車検はいつから受けられるか|予約方法から必要書類まで紹介

車検は一定期間ごとに更新が必要で、車検切れを起こすと公道を走行できなくなります。車検が切れたからといって、その時点で違法となるわけではありませんが、使用に制限が出て車が扱いづらくなるため注意が必要です。

余計な手間をかけないためには、期限が切れる前に車検を更新することが大切ですが、いつから受けられるのか、またいつ受けるのが適切かで悩む人も多いでしょう。車検を受ける際は、更新時期にも注目しなければなりません。

タイミングを誤ると、失敗を招いて損をする、あるいはスムーズに車検を更新できなくなることもあります。スムーズかつお得に車検を更新するためにも、いつから受けるのがベターかを理解しておきましょう。

車検と車検の予約はいつからできるか

車検を受けるには事前に予約をし、検査日を決めなければなりません。これは自分で行う場合も、業者に依頼する場合も同じで、予約から検査の流れは同じと考えましょう。

つまり、車検を受ける時期を考える際には、検査日をいつにするか、車検の予約をいつ取るかの2つの時期を考えなければなりません。それぞれで適切な時期は違うため、正しいタイミングを理解して、スムーズに車検の手続きを進めましょう。

車検を受ける時期は1カ月前

車検を受ける時期は1カ月前が基本で、有効期限を過ぎないよう注意しましょう。有効期限を過ぎてからでも更新はできますが、その間車の移動に制限が出てしまいます。自分で業者に持ち込む、あるいはユーザー車検で検査場に持ち込む場合でも、車検切れで走ると違法行為となり、処罰の対象になります。

レッカーを利用して業者に引き取ってもらうことは可能ですが、この場合は別途レッカー代が必要となり、余計な費用がかかるため注意が必要です。

満了日の1カ月前の更新なら、車検を受けた日からではなく、満了日から起算して、次回有効期限を設定できます。1カ月分無駄になるということはないため、期限切れにならないよう、早めに受けることをおすすめします。

車検の申込みは2カ月から3カ月前がベスト

車検の検査は1カ月前からが基本ですが、申し込みはさらに前に行うのが基本です。業者によって対応できる期間が違いますが、基本的には2カ月から3カ月前程度に行いましょう。車検を更新するには、必要書類を集めたり、車を整備したりと時間がかかります。

車の状態によって、保安基準以上に仕上げるための時間は異なります。場合によっては長い時間を要することもあるため、早めに申し込み、期間を相談しながら行うことが大切です。ただし、早めに申し込みを行うのは、業者を利用して車検を受ける場合に限られます。

ユーザー車検の場合は、14営業日内の直近でしか申し込みはできません。早めに行動することは大切ですが、車検の方法によって申し込みに適する期間は異なることは理解しておきましょう。

車検の予約方法

車検を受けるには、予約が必要です。予約の方法は業者に依頼するか、自分で行うユーザー車検かで違います。それぞれの予約の方法を知り、スムーズに車検の予定を立てましょう。

業者に依頼する場合

業者に依頼する場合は、ネットや電話、直接来訪するなどでコンタクトを取ります。業者によって予約の受付方は異なります。ホームページがあるなら、そこから受け付けてもらえることも多いでしょう。業者に車検を依頼する場合は、まずは車検にかかる費用の見積もりをしてもらわなければなりません。

車検費用は大きく法定費用、車検基本料、メンテナンス費用の3つに分けられます。法定費用は固定ですが、車検基本料やメンテナンス費用は、業者によって違うため、見積もりを受けて納得できるか確認しましょう。

見積もりだけなら無料という業者も多いため、まずはいくらかかるかチェックし、そこから予約に進む考えることも大切です。金額に納得できたなら、そのまま予約となり、詳細なスケジュールを決めます。

業者の混雑具合によってかかる時間は変わりますが、予約だけなら15~30分程度で済む場合が多いです。見積もりも含めると、プラス30分~1時間程度かかると考えましょう。

ユーザー車検の予約方法

業者に依頼せず、自分で行う場合はユーザー車検となります。ユーザー車検とは自分で検査場の予約をし、検査まで行う方法です。業者に依頼しない分手間はかかりますが、費用を安く抑えられるのが魅力です。

