格安車検の注意点|費用を安く抑えるテクニックについて解説

自家用車を保有している方にとって車検費用は必須のコストですが、車検費用を少しでも節約したいと思っている方は多いと思います。

最近では車検の基本メニューも多様化しており、より低いコストで安全に愛車をメンテナンスし、部品の交換を行える車検パックも充実しつつあります。

「車検の費用を少しでもおさえたい」とお考えの方のために、大切な車を最小限のコストで安全にメンテナンスできる車検メニュー選びのコツについて解説していきましょう。

車検にかかる費用の相場

車検に必要となるトータルコストは、法定費用、点検整備費用、サービス付帯費用という3つの内訳に分類されます。

このうち、法定費用以外はそれぞれの車検業者の裁量によって決められているため工夫次第で大幅に削減することができ、うまくいけば相場の半値以下のコストで同じクオリティのメンテナンスサービスを受けることができます。

法定費用は車種によって定められており、基本的に軽自動車、ワゴンタイプ、ワンボックスカーと車体が大きくなるにつれてコストも引き上げられる傾向にあります。

格安な車検のトリック

ここ数年かなり低いコストで車検を請け負う、いわゆる「格安車検サービス」が広がりつつありますが、格安車検にはいくつかの注意点があり、業者選びの際にはそれらのチェックポイントをしっかりと把握したうえで問い合わせを行う必要があります。

広告の値段は基本料金

広告に掲載されているキャッチコピーに惹かれて格安車検サービスを申し込む方も増えているようですが、広告をチェックする際にも注意事項があります。

広告に載っている基本メニューや料金プランはあくまでも基本料金であり、実際には部品交換や想定外の故障トラブルが生じ、広告の料金相場よりも結果的に何割か上乗せされてしまうケースが多いです。

格安車検サービスとは言いつつ、各種オプションサービスをすべて利用すると最終的には一般の車検とほぼ変わらないか、あるいはそれ以上のコストがかかってしまうケースもありますので、「格安」といったうたい文句に乗せられないよう充分気をつけましょう。

手抜きをしている

車検サービスにかぎらず、「格安」を謳うサービスを利用する場合、安さの理由についてもきちんと考える必要があります。

純粋な企業努力によって格安料金を実現しているのであればもちろん、ユーザー側にとっても喜ばしいのですが、一部にはいわゆる「手抜きメンテナンス」によって料金を相場以下におさえている業者が存在し、業界内部でも深刻な問題になっています。

手抜き業者に車検を依頼した場合、正規の工程でのメンテナンスを受けられないばかりでなく、エンジンなどの重大なパーツについて見落としがあり、メンテナンス後にトラブルが発生し何倍もの追加費用を支払わなくてはならなくなる、ということも充分に考えられます。

ひどいケースではエンジンの発火や爆発などの事故につながってしまう可能性がありますので、手抜きメンテナンスによる格安業者には絶対に車検を依頼しないようにしましょう。

ウェブサイトでも詳細な料金プランを掲載しない、見積書の内訳を曖昧にしている、など、手抜き業者にはいくつかの共通点がありますので、安さだけを業者選びの基準にするのはやめましょう。

車検費用を安く抑える方法

格安業者に車検を依頼する以外にも、車検のトータルコストを節約する方法はあります。車検コストをおさえつつ、適正なメンテナンスを受けるためのポイントについて見ていきましょう。

費用が安い業者を選ぶ

前述のように、車検費用のうち法定費用以外(点検整備費用、サービス付帯費用)については業者ごとに相場が異なりますし、交渉次第では広告の料金よりも安いコストで車検を依頼できる場合があります。

ただし、料金が極端に安すぎる業者はいわゆる手抜き業者である可能性が高いといえますので、まずはあらかじめ車検の基本相場を把握したうえで、適正な範囲で値下げを行っている業者をピックアップしましょう。

日頃からメンテナンスを怠らない

車検費用は、車体のメンテナンス項目を減らすことによって節減することができます。普段からこまめに愛車のメンテナンスをつづけることで、車検時に必要となるチェック項目を最小限におさえる工夫をしましょう。

見積もりを確認していらない作業を断る

初心者の方はよく、車検の際にもパック料金を申し込み、見積もりをよく読まずに料金を支払ってしまいがちですが、見積もりをチェックし、不要なメンテナンスサービスを省くことによってトータルコストをかなりおさえることができます。

見積書は必ず複数の車検業者から取得し、どうしても必要な項目だけを見きわめたうえで料金プランをシミュレーションすることがポイントです。

検索サイトを利用する

車検を初めて依頼する場合や業者を変える場合は、検索サイトを利用して業者を一括で比較しましょう。検索サイトであれば広告をひとつひとつ見比べるよりもはるかに効率的ですし、より重視する条件ごとにまとめて表示できるため、自分にとって相性の合う業者をスピーディに見つけることができます。

ユーザー車検をする

かつては、車の点検整備から最終検査まで一括して委託するのが車検の主流でしたが、法改正によって点検整備と検査が分離され、点検整備については車の所有者自身がセルフで行えるようになりました。これをユーザー車検といい、車検費用のうち点検整備費用がカットできるため大幅なコストカットが可能になります。

ただし、車のメンテナンスは複雑でミスが許されないプロセスでもありますので、慣れないうちは安易にユーザー車検を利用せず、従来通りの一括車検を選んだほうが無難です。

車検費用が高くなる場合は買い替えも検討する

車検費用をカットすることもひとつの方法ではありますが、どうしてもコストカットが難しい場合には車の買い替えも選択肢として考えられます。車の下取りで注意すべきポイントについて見ていきましょう。

早めに相談すれば高く売れる

車の買い替えを検討する場合は、できるだけ早い段階で業者に相談したほうが得策です。車は年数が経つほど下取り価格が下がっていくため、買い替えを検討した時点ですみやかに業者に連絡を入れることによって査定価格を底上げすることができます。

買取業者はカーネクストがおすすめ

車をより高い価格で買い取ってもらいたいのであれば「カーネクスト」を利用してみましょう。カーネクストでは「下取り0円」ということはあり得ません。そのうえ、レッカー費用や書類の代行作成、査定などのコストが一切無料になっており、世界中に拠点を持っていますので販路が広く、買取実績も安定しています。

参考:カーネクスト

車検は安全のために行うので格安な場合は要注意

車検費用はまとまった額になるので少しでも節約したいところですが、車検は愛車を長く乗りこなすうえで必要なプロセスであり、安全性を最優先にすべきものです。まずは基本相場を把握し、極端な格安サービスをうたっている業者には注意してください。