車検費用の内訳を知ろう|車検見積もりサービスについても網羅

車検は2~3年に1回、必ず受けるものです。車検が切れてしまった自動車は、公道を走らせることができません。車検を初めて受ける人は、どれぐらいの費用がかかるのか、気になることでしょう。本記事では、車検費用についてより深く理解できるように、その内訳について徹底解説します。

また、どこで車検を受けてよいのかわからない人に向けて、車検見積もりサービスについても取り上げます。車検初心者や費用を節約したい人も、お役立てください。

車検費用の内訳には点検・部品費が含まれる

まず車検の際には、点検費用と部品費用がかかります。点検費は、車検を受ける場所によって異なり、部品交換費はケースバイケースです。それぞれどのような内容なのか、詳しく紹介します。

車検場所により異なる点検費用

点検費用は、車検場所によって異なります。車検を受けるスポットにはディーラー、カー用品店、民間工場などがありますが、費用は一律ではありません。コストを抑えたい人はディーラーではなく、民間工場などを選ぶようにしましょう。

民間工場では、さまざまな車種に対応しているだけではなく、場所によっては熟練の整備士が在籍しているため、クオリティも高いです。また、最新設備などをしっかりと見てもらいたい人には、正規ディーラーがおすすめです。しかしながら、ディーラーは費用が高くなりがちです。

部品交換費用がかかることも

部品を交換する費用を、点検に入れる業者もいます。部品交換費用がかかれば、さらに金額が上乗せされ、節約は遠のいてしまいます。もしも、自分でも対応できる部分であれば、わざわざ業者に頼むことはありません。勝手に部品交換費用が取られてしまわないように、事前に確認しておきましょう。

車検費用の内訳にとって法定費用は重要

点検・部品費などは一律ではありませんが、法定費用は定められた金額です。つまり、節約できない費用になります。車種や自動車の重さなどによって金額が異なるので、自家用車がどれぐらいかかるのか参考にしてください。

車種によって異なる検査手数料

法定費用のひとつに、検査手数料があります。この金額は、車種によって異なります。小型以外の自動車は1,800円、5ナンバーなどの小型車は1,700円、軽自動車は1,400円です。これらは持ち込み検査の金額であり、別の手続きをすれば、数百円費用を抑えられます。

小型以外の自動車 5ナンバーなどの小型車 軽自動車
検査手数料 1,800円 1,700円 1,400円

必須の自賠責保険料

自賠責保険料は、必ず入ることになる保険の料金です。軽自動車は25,070円、普通の自動車は25,830円です。これら金額は、保険期間24カ月のものとなります。もちろん、保険期間が短ければ安くなり、長くなれば高いです。

軽自動車 普通の自動車
自賠責保険料 25,070円 25,830円

重さによって変わる自動車重量税

自動車重量税は、文字通り、自動車の重さによって金額が変わります。エコカーであれば、1000kg以下の自動車で10,000円、1500kg以下は15,000円、2000kg以下の車で20,000円です。エコカーでなければ、さらに自動車重量税は高くなり、経過年数によっても税額が異なります。

1000kg以下 1500kg以下 2000kg以下
自動車重量税(エコカー) 10,000円 15,000円 20,000円

車検見積もりサービスはおすすめ

「車検費用を節約したい」「どこで受けられるのかわからない」という人は、車検見積もりサービスを利用しましょう。自分の家の近くにある車検場を見つけてくれるだけでなく、複数業者から見積もりをもらえるサイトです。

ディーラーや民間工場、ガソリンスタンドなど、さまざまな場所で車検が行われていますが、できるだけコストを抑えたい人は、安値のところを選ぶようにしましょう。車検が予約できるサイトや、店舗の詳しい情報を見られるサービスもあるので、利用して損することはありません。

安さを追求したいのであれば、ユーザー車検はおすすめです。自身で点検することになりますが、慣れてしまえばそれほど苦労することはないでしょう。ただし、業者に依頼しないからこそコストは抑えられますが、修理やメンテナンスを怠っていると再検査することになり、手間と時間がかかってしまいます。

車検を受けるか買い換えるか迷っているときには

自動車の状態によっては、車検を受けるか買い換えるか迷うこともあるでしょう。長年、乗り続けられないようであれば、買い換えてしまってもよいのではないでしょうか。その際、車検が切れていても問題ありません。また売るときには、さまざまな買取業者をチェックして、自分に合った会社を選ぶようにしましょう。

売るときには買取業者を探す

今やネット上で、さまざまな買取業者の情報を見ることができます。車検に出さずに買い換えるときは、買取業者を探し、どれぐらいの金額で売りに出せるのかを知るために、査定依頼します。

車の状態によっては、買取業者が受け付けてくれない、あるいは別途料金がかかることもあるので、業者は慎重に選んでください。スタッフの対応が悪い、連絡が遅いといった業者は信用に欠けるため、別の会社に頼んだ方がよいでしょう。

カーネクストは0円以上の保証あり

「車検が切れて動かせない」「故障して走らない」といった自動車でも、0円以上の買取保証があるのは、カーネクストです。また、動かない車も引き取ってくれて、費用もかかりません。廃車であっても、さまざまな手続きを代行してくれます。

ネットで無料査定を行っているので、まずは金額を調べてみましょう。急いでいる方には、フリーコールがあるのでぜひ活用してください。

参考:カーネクスト

車検費用の内訳を知り節約できる部分を探そう

車検費用の内訳は、点検費用、そして部品費用、一律の法定費用があります。法定費用は、税金や保険料になり、車種などによって金額は決定されてしまいます。ほかの車検費用は、ディーラーや工場など車検を受ける場所で異なるので、見積もりサービスなどを活用し、安値で受けられるところを探しましょう。

自分で点検するユーザー車検であれば、コストを抑えることが可能です。ただし、しっかりと整備してほしいときには、多少費用は高くなってしまいますが、正規ディーラーがおすすめです。どの場所が自分の希望を叶えられるのか、必ず事前に調べておきましょう。