車検のときの車の荷物は?降ろすべきかどうかを決める基準を解説

車検のときに、後部座席に荷物をたくさん積んでいる場合は、どうしたらよいのでしょうか?片付けることも面倒ですし、かといって盗難などにあっても困ります。

今回は、車検のときに荷物はどうするべきか、また車検が面倒な場合の対策について取り上げます。基準はありませんが、ある程度の決まりはあるので、その点を深く知っておきましょう。

車検のときに荷物は降ろすべきか

車検のときに、荷物を降ろすべきか考えてみましょう。荷物の量にもよりますが、事前に業者と相談してもよいでしょう。

少量であれば積んだままでOK

少量の荷物であれば、特にそのまま載せておいても問題はありません。ただし重量のある車や、商用車のように荷物の重量が、車検に影響を与えるようなケースでは、降ろすように指示をされることがあります。また、ブレーキなどの効き具合や、車両のバランスに影響を及ぼすようなケースも、降ろすように促されます。

したがって、できることなら荷物は降ろし、家で保管をしておくか代車に乗せ換えましょう。アウトドアなどを趣味にしていると、荷物はかなりの多さになりますが、車検の障害になるので、降ろせるものは降ろしておくべきです。

さらに、トランクにも同じことがいえます。トランクに重い荷物が乗っていると、車検の障害になるケースもあるため、業者の指示に従うようにするとよいでしょう。

どうしても積んでおきたい場合は相談する

どうしても積んでおきたい荷物がある場合には、業者に相談するとよいです。その際には、もし荷物が紛失や破損した場合には、どうするかも決めておきましょう。多くのケースでは、持ち主側が負担することになるはずです。

例えば、セダンタイプで施錠がしてあっても、キーは相手に渡してしまうので、トランクにあったものがなくなるケースも考えておかなければなりません。車検においては、荷物が乗っていることのメリットはないので、降ろせる荷物なら降ろすことを考えておきましょう。

いずれにしても、車検をする業者と綿密に話をして、指示を仰ぐとよいです。車のバランスに、影響を与えるものが積んであるかどうか、普通の車検業者なら確認をされるケースが多いでしょう。この辺のガイドラインは、車検の業者によってかなり異なるようです。

車検時の適切な荷物の置き場所は

車検のときには、車に乗っている荷物はどこに置けばよいのでしょう。例えば装飾品などがありますが、できるだけ取り外して自宅で保管することで、業者も作業がしやすくなります。

ぬいぐるみや装飾品は自宅で保管する

フロントにぬいぐるみ、あとはフロントガラスにつけている装飾品等、これらは業者が車内を清掃する際に、邪魔になる可能性が高いです。車内の清掃をきれいに仕上げてほしいなら、これらの荷物は取り外して、自宅で保管しておきましょう。

もちろん、貴重品やそれに該当するものは、必ず自宅で保管をします。おそらく、業者に車の引き渡しのときにチェックされますが、時間の関係もあるので、取り外せる装飾品は取り外しておきましょう。

ある程度、高値のものでつけておいてよいものは、カーナビぐらいです。そのカーナビも、不安なら取り外しておくとよいです。または、業者に相談して扱いの責任等を取り決めておきましょう。

車をきれいにしてもらいたいのであれば、できるだけ装飾品は取り外しておくと、業者もやりやすいです。それ以外のケースでは、業者に相談して取り扱いを決めておきましょう。

チャイルドシートは代車に付け替える

チャイルドシートは軽量のため、車検のときにつけたままでも影響はありません。しかし、代車に子供を乗せる際に、チャイルドシートがないと困るので、代車に付け替えておくことをおすすめします。

特に出かける予定がないという場合でも、病気など緊急で、子供を乗せなければならないケースも考えられます。いろいろなケースを想定して、チャイルドシートは付け替えておきましょう。

ただし代車を借りない場合は、チャイルドシートはそのままでも構いません。ほかの重い荷物だけは降ろして、チャイルドシートはそのまま置いておきましょう。検査等に影響を与えないので、業者から指摘されることもありません。代車の使用状況を踏まえ、チャイルドシートの扱いを決めるとよいです。

車検時に荷物を積んだままにしておくリスク

荷物を積んだままで、車を車検に出した際のリスクを考えてみます。具体的に把握して、荷物はどうすべきかを判断しましょう。

検査に影響が出る

車は、ある程度の重さには耐えられるようにできていますが、重い荷物を積んでいることで、検査結果に微妙な影響を与えることもあります。例えば、左右のブレーキのきき具合が変わったり、車高が低くなったり、車の傾きが変わったりするなど。場合によっては、それで検査に通らないこともまれにあります。

おそらく、検査に通らないほどのケースでは、業者から荷物を降ろすように指示されるでしょう。そのため、できれば時間のあるときに、重い荷物は降ろしておいたほうがよいです。

盗難される恐れがある

車検場には、不特定多数の人が出入りをするため、荷物を盗難されるケースも考えないといけません。多くの車検を請け負う業者は「盗まれて困るものや、損害になるものは降ろしてください」と言うはずです。セダン型のトランクでもキーを渡しているので、トランクの中のものを盗もうと思えば簡単に盗めます。

したがって、貴重品は全て降ろし、自宅か代車に保管することをおすすめします。できるだけ、荷物は降ろしておくことが車検のマナーです。

車検を通すのが面倒なときの対策

乗っている車が古くなり、そもそも車検に通すことが面倒になったというケースもあるでしょう。そんなときに、どうすればよいのか知っておきましょう。

使わない車ならとりあえず保管しておく

車検が切れてしまった車は運転できませんが、自宅に保管して物置きとして使用できます。その際に、まだ乗る予定があるなら一時抹消登録を行い、もう乗る予定がなければ売却するか解体して、永久抹消登録を行います

不要な車ならカーネクストに買い取ってもらう

車が不要であれば、売れる業者に売ってしまうのがベターでしょう。カーネクストなら、壊れた車や車検の切れた車でも買取してくれます。廃車にかかる費用や、引き取りのときのレッカー代も無料なので、車検を通さない車を処理したいときには、カーネクストを利用してみましょう。

参考:カーネクスト

マナーを守って気持ちよく車検を受けよう

基本的に車検の際は、車の荷物は降ろしておくことがマナーです。降ろせない場合には、業者に相談するなどして対応してみましょう。

さまざまなリスクを考えると、自宅や代車に乗せて保管しておくことがベターです。業者の手間などを考えると、装飾品など事前に取り外しておき、スムーズに受け渡せるようにするとよいです。マナーを守って、お互いに気持ちよく車検を受けるようにしましょう。