外車の車検費用を節約したい|高くなってしまう理由も徹底解説

国産車から外車に乗り換えて車検を受けたときには、前よりも費用が高くなることがあります。それには、明確な理由があるため、本記事で詳しく解説していきましょう。

また、その車検費用を節約する方法や、外車はどこで車検を受けるべきなのかも、取り上げていきます。外車に乗っている人や、これから買い換える予定の人は、本記事を活用して無駄な出費を減らしてください。

外車の車検が高い理由とは

外車の車検費用は、国産車よりも高くなってしまいます。その理由は、部品代が高くなってしまうことや、研修費用が上乗せされているためです。なぜ車検費用が高くなってしまうのか、その明確な理由を知り、節約にいかしましょう。

部品代がかかる

外車の部品費用は、どうしても高くなってしまいます。なぜなら、海外から部品を取り寄せることになるためです。また、部品が足りないというリスクを回避するために、それなりの量が必要です。もちろん、それらを管理するためにも、費用がかかります。

その他のコストも上乗せされている

外国から取り寄せる部品代だけによって、車検費用が高くなるわけではありません。ほかにも、研修費用が上乗せされている可能性があります。

海外の自動車メーカーは、新しい車をリリースするごとに、研修を受けなければなりません。そのため整備する人も、営業する人も研修を受けることになります。もちろん研修するためには、さまざまなコストがかかります。

ほかにも、各メーカーのブランド代や、正規ディーラーを作るために、土地の費用がかかることもあるでしょう。もちろん、車検を受ける場所などによっては、費用を節約することが可能です。

外車の車検費用を節約する方法

車検費用を節約するためには、どうすればよいのでしょうか。まずは、車検にかかる費用の中で、どの部分であれば節約できるのかを知りましょう。また、車検にはさまざまな種類がありますが、コストを抑えたいのであれば、ユーザー車検がおすすめです。こうした外車の車検費用を節約する方法を、詳しくみていきます。

法定費用は節約できない

車検には、車種や重さで決定される種類の費用があります。自動車重量税や検査手数料、自賠責保険の3つに関しては、節約できません。どこで車検を受けても、費用は変わらないものです。しかし、ほかの費用はこうした法定費用とは異なり、車検の種類や受ける場所によって、節約できます。

厳密にいえば、部品代や整備代はコストを抑えられる費用です。修理しなくてもよい部分は、あとで修理すれば、車検費用の節約が可能です。また、カー用品店や民間工場で車検を受けた場合、別の場所よりは安い傾向にあります。

ユーザー車検がおすすめ

自身で車検する「ユーザー車検」は、人件費などを抑えられるため、車検費用の節約につながります。もちろん、慣れていないうちは難しいかもしれませんが、書籍やネットなどで手順を調べられるので、できるだけコストを抑えたい人は、ユーザー車検を選びましょう。

ただし、国産車でのユーザー車検に慣れている場合でも、外車は作りが異なるので、いつもどおりに車検をしても、再検査になってしまう可能性があります。この点に関しては、注意しておきましょう。

外車の車検はディーラーに依頼してしっかり検査を

「信頼できる」「しっかりと見てもらえる」などを理由に、車検をディーラーに依頼する人も多いのではないでしょうか。もちろん、外車もディーラーに依頼はできますが、メリットとデメリットがあります。それぞれを詳しく解説していきましょう。

コストが高くなってしまう

ディーラーでの車検は、どの種類よりも、費用が高くなってしまうデメリットがあります。その分、しっかりと検査してくれるのですが、費用を抑えたい人には向きません。愛車を信頼できる人に任せたいという人は、ディーラーをチョイスしましょう。

安心して車検を任せられる

ディーラー車検のメリットは、しっかりと自動車をチェックしてくれるだけでなく、外車について熟知しているからこそ、安心して車検を任せられることです。外車は、そもそも国産車と異なった作りをしているため、専門的な知識を持っているディーラーに依頼したほうが、自動車の点検は確実でしょう。

「費用を安く済ませたい」「できるだけ綿密に整備してほしい」など、自分の目的によって、どの車検を選べばよいのか判断してください。

車検を通すのか買い換えるかを迷っているときは

基本的に、外車の車検費用は高いです。長年乗り続けている車の場合、車検を通すのか買い換えるかで、迷うこともあるでしょう。自動車は、車検が切れている状態でも手放せますし、業者によっては、旧式の外車も買い取ってくれます。上手に買い換える方法の詳細をみていきましょう。

優良買取業者を選定する

車検を通さずに、買い換えを決断した際は、まずは買取業者を選定します。査定依頼した際に、やけに対応が悪かったり、異常な金額を出してきたりした場合は、注意が必要です。また業者によっては、車検切れの自動車の引き取り料金を、請求されることもあるでしょう。

買取業者を選ぶ際は、ネットで口コミや評判もチェックしてください。複数の業者と比較すれば、その中から高い金額を出してきた会社を選ぶことが可能です。優良買取業者を見つけ、損のない売却を目指してください。

おすすめサービスはカーネクスト

どんな状態の自動車でも、買い取ってくれるサイト「カーネクスト」があります。カーネクストは、0円以上の買取保証をしていて、車種によっては高値で買い取ってくれる可能性が高いです。

動かせない自動車であっても、引き取り料金はかかりません。しかも、全国に対応。廃車に関する手続きも、すべて対応してくれます。まずは無料査定をして、どれぐらいの金額になるのか確認してみましょう。急いで手放したい人は、無料のフリーコールを利用して、相談してください。

参考:カーネクスト

外車車検費用を安くするために工夫しよう

外国から取り寄せる部品代、自動車に関連する研修費用などによって、外車の車検代金はどうしても高くなってしまいます。節約するためには、車検費用の内訳を理解しておきましょう。法定費用と呼ばれる税金や保険料などは、費用を抑えられないので、別の部分で節約することになります。

車検を受ける場所や、やり方次第では外車車検費用を安くできます。カー用品店や民間工場での車検、ユーザー車検は、ディーラーよりも安いです。しっかりと愛車を点検してほしいという人は、費用が高くなってしまうものの、ディーラー車検をおすすめします。目的に合わせて、車検の種類を選択しましょう。