ユーザー車検の予約の方法は普通自動車と軽自動車で違うため、車の区分によって間違えることのないよう注意しましょう。

また、予約した日に検査場に車を持ち込み検査となるため、それ以前に車の整備は済ませておかなければなりません。車の整備を依頼する場合の予約は別途行い、保安基準をクリアできる状態に仕上げた上で、ユーザー車検の予約を行いましょう。

普通自動車の場合

普通自動車の場合、国土交通省の「自動車インターネット予約システム」から、車検の予約を行います。予約先は全国の運輸支局で、都合の良い場所を選びましょう。また、普通自動車はネットのみの受付です。基本的には空きを見つけて事前に予約する必要がありますが、空きがあるなら当日に予約ができる場合もあります。

ただし、当日予約は不確実で、時間も午後からと限定されるため、事前に予約を取るのが基本と考えましょう。

軽自動車の場合

軽自動車の場合は、「軽自動車検査予約システム」から予約します。これは軽自動車検査協会のホームページ内あるため、まずはそこにアクセスしましょう。基本的な流れは普通自動車と同じで、予約サイトから希望日を指定し、日時を決めます。

ただし、軽自動車の場合はネット予約だけではなく、電話予約も可能です。全国の軽自動車検査協会支所に電話をかけることでも予約できるため、状況に合わせて予約方法を選びましょう。

車検をする時のポイント

車検を上手に受けるには、いくつかポイントがあります。ポイントが守れていないと、スムーズに進められないことも多いため、注意しなければなりません。また、ポイントを踏まえて行うことで、よりお得に車検が受けられる場合もあります。細部のポイントを把握し、上手に車検を更新することが大切です。

車検時期の前倒しに注意

車検は満了日の1カ月前に前倒しして更新するのが基本ですが、それ以上前倒しするのはよくありません。そもそも車検はいつでも更新することができ、極端に言えば更新してすぐに、検査を受けることも可能です。

いつからでも受けられるものの、満了日の1カ月前を迎えていないと、その時点から起算して次回満了日が決まるため注意しましょう。

例えば満了日の2カ月前に前倒しして受けた場合は、車検更新時点で次回満了日が設定され、1カ月分有効期間を無駄にしてしまいます。どうしても予定が合わない場合を除いては、1カ月以上前倒しにしないようにしましょう。

余裕を持って予約をする

車検の予約は余裕を持って行うことが大切です。スケジュールには常に余裕を持ち、早めの行動を心がけましょう。業者によっては予約してすぐに車検を取得してくれることもありますが、即日対応が可能なのはごく一部に限られます。

通常は事前に予約し、しっかりメンテナンスをしてから車検を更新するのが基本です。ぎりぎりに予約をすると、車検期間内に更新ができない可能性もあります。更新期間を過ぎると、自賠責保険料を1カ月分多く支払わなければならない場合が多く、出費が余計に増えるため注意が必要です。

早割のサービスを利用する

早めに予約するのがおすすめなのは、期間内にスムーズに車検を終えるためだけではありません。業者によっては事前予約の期間に応じて、早割を適用してくれることもあります。業者ごとに早割適用の期間や割引率は異なりますが、利用すると通常よりも車検費用を安く抑えれることは確かです。

車検費用は高額になるケースも多いため、少しでも節約することが大切です。早めに予約するだけで安くなるのは非常にお得でしょう。業者ごとのサービスの違いも見ながら、他にも割引サービスがないかチェックしておくことも大切です。

ユーザー車検をする時の注意点

ユーザー車検をする際には、通常よりもやることが多いため注意点も増えます。ユーザー車検ならではの注意点を把握して、少しでも手間を抑えて車検を取得しましょう。

予約先を確認する

ユーザー車検の予約先は、車種によって異なります。普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会のため、予約先を間違えないようにしましょう。また、予約した運輸支局、及び軽自動車検査協会支所の場所も、間違えないようにしなければなりません。

これらは全国に存在し、予約する際には場所も指定しています。指定場所以外に行っても検査を受けられないため、予約時には場所の確認もしておきましょう。

IDやパスワードは忘れないようする

ネットでユーザー車検を予約する場合は、アカウント登録をしなければなりません。この時IDやパスワードを設定しますが、これらを忘れないようにしましょう。IDとパスワードを忘れてしまうと、以降の手続きが滞る可能性があります。次回車検時にも使用するため、忘れないよう記録して保管しておきましょう。

