車検費用をローン払いにしたい|分割で支払う方法や注意点とは

継続して車に乗るためには、新車購入時からは3年、以降2年ごとに車検を更新しなければなりません。車検の更新には手間だけではなくお金もかかり、場合によっては多額の支払いが発生することもあります。

金額が大きいだけに、一括ではなくローンで分割払いにしたいと考える人も多いでしょう。車検の費用をローン払いにする方法や注意点を知り、車の継続使用に必要な費用を上手に支払いましょう。

車検の費用はいくらかかる?

車検にかかる費用をスムーズに支払うためには、まずは全体でどれくらいのお金がかかるのかを、きちんと理解することが大切です。

車検の費用は高く付くことが多いですが、何かひとつの項目だけで多額の支払いが発生しているわけではありません。費用の内訳は大きく3つに分けられ、それらを合計して高い金額になっていることは、理解しておきましょう。

法定費用

法定費用とは、税金や保険料の支払いです。車検の方法は複数ありますが、どの方法で行う場合でも必要な費用で、金額も一定しています。法定費用は自賠責保険料、印紙税、自動車重量税の3つで構成されています。

自賠責保険料は、それぞれ以下のように決められており、車種ごとの違いはありません。

軽自動車 普通自動車
自賠責保険料 25,070円 25,830円

印紙税は1,100円なので、それほど負担は大きくないでしょう。車種ごとによって違いが大きいのが、自動車重量税です。自動車重量税は車両の重量によって決まり、安い場合だと6,600円、高い場合だと41,000円かかります。

また、エコカー減税がある場合は費用は安くなり、新車登録から13年目、18年目以降は増税と、費用が変化する点にも注意が必要です。車によって法定費用は異なりますが、これだけでも30,000~70,000円程度はかかるでしょう。

車検基本料

車検基本料は、業者に車検を依頼する際にかかる費用です。業者を利用する場合に必要な費用のため、自身で行うユーザー車検なら負担はありません。車検基本料は業者ごとによる違いが大きく、業者の区分によって費用は異なります。

車検を請け負う業者は、ディーラーや中古車販売店、カー用品店から、車検代行の専門業者など、数多くあります。このうち最も費用が高くなりやすいのがディーラーで、安く済むのが車検代行の専門業者です。

業者間によるばらつきはありますが、安い場合だと10,000円程度、高い場合だと10万円近くかかることも少なくありません。金額が高いほど手厚いサービスを受けられて、手間を省いて車検を更新できることが魅力です。

メンテナンス費用

車検は、法律で定められた保安基準に、適合するかどうかを検査する制度です。車検を更新するためには、当然ながら事前のメンテナンスが必要で、これにも費用がかかります。メンテナンスの費用は、利用する業者だけではなく、車の状態によって大きく変動します。

普段からこまめにメンテナンスをしているなら、車検時にそれほど手を加える必要もなく、最低限の整備だけで費用は安く済むでしょう。反対にほとんど手をつけていない場合、車検時にまとめて整備をすると、費用は高くなります。

故障箇所の修理から消耗品の交換まで、整備すべきポイントは幅広く、メンテンスの箇所が多くて品質にこだわるほど、費用は高くなると考えましょう。

車検の費用でローンは組めるのか?

車検では絶対に必要な法定費用や、業者を利用する場合の車検基本料、メンテナンスの費用などがかかります。高い場合だと10~20万円以上することもあるため、一括で支払うことは難しいと感じる人もいるでしょう。高額になりやすい車検費用は、ローンを組むことができるのか、支払い方法への理解を深めることが大切です。

マイカーローンを適用

結論からいえば、車検費用はローンを組んで支払えます。業者によっては、マイカーローンを扱っていることもあり、これを利用して車検費用を分割で支払うことが可能です。マイカーローンを組むためには、業者を利用する必要があるため、自身で行うユーザー車検では、ローン払いは適用できません。

もちろん、ユーザー車検でも事前メンテナンスの費用は、ローン払いにできることもありますが、業者ごとに対応は違うため注意が必要です。

クレジットカード払いも可能

車検費用をローンを組んで支払うためには、業者がローンを取り扱っていることが前提です。しかし、ローン払いの取り扱いがない業者でも、クレジットカード払いに対応している場合は、分割での支払いが可能なケースもあります。

クレジットカードの場合、分割払いだと金利が高くなってやや割高になりますが、一括で支払うよりは当面の費用負担は少なく済みます。どうしてもローンが組めない場合は、カード払いに対応していないか、確認するとよいでしょう。

車検費用でローンを組む際の注意点

車検費用はローンを組むことで、高額になっても負担を少なく支払えますが、一方で注意点も存在します。注意点を知らずにローンを組もうとすると、失敗する可能性もあります。ポイントを把握し、正しい理解を持ってローンを組むことが大切です。

ローンは条件が厳しい

マイカーローンなら金利も安く、分割払いにしてもそれほど負担は増えませんが、条件がよい分、審査の基準は厳しいです。ローンの申請を行っても、借り入れや返済の状況次第では、審査が下りないことも考えられます。その場合は、分割払いができない可能性もあるため、注意しなければなりません。

ローン払いができない場合は、クレジットカードでの分割か、現金での一括払いでの対応となります。万が一の際に備えて、一括で支払えるだけの現金は用意しておいたほうがよいでしょう。

法定費用がローンにできない場合も

車検にかかる費用は、大きく法定費用、車検基本料、メンテナンス費用に分けられますが、このうちの法定費用のローン払いに対応していない業者もあります。

業者によっては、法定費用は現金一括払いになることも頭に入れ、最低でも30,000~70,000円程度の現金の余裕は、持っておきましょう。

業者によって、法定費用までローンを組めるかどうかは違いますが、大手のディーラーなら基本的には全ての費用をローンにしやすい傾向にあります。反対にローカルな整備工場だと、ローン払いの対象範囲が狭かったり、そもそもローンを扱っていなかったりする可能性もあるため、利用先は慎重に選定しましょう。

車検でローンが組めないなら売却も視野に

ローンをあてにしていたものの、いざ申請すると審査が通らず、支払いに困るということもあるでしょう。高額な支払いの審査が通らなかったり、そもそも費用が高すぎたりする場合は、車検を更新せずに売却することもひとつの手です。

カーネクストで買取査定

カーネクストは、どのような状態の車でも査定をしてくれ、0円以上で買い取ってくれる保証があります。車検の有無や整備状態に関係なく、パーツ単位でも評価をしてもらえるため、ほとんどメンテンスをしていない車でも売却できます。

仮に車検が切れて公道を走れない場合でも、無料で引き取りにきてもらうことも可能です。費用が高すぎるなら手放すことも視野に入れ、少しでもお得に売却して利益を得ましょう。

参考:カーネクスト

車検の費用は前もって用意しよう

車検にかかる費用は高額になりやすく、10万円を超えることも珍しくありません。ローンを組んで支払うことも可能ですが、ローンの審査に通らなかった場合に備えて、最低限の現金は用意しておくことが大切です。

費用をスムーズに支払えるよう事前に準備をしておき、あまりにも高くなり過ぎるようなら売却も考えるなど、車の扱いをどうするか決めましょう。