車検前後で売るならどちらがおすすめ?売却の適切な時期をご紹介

車に乗り続けるためには、数年置きに車検を更新しなければなりません。初回検査以降は、2年に一度更新が必要で、この費用に悩む人は多いでしょう。

車検更新時期が近づいているからといって、必ずしも更新しなければならないわけではありません。ここで売却するのもひとつの方法のため、いつが売るのに適しているのかを知っておきましょう。

車が高く売れるタイミング

まず知っておきたいのが、いつなら車が高く売れるのかです。中古車売買の価格は車の状態だけでなく、市場の需要によっても変わります。つまり、同じ車でも売り出すタイミング次第で、金額が変動する場合があります。適切なタイミングを見極め、少しでもお得に売却しましょう。

3月の需要を考えた1月から2月

車の需要が高まりやすいのは、新生活を目前にした時期です。新生活の準備期間の3月に車を求める人は多く、その1~2カ月前は特に需要が高まりやすいでしょう。注意が必要なことは、需要が高くなる時期と売却に適した時期は、必ずしもイコールとはならない点です。

売るのに適したタイミングは、需要が高まる少し前です。そのため、1~2月のうちには売り出しておかなければ、高需要のタイミングを逃して、売り損が出てしまうこともあるでしょう。

車買取専門店の決算期

決算期は、業者によって違う場合がありますが、車の買取専門店なら基本は3月と9月です。業者は、決算期に少しでも利益を乗せるために、間近になると販売・買取ともに強化する傾向にあります。そのため、決算期の1~2カ前も売り時であり、ここを狙うこともおすすめです。

特に1~2月は、新生活の需要と業者の決算期が重なるため、年間で最も高値で売りやすい時期といえるでしょう。ただし、決算期に買取を強化するかどうかは、業者によって異なるため注意が必要です。

売上目標を達成している場合は、買取を強化する傾向にありますが、すでに目標を達成していると、それほど力を入れてくれない可能性も。決算期は業者による変動が大きいため、あくまで目安のひとつに考えるとよいでしょう。

車検の残月が長い場合

すでに車検を更新しており、有効期限の残りが多い場合は、プラス査定になりやすいです。車検は、持ち主ではなく車に関係するものであり、所有者が変更になっても有効期限は変わりません。そのため、車検期限付きで売却した車は、そのまま転売が可能なため、業者にとっても新たな購入者にとっても利益になります。

ただし、車検が残っているからといって、全ての車で大幅にプラスになるとは限りません。基本的には、メンテナンスに手間がかかりやすい、あるいは車検費用が高くなりやすい車の場合に、プラス評価になるでしょう。大型の車や、高級車はプラスになりやすいですが、それ以外だと大幅プラス査定は期待しづらいです。

新車登録から5年以内の場合

中古車の価格は、市場の需要だけではなく、車の状態によっても変動します。年式や走行距離ともにチェックされますが、重要視されやすいのは年式です。高額売却を期待するなら、年式は5年以内に手放すことが大切で、できるだけ新しいうちに売却しましょう。

5年を超えると売れないわけではありませんが、古くなるほど金額は下がります。特に7年、9年、11年での差は大きく、数年刻みで売却に不利になることは覚えておきましょう。

もちろん、新しいだけでなく走行距離も短いなら、それに越したことはありません。基本的には、1年で1万kmが目安のため、5年落ちなら5万km以内で高額売却が可能と考えましょう。

車検後だから高く売れるわけではない

車検の有効期間が残っていると、少なからずプラス査定が受けられます。しかし、プラス査定になるからといって、必ずしも高く売れるわけではないため注意が必要です。仮にプラスになったとしても、実質で損をする場合があることは覚えておきましょう。

車検にかかる費用が高いため

車検後に売却して損をしやすいのは、車検費用が高くつきやすいためです。車検にかかる費用は、その時々で違いますが、法定費用だけでも30,000~50,000円程度かかります。さらに、業者の代行費用や事前・予備整備の費用もプラスすると、10万円以上かかることも少なくありません。

車検を通してすぐなら、有効期間が丸々2年間残っているため、査定時にはプラスにはなりますが、それでも10万円以上アップにはならないでしょう。車検の残存期間によるプラス査定だけでは、費用の分を回収できないことがほとんどで、車検に出した直後に売ると損をしてしまいます。

おトクになるのは車検前の売却

売却のタイミングに適しているのは、車検を通す前です。これは、車検を通した直後では損をすることに加えて、更新前ならその費用も不要になるためです。仮に、車検更新の費用が10万円かかるなら、車検前に売ることでこの10万円分の支出をなくせます。

加えて、売却による利益もあり、少なくとも車検費用以上のプラスが出るでしょう。もし売却金額が0だったとしても、車検更新費用がかからない分、金銭的な負担は減らせます。

また、新たに車を購入する場合でも、安い車を選べば車検費用よりコストが減る場合もあるでしょう。売却するなら車検の前にして、車検を通すなら次の車検更新までは、売却を待つことがおすすめです。

乗り換えの資金調達は下取りより買取査定を選ぼう

古い車から新しい車に乗り換えるなら、いかにして資金調達するかが重要です。このときにおすすめなのが、買取査定に出すことです。なぜ下取りではなく買取のほうがよいのか、おすすめの業者も含めて、理由を知っていきましょう。

高額査定になりやすい

下取りと買取では、買取のほうが高額査定になりやすいです。これは、業者の専門分野の違いが関係しています。下取りを行うのは、ディーラーや中古車販売店であり、これらの業者は「販売」をメインに活動しています。

そのため、買取のノウハウはそれほどなく、場合によっては値段を付けてもらえないこともあるため、注意が必要です。値段を付けてもらえないどころか、処分にかかる費用や人件費を請求され、マイナスが出る場合もあるでしょう。

買取査定を行う業者は、「買取」を中心とした活動をしています。買い取った車を、修理して転売することはもちろん、解体して部品を取ったり、リサイクルしたりして利益を出しています。つまり、どれだけボロボロの車でも、資源的価値を見出してもらえるため、買取金額が0円になることはまずありません。

加えて、買取に特化した業者なら、車の引き取りに関する各種サービスが充実していることも多いです。金額、時間的コスト両面から見ても、買取査定に出したほうが、好条件で手放しやすいでしょう。

買取ってもらうならカーネクストがおすすめ

ひとくちに買取業者といっても数多くありますが、その中でも特におすすめなのは「カーネクスト」です。カーネクストは、古い車や過走行車だけでなく、不動車や故障車の買取にも対応していることが魅力です。どのような状態でも、0円以上で買取保証をしているため、ほかの業者で値が付かなかった場合でも安心でしょう。

また、引き取りのサービスも充実しており、各種手続きが無料で代行してもらえる点も魅力です。査定だけではなく、レッカーの引き取りも無料で、これだけで10,000円程度のコストは削減できます。また、廃車手続きが必要な場合、これも無料で代行してもらえます。

廃車手続きの代行も、10,000~20,000円程度かかることが多いため、引き取りサービスだけでも数万円分のメリットがあるでしょう。さらに、海外に販路を持っているため、状態のよい車なら高額で売却でき、査定額も期待できます。好条件での引き取りかつ、買取が望めるため、お得に売却したい人におすすめの業者です。

参考:カーネクスト

車検後より車検前の今を逃さないように

車検は車を売るタイミングのひとつです。売却するなら車検更新前がベストで、更新したらしばらくは乗り続けなければ損をします。

車検更新時期が近づいているなら、まずは車検費用と買取査定の両方とも、見積もりを取ることがおすすめです。双方の金額を比較して、よりお得になる選択をしましょう。