印、自賠責保険証の原本、車検証、手数料750円程度です。これらを持って役所へ行き、「自動車臨時運行許可申請書」を記入して、仮ナンバーが貸与されます。申請書には、目的地までの経路を記載する必要があります。仮ナンバーは、車検など特定の目的のためのものなので、目的が達成したらすぐに返却しなくてはなりません。

仮ナンバーを取得したら、取り付けは元のナンバーを外して、仮ナンバーをネジ止めします。仮ナンバーは使用後、必ず返却しましょう。

整備業者にレッカーを依頼する

整備業者にレッカーを頼めば、自分で仮ナンバーを取得する必要がないため、役所になかなか行く時間がないという人にはおすすめです。ただし、レッカー費用は余計にかかってしまいます。

また、JAFに加入している人は、JAFがレッカーを手配してくれると思うかもしれませんが、JAFは車検が切れた車のレッカーは引き受けないため、覚えておきましょう。

レッカー料金が発生する

レッカー移動の料金は、基本料金で10,000~15,000円くらいで、移動距離1kmごとに700~800円の費用が発生します。また、時間帯によって料金が変わってきます。そのため、はっきりとした金額が不明なので、利用の際は必ず金額を確認しましょう。

積載車をレンタルして運ぶ

車を運搬するためのトラックを「積載車」と呼び、レンタカーで借りられますが、故障車など公道を走れない車の運搬に利用します。積載車を利用すれば、仮ナンバーも不要なので便利です。

ただし、積載車の運転には、準中型免許が必要ですが、準中型免許は、車両総重量7.5t未満、最大積載量4.5t未満の車を運転できます。ただし、2017年3月11日までに取得した普通自動車免許でも、運転が可能です。貸し出されている積載車の大きさによっては、運転できないこともあるので、事前にレンタル店へ確認を取りましょう。

車検費用が高い場合は?

車検には、高額な費用がかかり、年式が古くなるにつれて費用は高くなります。しかし、車検前に買い替えすれば、車検代は買い替える車の費用にあてられます。

車検の前に買い替えをしよう

車の年式が古くなるにつれて部品の交換が多くなり、車検費用は高額になってしまいます。軽自動で70,000円ほど、普通自動車で10万円以上かかります。車の年式が古い場合は、車検の費用を車の買い替えに充てるという気持ちで、車検前の買い替えがおすすめです。

さらに、車検代は現金で支払うことが多いため、金額が大きいので多額の出費をすることにも。しかし、買い替えなら車をローンで購入でき、現金で支払うことはないので、手元に少しでも多く現金を残しておけます。

買い替えの車が新車であれば、車検が3年付いています。また、中古の場合でも、購入時に車検費用はローンを組めます。

買い替える場合はカーネクストがおすすめ

車の買い替えをする場合、まずは今ある車を買取ってもらいます。買取価格がいくらになるか、査定をしてもらいましょう。査定を依頼するときには、1社だけだと安く査定される可能性があります。したがって、一括査定を利用して複数の業者に依頼し、自分の車の買取価格の相場を理解することが大切です。

相場がわかれば、買取業者を選びましょう。買取業者の選び方は買取価格も大切ですが、サービス内容や担当者の説明が適切で、対応が丁寧であることも重要です。

カーネクストは、どのような車でも0円以上で買取をしてくれます。他店で廃車料金がかかるような車でも、廃車費用はかかりません。日本で使わなくなった古い車や乗れなくなった車は、世界中で必要とされていますが、カーネクストは国内海外で販売する販路を保有しています。

また、動かせない車も全国対応なので、電話1本ですぐに駆けつけてくれて、無料でレッカー移動してくれます。さらにカーネクストは、書類代行や査定も無料なので、追加料金は一切かかりません。年中無休で専門スタッフが対応しており、車の買取の事前相談や質問などできるので安心といえます。

参考:カーネクスト

車検切れの車は上手にレッカー移動しよう

車検切れの車を公道で運転すると、違反になります。車検切れの車を目的地まで運送するためには、仮ナンバーを取得する、積載車を利用する、買取業者に依頼する、レッカー業者を利用する方法があります。

仮ナンバーを取得するためは、自賠責保険に加入する必要があり、取得するのに手間や費用などかかってきます。積載車の運転には準中型免許が必要で、持っていなければ運転はできません。

車を買い替えたり廃車にしたりするのであれば、買取業者を利用して、レッカー移動してもらうのがおすすめです。しかし買い替えを考えていない場合、レッカー業者に依頼して車を移動させることが、一番手間も時間もかかりません。まずは、車検切れの車をどうするのかを考えて、目的に合ったレッカー移動を上手に行いましょう。