車検を安く抑えるためには|誰にでもすぐできる方法を紹介

車を購入したら、定期的に課せられる費用があります。その最も大きなものとして、車検が挙げられます。常々、車検に組み込まれているさまざまな料金に対して「高い」や「必要ない」などという声が上がっています。

そもそも「車検」とはどのようなもので、いくらぐらいの費用が相場なのでしょうか。今回は車検費用の相場を紹介し、車検を安く抑える方法について解説します。

車検代の内訳と費用

車検のときに支払うものとして、「車検代」という決まったものはありません。税金として国に支払うものと、車検を行う業者に支払う料金を合計したものが「車検代」です。この「車検代」の内訳は、どのようになっているのでしょうか。

国に支払う公的費用

「車検代」のうち、国に支払うものには次のものがあります。この金額は、すでに国によって定められているので、割引されることはありません。

  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 印紙税

重量税は、自家用や営業用などの自動車の区分や、重量、経過年数に応じて課せられる税金です。2021年4月30日までは、エコカー減税が適用されている場合は免税になります。車種や年数により価格が違い、5,000円~75,600円とかなりの幅があります。

自賠責保険は、自動車を使用する者は、必ず加入しなければならない損害保険です。保険の加入期間は、1カ月~37カ月の間で、1カ月ごとに選択できます。わずかですが軽自動車だと保険料を安く抑えられます。

印紙税は、検査結果を届け出るための費用で検査手数料ともいいいます。車種によりますが、1,100円~1,800円かかります。

業者に支払う費用

車検を行った業者に支払う費用は、一般的に「基本料」として請求されます。車検の価格の違いは、業者に支払うこの基本料の違いからきています。

基本料として、検査料や各手数料、部品交換やオイル交換・補充などを、込みにしている業者もあれば、部品交換などはすべて別料金として請求している業者もあります。そのため、基本料だけで安いかどうかを判断することは、難しいでしょう。

車検の相場料金

車検代金は、技術や車検内容をはじめ、それぞれの業者によっても違いがあります。

ディーラー

ディーラーでは、各自動車メーカーに併設されている整備工場などで行うため、より精密な検査をします。そのため車検代金としては、ほかの業者に比べると高いことが一般的です。

ただし、すべてのディーラーに整備工場があるわけではなく、依頼したディーラーに整備工場がない場合は、ほかへ持ち込みで車検を行います。そのため、車検に数日かかる場合もあります。ディーラーでの車検代金は、一般的に70,000円から12万円が相場となっています。

整備工場

整備工場では、車検ではなく、故障車のメンテナンスなども行っているため、専門性や信頼性が高いです。また、車検の点検だけではなく、整備なども一つの場所で行うので、修理したい箇所があった場合は、ほかの業者よりも手間がかかりません。整備工場での車検代金の相場は、60,000円~12万円です。

カー用品店・ガソリンスタンド

大手のカー用品店やガソリンスタンなどは、整備工場を併設している場合が多いのため、普段利用している所で車検の申し込みができ、手間もかからなく便利です。また、それぞれにお得なプランも用意しています。費用はプランにもよりますが、50,000円~80,000円が相場となっています。

車検専門業者

車検を専門に仲介している業者の場合、直接整備工場を持っている所と、ほかの会社に委託している場合があります。そのため、車種によっては半日から数日かかる場合もあります。専門業者の車検代の相場は、50,000~80,000円です。

車検を安く抑える方法

車検代を安く抑えられる業者を探すのもいいですが、実はもっと安くなる方法もあります。

ユーザー車検を行う

最も安い車検は、やはり「ユーザー車検」でしょう。ユーザー車検は、車の所有者自ら点検・整備をする方法で、あらかじめ定められた検査項目に従って検査を受けます。各都道府県の運輸支局に車を持ち込み、検査を受けます。

検査自体は無料ですが、検査前に予備検査場で、予備検査を有料で受けられます。予備検査に通れば、本検査もスムーズに合格し、手続きの手間が少なくなります。なお、本検査は原則無料ですが、2回目以降は手数料がかかります。

ユーザー車検を行えば、通常業者に支払う手数料はかからないので、国に支払う税金などだけで済みます。重量1tのエコカー(50%減税)の場合、車検場に支払う代金は次のようになります。

車検費用=7,500円(重量税)+25,830円(自賠責保険・24カ月契約)+1,700円(検査手数料)=35,030円

業者に依頼して車検を行うと、車検基本料が別途かかり、業者ごとに金額が違います。参考までに、業者ごとの車検基本料を表にします。

業者 車検基本料の相場
ディーラー 40,000~50,000円
整備工場 20,000~30,000円
カー用品店 20,000~30,000円
ガソリンスタンド 10,000~25,000円

つまり、ディーラーで車検をすると、最高で40,000円多くかかってしまいます。

35,030円 + 40,000円 = 75,030円

この金額は、部品交換など一切ない場合の金額なので、別途修理などを行うと、さらに代金がかさむことになります。このように、最低限の費用で済むユーザー車検ですが、初心者には手続きが難しく手間がかかります。そのため、車の知識があまりない人にはおすすめできません。

サービスを利用する

業者によって、車検代に違いがあるほかにも、各業者が打ち出しているサービスを利用すると、さらに安くなる可能性があります。また、最近では、業者ごとの強みを生かしたサービスを設けている所も増えています。

例えば、カー用品店では、店限定のクーポン券や次回の車検代金を割り引くなどのサービスを付帯しているところも。またガソリンスタンドでは、車検申込み者にガソリン代を安く提供するサービスを、行っていたりします。

自分でメンテナンス

いずれの方法でも、車検代を節約するのには限界があります。そこで、自ら節約できる方法をお伝えします。それは、普段から車のメンテナンスをきちんと行うことです。

ライトやバッテリー、タイヤなどのチェック、できればエンジン部分のチェックも日常的に行うことで、車検時の部品交換などが省かれ、その分の費用が節約できます。

車検が面倒なら買い替えを

車検はお金も手間もかかり、一度だけではなく、その都度お金が必要になります。車検は、車を持つ人の義務なので、避けられません。どうしても同じ車に乗り続けたいのであれば、車検は一生ついて回ります。しかも車が大きければ大きいほど、車検代も高くなります。

買い替えも安く抑えたい

車検前の車を売るといっても、できるだけ好条件で売りたいものです。しかし、タイミングが悪ければ、予想以上に安くなる可能性もあります。だからといって、ずるずると機会を狙っていると、車検の時期が来てしまいます。

車検の前に買い替えると決めているなら、早めに売却価格の相場を調べておくとよいでしょう。また、実際に複数の業者に、査定を依頼してみるとよいです。その際には、一度に複数の業者に査定依頼ができる方法があります。「カーネクスト」は、全国1000社以上の自動車関連会社と提携を結んでいて、査定も無料で一括依頼ができます。

参考:カーネクスト

多くの情報を得て車検業者選びをしよう

車検は国が定めた法的な義務であり、ほとんどの人は「どこに頼んでも料金はほとんど同じ」と思っているかもしれませんが、実は業者によってかなりの違いがあるのです。さらに、提示される諸経費以外にもお得なサービスが付帯される場合も、多くみられるようになりました。

このような「お得」情報は、自ら収集することが大切です。その最も簡単な方法は、できるだけ多くの業者から見積もりをとることです。その際、一度に複数の業者の見積もり依頼できるサイトを上手に活用し、車検が安く済むお得な業者を探しましょう。