車検をするときの必要書類

車検を受ける際には、必要書類も複数あります。これらを用意していないと、手続きが進められないため注意が必要です。車検の方法によって必要書類は異なりますが、業者に依頼する場合でも、ユーザー車検でも基本の書類は共通しています。

ユーザー車検の場合は検査場でも書類を集めなければならないため、必要書類は増えますが、事前準備するものは同じため、何を用意するのか頭に入れておきましょう。

車検証

車検は車検証の更新のために行う手続きのため、当然車検証は用意しなければなりません。紛失している場合は、運輸支局か軽自動車検査協会で再発行しておきましょう。

即日発行が可能で、手数料も無料ですが、手間がかかるため紛失しないことが大切です。また、車検証不携帯は処罰の対象にもなるため、なくしたなら速やかに再発行しておかなければなりません。

自動車税納税証明書

自動車税納税証明書は、自動車税を支払った際に取得できる書類です。毎年4月1日時点で名義を持っている人が課税対象となり、5月頃に納税書が送られてきます。これを持って金融機関やコンビニなどで支払いを済ませると、領収書がもらえ、その半券が納税の証明書となります。

これも紛失した場合は再発行が必要で、運輸支局、自動車税管理事務所、都道府県の税事務所のいずれかで申請しましょう。ただし、一定の条件を満たしている場合は、不要になることもあります。

  • 継続車検である
  • 自動車税を正しく納税している
  • 富山、長野、岐阜、大阪、鳥取、岡山、愛媛、佐賀以外のナンバー
  • 年度内に上記のナンバーになっていない

以上の条件を満たしているなら、持参の必要はありません。しかし、これらの条件を満たしていも、例外的に提示を求められることもあるため、基本的には持参しているほうが無難でしょう。

自賠責保険証

自賠責保険証は、保険の証明書の番号を書くために必要です。紛失した場合は再発行が必要で、保険会社の窓口で申請を行いましょう。自賠責保険証は、申請から再発行まで1~2週間程度時間がかかるため注意が必要です。ぎりぎりで申請すると間に合わないことも多いため、紛失しているなら早めに申請しておきましょう。

認印

認印は必須とは限りませんが、業者によっては求められることもあります。業者ごとに対応が違ってややこしいため、常に持っておくようにすると良いでしょう。

車検費用がかかりそうな場合は買い替えも検討する

車検時には固定費である法定費用から、業者に依頼する場合の車検基本料、保安基準をクリアするためのメンテナンス費用が必要です。

これらは総額すると高い出費になることも多く、基本的にまとめて支払う必要があるため、重い負担になりやすいでしょう。車検費用が高くなるなら、無理に更新せず、買い替えも検討するのがおすすめです。

早めに相談すれば高く売れる

買い替えを検討するなら、少しでも早く業者に売却の相談をすることが大切です。早めから売却の相談をしておくことで、条件のすり合わせもしやすく、適切な時期でのもっとも価値が上がるタイミングで手放しやすくなるでしょう。

手放すなら早いに越したことはありませんが、遅くとも車検を更新するまでに売ることが大切です。車検を更新してから売ると、費用分損をするため、使い続けたほうがお得です。しかし、使い続けて次回車検前に売るとなると、2年分古くなって価値も下がります。

手放すなら車検を更新する前、車検有効期間内に売るのが、売却の手続きもスムーズに進めやすくておすすめでしょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

車を買い替えるなら、カーネクストで売却するのがおすすめです。カーネクストは廃車買取も行っており、状態の悪い車でも価値を見出して値段を付けてくれます。車検前でメンテナンスをしていなくても、好条件で引き取ってもらえるため、余計なコストをかけずに手放しやすいでしょう。

また、もしも有効期限を過ぎて公道を走れなくなった場合でも、無料で車両引き取りをしてもらえるため安心です。廃車の手続きも代行してもらうことができ、スムーズに処分できるのも魅力でしょう。

参考:カーネクスト

車検を受ける時期は1カ月前が一般的

車検をいつから受けるべきか悩んでいるなら、1カ月前が基本と覚えておきましょう。満了日から1カ月前なら、どの期間で受けても、残りの有効期間を無駄にすることなく更新できます。

ただし、1カ月前に更新するなら、さらにその前から準備は必要なため、実際に動き出すのは2~3カ月程度前になると考えましょう。車検をスムーズに更新するには、余裕を持って行動することが大切です。有効期間はこまめにチェックし、満了日から逆算して、上手に車検を受けましょう。