車検の請求書と支払い時期はいつ?支払い方法にも注意しよう

車検費用は、その車の年式や走行距離などによって金額が異なります。また、車検業者ごとに、整備などに係る費用も変わります。そのため、車検の際にはまず見積もりを依頼して、どれくらいの金額になるのか確認しましょう。

そして、どのような整備や部品交換が必要なのかを、事前に確認することも大切です。ここでは、車検費用がどのような内訳になっているのか、また支払い方法にはどのようなものがあるのか解説します。

車検の請求書について

車検費用の支払いは、車検を依頼する業者によって、支払い方法や支払い時期が異なります。そのため、車検業者を選ぶときは、事前に支払い方法を確認しておきましょう。

発行されるのは車検終了後

車検を依頼するときには、見積もりを取ることで、どれくらい費用がかかるかが確認できます。車検の費用を、見積もり段階で確認することはとても大切です。なぜなら、車検費用がどれくらいになるかを知ることもできますし、部品交換が必要な場合には、その費用も教えてもらえるためです。

車検業者の中には、必要のない部品交換を行ったり、高い部品を使っての交換を行ったりする場合があります。そのため、見積もりが出た時点できちんと内容を確認し、必要であるかどうかを尋ねるようにしましょう。

一般的に、請求書の発行は車検終了時に行い、引き取り時に支払う業者が多いようです。また、法定費用のみ車検受付時に払う業者もあります。そのため、事前に支払い時期を確認しておかないと、急な支払いや請求書の金額を見て驚くことにもなりかねません。

作業内容や各単価に総額が記載

請求書を確認すると、車検にかかる費用が細かく分けられて記載されています。車検の費用には、法律で決められた自動車重量税や自賠責保険料、車検証の発行等の印紙代があります。

さらに、24カ月点検など整備や修理、車検の代行費用などもかかります。また、部品が交換された場合には、部品ごとの単価も記載されています。この請求書は保管しておいて、今後車検を受ける際に、業者選びの参考にするとよいでしょう。

請求書の金額で驚かないために

車検の請求書を見て、考えていたよりも高額でびっくりする人は多いのではないでしょうか。すぐに支払える金額ならよいのですが、高額になると事前にお金を準備する必要があります。車検を依頼するときには、事前に見積もりを依頼して、どれくらいになるのかを把握しておきましょう。

車検の内訳を知っておく

車検というと高額なイメージがあり、車検の時期がくるたびにうんざりしている人も多いでしょう。そして、この車検費用を少しでも抑えようと考える人も少なくないはず。

車検費用を節約するためには、まずは車検費用がどのような内訳になっているかを知る必要があります。車検費用は、法律で定められた税金や保険料等の法定費用と、整備費用に分かれています。

法定費用は、どの車検業者を選んでも同じ金額になるため節約はできません。しかし、整備費用に関しては、金額が業者ごとに異なるため、金額はもちろん、自分の車に合った車検業者かどうかで決める必要があります。

また、整備費用は愛車のコンディションによっても、金額が変わります。年式の古い車だと、部品交換や修理が増えて高額になる傾向があります。しかし、新規登録後初めての車検なら、部品交換も故障個所も少ない可能性が高いので、それほど費用はかからないでしょう。

支払い方法の確認をする

車検費用の支払いは、車検申し込み時に法定費用を前払いし、終了後に残金を支払うか、すべてを後払いするなど車検業者によって異なります。そのため、見積もりが出たときに、支払い期限を確認するとよいでしょう。

また、クレジットカードの利用ができるかどうかも、店舗ごとに異なります。ただし、クレジットカード払いができても、法定費用の支払いは現金での対応のみという業者もあります。そのため、事前に支払い方法を確認しておかなければ、支払いのときに現金を用意できないということも起こりえます。

大手のディーラーや車検業者なら、クレジットカード払いや後払いに対応しているところもあります。しかし、小さな整備工場の場合には、現金のみの場合も。また、長く付き合いのある車検業者だと、後払いに対応してもらえることもあります。これは、業者と顧客の間に信頼関係があってこそのものです。もし、常に利用しているディーラーや整備工場なのであれば相談してみるとよいでしょう。

車検費用は高額な場合が多く、すぐに現金を用意することはとても大変です。事前に支払い方法や期日などをしっかりと確認して、自分が支払える方法を備えている車検業者を選びましょう。

