ユーザー車検に必要な検査項目とは|知っておきたい整備ポイント

できるだけ費用を抑えるために、ユーザー車検に興味を持っている人は少なくありません。ユーザー車検を選択する際は、確認する項目について理解する必要があります。また、事前にチェック項目を知っておくことで、業者に頼むときにも、コストを安くすることができるでしょう。

この記事では、事前に対策をして費用を安くできるように、必須の車検項目について解説していきます。車検前の整備ポイントも取り上げていくので、ユーザー車検を希望している人は、参考にしてください。

ユーザー車検は車検項目について理解を深めておく

車検にもさまざまな種類がありますが、ユーザー車検は自分で運輸局に車を持ち込み、検査することになります。そのため、事前に自動車をチェックしておくようにしましょう。車検に合格しなければ、再度検査を受けなければならず、時間も手間もかかってしまいます。

ユーザー車検のメリットは、費用が安いことです。そして、愛車について詳しくなることも可能です。一度経験しておけば、2~3年ごとに行う車検も、自分で簡単に手続きできるようになります。しかし、運輸局自体は平日にしか空いておらず、混んでいることも考えられます。

もしユーザー車検ではなく、別の種類を選ぶのであれば、ディーラー車検がおすすめです。ある程度コストがかかってしまうものの、整備士の腕は高いです。また、値段を考慮するのであれば、民間工場による車検やカー用品店での検査も無視できません。

いずれにせよ、ユーザー車検においては、車検項目を理解し、事前に対策をしておくことで、無駄なコストを抑えることが可能です。知らないと損するだけなので、カーライフを満喫するためにも、今の内に覚えておきましょう。

必須の車検項目はたくさんある

車検する場所では、どんな項目をチェックされるのでしょうか。まずは、車両ナンバーです。そしてエンジン、ライト、排気ガス、ブレーキなども必須項目。タイヤやオイルなども見られます。こうした車検項目とその詳細を紹介しますので、事前対策にお役立てください。

車両ナンバー

まずは、車両ナンバーです。エンジンルームにある車体番号や車両ナンバーが、車検証と同一の内容であるのかチェックされます。車検では「同一性」という項目です。車検証と車体番号が異なれば、同じ車とは見なされないことになります。

外観や足回り

外観のチェックは、キズなどだけではなく、ウインカーやライトが操作通りに動いているのか、確認するものです。検査担当者による指示があるので、それに従ってください。さらに外観だけではなく、オイル漏れのチェックなども行われます。事前にこの部分に不具合が生じていたら、修理に出しておきましょう。

足回りの検査は、ホイールやタイヤの確認です。ナットにゆるみがあったり、サイズの違うものを使っていたりした際は、指摘されることがあります。タイヤは、スリップサインが出ていれば合格にならず、これはひび割れているときにも同様です。

サイドスリップとブレーキ

サイドスリップとは、横滑りのことです。この範囲にも基準があり、外国産車と日本車で異なります。もちろん、ブレーキのチェックも必須。検査は、操作指示に従い、ブレーキを踏むだけです。この際に、弱めに踏み込んでしまうとNGになる可能性があるので、注意しましょう。また、スピードメーターの検査も行われています。

ブレーキは、ペダルやサイドブレーキの状態も確認しておいてください。自動車をストップさせるために、非常に重要な部分になるので、車検時期にかかわらず、日々チェックしておきましょう。

ヘッドライトと排気ガス

ヘッドライト検査は、ハイビームのチェックです。ハイビームにも基準値があり、左右両方を確認して、一方に不具合があっても、再検査になります。車種によって違いがあり、光軸の調整は事前に対応しておきましょう。

排気ガスの検査も、車種によって違いがあります。この検査は、マフラー部分に検査道具を差し込むだけで、合否を判定してくれます。

下回り

検査担当者が、自動車を下から見る検査があります。これは、オイル漏れやマフラーに穴はないのかを確認するものです。また自動車を揺らして、不具合をチェックする検査も行います。マフラーの穴は、埋めておけば問題ないようなので、見つけた際は対応しておきましょう。

ユーザー車検は、どこの陸運局でも受けることが可能です。注意点としては、普通自動車と軽自動車の点検場所が異なること。先に場所を確認してから、車検を受けるようにしましょう。

車検の前に買い換えも考える

愛車の状態によっては、車検に通さずに買い換えてしまうこともおすすめです。もちろん、車検が切れてしまっている自動車でも、売ることは可能です。車検に関する費用を支払う前に、手放したほうがお得になることもあります。買い換えするときは、優良な買取業者を選ぶようにしましょう。

複数ある中から買取業者を選ぶ

自動車の買取業者は、無数にあります。ネットで調べれば、たくさんの業者を見つけられますが、どこの業者を選べばよいのか頭を悩ませる人は少なくありません。

まずは、査定依頼をしたときに、異常な金額を出してきた業者は、避けるようにしましょう。また、あまりにも対応が悪い業者も、安心して買取をお願いできないため、別の業者にするべきです。さらに口コミなども、チェックしておくとよいでしょう。

カーネクストであれば0円以上の買取保証

カーネクストであれば、車検切れした自動車でも走らない車でも、0円以上の買取保証があります。また、引き取る料金や手続きも無料です。余計な出費がなく、面倒な手続きは、すべてカーネクストが代行してくれます。

まずは、無料査定を行いましょう。査定申し込みの入力時間は、たったの20秒。車種によっては、高値での買取も夢ではありません。急いで手放したい人は、年中無休のフリーコールに電話すれば、早急に対応してくれるでしょう。

参考:カーネクスト

車検項目について知り事前対策を

ユーザー車検で費用を節約したい人は、検査される車検項目を必ずチェックしましょう。必須の車検項目は、外観、タイヤ、サイドスリップ、ブレーキ、スピードメーター、ヘッドライト、排気ガス、下回りなどがあります。再検査にならないように、対策できる部分は、事前に修理することをおすすめします。

ユーザー車検では心配だという人は、ディーラー車検をはじめプロに任せてしまう方法がおすすめです。自動車の状態によっては、車検を受ける前に買い換えも検討しましょう。さまざまな買取業者がいるため、慎重に選ぶようにしたいです。カーネクストであれば、0円以上の買取保証があるため、廃車であっても引き取ってくれます。