車検比較して自分に合うものを選ぶ|ディーラーと民間の違いとは

はじめて車検を受ける人は、その種類の多さに、何を選んでよいのか、迷ってしまうことがあります。種類によって価格だけではなく、質などにも差があり、慎重に選ぶことが求められます。

そこでこの記事では、車検比較を行い、それぞれのメリットなどを見ていきます。ディーラーと民間の違いを中心に取り上げていきますので、車検選びに迷っている人は、本記事を参考にしてください。

自動車車検の比較は重要

車検は、その方法や場所によって、まったく質や費用が違うといっても過言ではありません。かつては、それほど車検を受けられる場所はありませんでしたが、1995年7月以降、さまざまなスポットで、車検を実施するようになりました。

費用・質が異なるからこそ、車検比較は非常に重要です。「できるだけ費用を抑えたい」、「しっかりと自動車を見てもらいたい」などの希望を叶えられる場所を、自身で見つけなければなりません。

車検比較をせず、あとになって「○○の方が安かった」、「○○はしっかりと整備してくれた」と気づいて損をする前に、事前にしっかりと確認しておきましょう。自動車は高額な商品だからこそ、関連することについては知識を深めておくべきです。

ディーラー車検の特徴や費用

まずは、車検でおなじみのディーラー車検の特徴についてまとめていきます。ディーラーでの車検は、高い信頼度があるものの、費用が高くなりがちです。メリットとデメリットを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

どうしても費用が高くなってしまう

そもそもディーラーとは、どういう存在なのでしょうか。ディーラーは、販売会社のことです。正規ディーラーであれば、自動車メーカー系列の企業となります。そこには工場があり、車検を受けられるようになっています。

こうしたバックボーンがあるからこそ、どうしても費用が高くなってしまうのは、ディーラー車検のデメリットです。サービス力は高いものの、他社の自動車については、あまりわかっていないことも欠点になるでしょう。また、信頼できる整備士を見つけたとしても、異動してしまう可能性があります。

費用面は、絶対に支払う費用にプラスして、最大で10万円まで到達することもあります。コストをできる限り抑えたい人は、ディーラー車検は向かない可能性があります。

高い信頼度はメリット

メリットは、高い整備力を誇ることです。自社メーカーの自動車であれば、たいていのことは対応できます。車検に必要な項目以上に点検してくれ、そして助言もあるほど、手厚いサポート体制です。なによりも、自動車メーカー系列の企業だからこそ、高い信頼度はアドバンテージとなるでしょう。

「愛車をベストな状態にしてほしい」「お金よりも安全性に気を遣いたい」という人には、ディーラー車検がおすすめの種類といえます。

民間にはどんなメリットがあるのか

ディーラー車検ではなく、民間の工場で車検することも可能です。「民間車検」と呼ばれることもあります。民間工場での車検は、どのようなメリットがあるのでしょうか。デメリットと併せて、詳しく紹介していきましょう。

さまざまな自動車に対応している

まず、民間車検では、さまざまな車の種類に対応していることが特徴として挙げられます。工場によっては、専門的な整備力を持っていることもあるでしょう。そして、安値で部品交換をしてくれることも考えられますので、コストを抑えたい人は、民間車検がおすすめだといえます。

また、技術力に不安があるかといえば、そう断言できません。もちろん、工場によって異なりますが、高い整備力を持つスタッフがいることもあります。車検する場所によっては、ディーラー以上にメリットを感じられる可能性もあるでしょう。

費用面も、ディーラー車検よりは、数万円安い相場になっています。「法定費用」と呼ばれる税金や保険の金額など以外は、安く抑えられます。

工場によって質が違うことはデメリット

民間車検のデメリットは、工場によってクオリティがバラバラなことです。だからこそ、しっかりと選定する必要があります。車検した後に、保証がないことも欠点になるでしょう。専門的な知識を有していないスタッフばかりであれば、車検を拒否されることもあります。

その他の種類も知り車検比較を

ディーラー車検と民間車検だけではなく、ほかの場所でも車検を受けることが可能です。安さでいえば、カー用品店がおすすめ。自身で検査するユーザー車検も、コストパフォーマンスに優れています。車検代行も、同様に安い傾向にあります。

このようにさまざまな種類があるため、車検比較は、無視できないものです。自分に合った、あるいは自動車にマッチした種類を見極め、適切な車検を受けるようにしましょう。

車検を通すのか買い換えるかを迷っている時は

車の状態によっては、車検に通さず買い換えることも、ひとつの手です。もちろん、車検を受けていない自動車でも、引き取ってもらえます。ここでは、どうすれば賢く買い取ってもらえるのか、詳しく解説しましょう。

たくさんの買取業者がいる

自動車の買い換えで注意すべき点は、廃車の場合、費用を取られる可能性があることです。そのため、どのような業者を選べばよいのかが重要になります。業者によって、対応が悪く、必要以上に費用が掛かってしまいますので、数ある業者を比較して、優良企業を見つけるようにしましょう。

おすすめサイトはカーネクスト

おすすめの買取業者は、カーネクストです。廃車に関する費用が無料であり、どのような状態の自動車であっても、0円以上の買取保証があります。車の引き取りも全国に対応しているため、車検切れで走れない自動車でも安心です。

まずは、無料査定を活用しましょう。入力時間は、たった20秒。年中無休のフリーコールもありますので、急いで車を手放したい人は、電話で問い合わせしてください。車種によっては、高い価格での買い取りも可能です。

参考:カーネクスト

車検を比較して自動車に合う種類を選択

車検を比較することは、受ける場所などによって費用やクオリティが異なりますので、非常に重要なことです。ディーラー車検であれば費用が高くなりがちですが、質が高く、安心して整備に出すことができます。民間車検は、幅広い車種に対応し、割安になることが特徴です。

こうしたメリットだけではなく、デメリットもありますが、費用や自動車の状態を考慮して、車検の種類を選ぶようにしましょう。カー用品店や自分で点検する際は、それほど高値になることはありません。車検に出さず自動車を売りに出す時は、カーネクストという優良サイトの利用をおすすめします。