どこまでのメンテナンスが必要か確認をする

車検では、それぞれの点検項目ごとに基準が決められていて、その基準をクリアすれば車検は通ります。車検に通ると、晴れて公道を走れます。しかし、車検に通ったからといって、その後も車が安全に次の車検まで走れるわけではありません。

車検では、過剰整備を行う業者もあれば、必要最低限の整備しか行わない業者もあります。そのため、必要以上の整備を避けるためには、車検を通す前にメンテナンスを行うことで防げます。また、車検の見積もりが提示されたときに内容を確認して、車検に必要なものかどうかを確認することも大切です。そして、必要のない整備や部品交換を省くことで、車検費用を抑えられます。

車検は車の健康診断のようなもので、費用も気になりますが、安全性や環境性能をチェックして、適切な点検整備を行うことが大切です。そして、車を安全に運転するためには、自身でも日頃からメンテナンスをすることも重要でしょう。まめにメンテナンスを行うことで、次の車検の費用を抑えることにもつながります。

車検費用が高いと感じたら買い替えを検討

車検費用を負担に感じるのなら、車の買い替えもひとつの方法です。買い替えをすると、多くのメリットがあります。車検を通すか買い替えかで迷っているなら、一度買取査定をしてみるとよいでしょう。

車が古い場合は買い替えがおすすめ

車検費用は、車が古くなって部品交換が増えたり、修理箇所が増えたりすると高額になります。そのうえ、古い車は車検を通したとしても、すぐに不具合が出てくることも。そのため、長期間のランニングコストを考えると、車を買い替えたほうがよい場合があります。

車は古くなってくると、どうしても不具合が出始めますが、そのたびに整備や修理を行うと費用がかさみます。また、13年を超えると税金の支払いも増えることに。車は日々進化していて、燃費性能も安全性能も進歩し続けています。新しい車に乗り替えると燃費もよくなり、安全も確保できて、たびたび修理する必要もなくなります。

このように安全性やコストを考えると、古い車に乗っているなら、車検を期に買い替えることをおすすめします。

ディーラー下取りよりも廃車買取専業者に依頼する

車の買い替えをするときには少しでも高く売って、新しい車の資金にしたいと考えることでしょう。車を購入する予定のディーラーで下取りをすれば、購入や下取りの手続きが1カ所でできて、時間の節約にもなりますし、楽に手続きがすすめられます。

そして、車を下取りにだすことで購入する車の価格交渉が行えます。しかし、多くの場合において、下取り価格は買取業者の買取価格に比べて低くなります。そのため、高く売りたい場合には、買取業者に買取を依頼するほうがよいでしょう。

また、買取業者を利用する場合には、一括査定を利用すると査定額を業者同士が競うので、より高値での売却が期待できます。そして、買取業者の中でも廃車買取業者なら、普通では買取価格がつかないような不動車や事故車などでも、買取をしてもらえます。

おすすめの廃車買取業者はカーネクスト

廃車買取業者は、普通の買取業者では買取価格が付かないうえに、廃車費用を請求されるような車でも買取を行っています。カーネクストなら、事故で動かない車や過走行車なども0円以上の買取価格を保証し、引き取りの際のレッカー代は無料です。

カーネクストは、世界中に独自の販路を持っていて、幅広い車種の買取をしています。そして、再販できないような車は、スクラップとして輸出したり、パーツをリサイクルして販売したりしているため、廃車同然の車でも買い取ってもらえます。

また、独自の幅広い販売ルートを利用して販売するため、車種によってはほかの買取業者よりも、20万円も高く買い取る場合も。このように、カーネクストならほかの買取業者に比べて、高値で買取してもらえる可能性があります。もし、車検と車の買い替えを迷っているのなら、カーネクストの買取査定がおすすめです。

参考:カーネクスト

車検よりも売却にするのもひとつの方法

車を維持するためには、車検費用や保険料、日々のガソリン代、駐車場代など多くの費用がかかります。これは、車を維持する限りは続く費用です。そのため、少しでも車に関する費用を抑えるためには、車検を機に本当に車が必要かどうかを考えることが大切です。

もし車をなくせば、それまで車にかかっていた費用を外食代や教育費、貯金などに充てられます。車は古くなるほど維持費が高くなる傾向にあります。そのため、車検の時期には車検を通すのかを考えるとともに、本当に車が必要かを考えて売却も検討することで、日々の生活にゆとりを持てるでしょう。