車検は分割払いできるのか|車検ローンについて詳しく解説

車検にかかる費用は、車の排気量や車検を受ける場所によってさまざまですが、数万円から10万円近くかかるため、経済的な負担が大きいのが難点です。

しかし、一括で支払うのではなく、分割払いを選択することで経済的な負担を軽減できます。ここでは、車検ローンなどの分割払いについて解説していきます。

車検について

車検は、道路運送車両法によって定期的に受けることが義務づけられており、車検を受けずに放置すると、公道を走行できなくなってしまいます。また、安全で安心な走行を継続するためには、車検で点検を受ける必要があります。

車が保安基準に適合しているか検査・確認すること

車検の正式名称は自動車検査登録制度で、ミニカーなどの小型特殊自動車を除く自動車と250cc以上の排気量を持つバイクは、一定期間ごとに国土交通省が指定する検査を行う必要があります。

車検切れになった場合

車検を受けることは法律で義務づけられていますが、車検を受けずに「車検切れ」となった状態で公道を走行した場合、無車検車運行として免許停止などの罰則が設けられているので注意が必要です。

具体的には、道路運送車両法違反として違反点数6点・30日間の免許停止・6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金がj課せられます。

自動車検査登録制度

自動車検査登録制度は、1930年にバスなどの商業用車が安全に走行することを目的として制定され、徐々に義務化される車種が増え、現在の形になったという経緯があります。

なお、車検を受ける場合、ディーラーやガソリンスタンドなど業者に依頼する方法と運輸支局にて自分で点検を行う「ユーザー車検」という方法のどちらかを選択できます。

車検の基本料金

車検の料金は、法定費用と車検基本料を組み合わせた料金から成り立っており、法定費用はどこで車検を受けても金額は同じです。一方の車検基本料は、ディーラーやガソリンスタンドなどに車検を依頼する場合、代行手数料などが上乗せされるため、料金に差が生じるのが現状です。

なお、ディーラーによる車検では、法定費用に4~7万円程度を合わせた料金、ガソリンスタンドやカー用品店などでは、法定費用に3~4万円程度を合わせた料金が相場だと言われています。

また、低価格で車検を受け付けている業者もありますが、法律で義務づけられた最低限の点検しか行わないため、その他のメンテナンスは一切行っていないケースがほとんどです。

車検費用を分割で払うには

車検費用は数万円から10万円近くかかるため、一度に支払うには経済的な負担が大きいと言えるでしょう。しかし、一括で支払わなくても、業者独自の車検ローンを設けているケースもあるので安心です。

車検専門店での分割契約

コバックなどの車検専門店では、信販会社と提携して車検ローン対応している場合もあります。この支払い方法を選択すると、車検費用を少額ずつ分割で支払えるため、経済的な負担が軽くなると言えるでしょう。

また、住宅ローンと異なり借入額が大きくないため、金利もあまり高くならないケースがほとんどです。ただし、業者によって対応はさまざまなため、車検ローンに対応していることを事前に確認しておくことをおすすめします。

マイカーローンを利用する

マイカーローンは、車を購入することを目的としたローンですが、契約している金融機関によっては、車の修理費用や車検費用にも使えるローンもあります。

この支払い方法は、申し込み時の審査が厳し目であることがデメリットですが、金利が低いというメリットがあります。ただし、手続きに時間を要することに加えて金融機関によって対応がさまざまなため、事前に確認しておくことをおすすめします。

クレジットカードで支払う

車検費用は、車検ローンやマイカーローンの他に、クレジットカードで分割払いできるケースもあります。契約しているクレジットカード会社によっては、2回までの分割払いであれば金利がつかないので便利です。

また、クレジットカード払いにすると、各クレジットカード会社独自のポイントが貯まるというメリットがあります。ただし、分割払いに関わらず、クレジットカード払い自体に対応していない業者もあるので注意が必要です。

金融機関でローンを組む

車検ローンやマイカーローンを利用しなくても、銀行や信販会社が提供しているローンを利用して分割払いすることもできます。ただし、金融機関によっては金利が高く、他に借り入れがある場合には審査に落ちることもあるので注意が必要です。

また、きちんと返済計画を立てるだけでなく、必要以上の金額を借り入れないようにしましょう。

車検は高いから廃車にしようか迷っているあなたへ

車検には一定の費用がかかり、車の状態が悪いほど高くなる傾向にあります。そのため、高額な車検費用を考慮して廃車や乗り換えを検討している場合、買取専門業者の利用がおすすめです。

どちらがお得か考える

車検を通す場合と買い換える場合、それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらが自分にとってより得になるか考える必要があります。例えば、車検を通す場合、年々、車検費用が高くなるリスクがありますが、買い替えるための資金を準備する必要はありません。

一方で買い替える場合、高額な車検費用を支払わずに済みますが、買い替えるための資金を準備しなければなりません。また、現在乗り換えたい車種がある場合や、古い車に車検や修理費用をかけるのが嫌だと感じる場合には、買い替えを検討したほうが良い可能性があると言えるでしょう。

ちなみに廃車同然の車でも、廃車買取業者を利用することで、廃車に関する手続きを全て代行してくれるだけでなく、少しでも金額を手にすることができるのでお得です。

おすすめの買取業者はカーネクスト

車の買取専門業者「カーネクスト」は、全国各地に対応しており、0円以上の買取保証が魅力です。

高価買取を実現

カーネクストでは、どのような状態の車でも0円以上の買取保証で高価買取を実現しています。例えば、大きな傷やへこみがある場合でも、自社工場で修理後、世界各国の海外市場に出荷されます。

また、修理しても使用できない車の場合、解体してパーツごとに分類することで、資源の再利用しています。

レッカー費用が無料

突然の事故や故障で車が走行できなくなった場合、業者にレッカーを依頼すると、レッカー費用が請求されます。しかし、カーネクストでは、レッカー費用が無料なので安心です。

例えば、大手ロードサービスを利用した場合、一般道で8,000円程度、高速道路で15,000円程度の費用がかかり、距離が長いと追加料金がかかります。また、カーネクストは全国各地に対応しているため、都市部から距離が離れている場合でも対応できます。

年中無休での対応

カーネクストでは、年中無休で対応していることが魅力の一つです。買取の受付については、電話とインターネットで行っており、電話の場合は8:00~22:00、インターネットの場合は24時間対応です。

そのため、休日や夜間でも簡単に問い合わせできるため、忙しい人でも安心です。なお、電話はフリーダイヤルとなっているため、通話料は無料です。

カーネクスト:0120-301-456

独自の海外販路

カーネクストでは、海外に独自の販路を持っており、買い取った車を修理して販売しています。たとえ日本で使用されなくなった車でも、修理して使用できるのであれば価値があるという海外の価値観があるため、世界各国でニーズがあるのが現状です。

そのため、海外でニーズの高いトラックやディーゼル車は、どんない古い車での高価買取を積極的に行っています。

参考:カーネクスト

車に乗らないなら廃車にする方がお得

頻繁ではないものの2年に一度は必要な車検ですが、決して少なくない金額を準備しなければならないことが難点です。また、独自の車検ローンやクレジットカード払いを利用すれば分割で支払うこともできますが、業者によって対応がさまざまです。

そして古い車の場合には車検費用が高額になりがちなため、車を使用する頻度がすくなければ、廃車買取業者を利用して廃車にする方がお得だと言えるでしょう。