車検は毎年受けるのか|タイミングや高額費用のリスクを解説

自動車所有者は、車検を受ける決まりがあります。車検は、自動車の安全性の確保や公道走行において、無視できないものです。そんな車検は、毎年受けるスケジュールにはなっていません。普通自動車などであれば、数年に一度、車検を受ける規則になっています。

この記事では、車検を受けるタイミングについて紹介します。あわせて、高額費用のリスクがあるパターンなども取り上げていきましょう。「車検についてほとんど知識がない」「はじめて自動車を購入した」という人などは、車検時期を知り、車検切れを未然に防止しましょう。

車検を受けるタイミングとは

車検時期は、自動車の種類によって異なります。自家用車であれば、2年ごとが基本です。旅客運送事業用自動車などにおいては、毎年受けなければなりません。こうした車検を受けるタイミングについて詳しく見ていきましょう。

自家用車の車検は10年過ぎても2年ごと

かつては、新車登録後、10年経った自動車は、毎年を車検を受ける決まりがありましたが、現状ではそうではありません。普通自動車や軽自動車の場合、初回は3年、次回以降は2年ごとに一度車検を受けます。

自動車がどのような状態であっても、このスケジュールは変わりません。車検満了日は、車検証やフロントガラスに貼り付けるステッカーに記載されています。

一部の車は初回から毎年車検

普通自動車や軽自動車は、2~3年で車検を受けなければなりませんが、一部の車は、毎年車検を受ける必要があります。バス、タクシー、トラックなどの貨物自動車などは、毎年車検する種類です。

8t未満の貨物自動車は、初回は2年ですが、次回以降は、毎年です。こうした自動車の種類によって車検のタイミングが異なることも頭に入れておきましょう。

中古車でも車検のタイミングは変わらない

新車だけではなく、中古の普通車なども、車検のタイミングは、2~3年です。旧式の自動車であっても、走行距離が多すぎる車も、車検のタイミングは同一です。

昔は、10年経過した自動車に対して、毎年車検が求められましたが、1995年に法律が改正されました。そのため、現状は、中古車でも車検のタイミングは変わりません。

車検と点検で毎年ディーラー通い

自動車所持者は、車検だけではなく、法定点検を受ける必要があります。法定点検には、12カ月点検と24カ月点検という種類があります。これらを受けることは、義務化されています。

点検項目は、自動車が故障することなく走行可能なのか確認するものです。車検は、公道を走っても問題ないのかチェックするため、法定点検とは別だと認識しておきましょう。

古い車は車検で高額費用のリスク

昔から乗っている自動車は、車検で費用が増えてしまう恐れがあります。税金などの法定費用は、年式などほとんど関係ありませんが、部品交換費用などがアップしてしまい、トータルコストは高くなりがちです。こうした古い車は車検で高額費用のリスクがあるのか解説していきましょう。

車検の法定費用は車の古さで変わらない

車検はさまざまな業者で受けられます。ディーラー、カー用品店、専門店、整備工場など、それぞれに特徴があります。こうした業者のどこで車検を受けても、変わらない費用があります。それは、法定費用です。

税金や保険料が法定費用となり、車種や自動車の重さなどによって決まります。この法定費用は、基本的には、車の古さは無関係であり、金額が上下することはありません。

車検を通すため部品交換が増える

ずっと乗っている自動車は、各パーツの劣化が進んでしまいます。そして、部品の不備は、車検を通らなくさせてしまいます。そのため、部品交換は、必ず対応しなければなりません。

もちろん交換するためには、費用がかかります。古ければ古いほど、あるいは、部品の数が多ければ多いほど、費用はアップし、高額になってしまうリスクがあります。

点検を怠っていると故障の負担がアップ

車検だけではなく、法定点検を疎かにしていると、割引サービスなどを受けられないデメリットがあります。法定点検を受けないと、ペナルティが発生するわけではありませんが、メーカー保証などがなくなる可能性もありますので、受けた方が良いです。

もちろん、故障している状態の自動車の走行は、事故を起こしてしまうリスクがありますので、法定点検も受けるようにしましょう。

車検に出さないのなら廃車買取

自動車の状態によっては、車検を受けずに廃車買取がおすすめです。一部の業者であれば、廃車に関する費用を抑えられます。今乗っている車を手放したいのであれば、廃車買取業者に依頼しましょう。

廃車費用の負担を減らせるメリット

自動車の廃車手続きには、さまざまな費用がかかります。ディーラーに依頼したとすれば、廃車に関連する費用が数万円かかり、出費が増加してしまいます。

廃車買取業者の中には、この費用が無料であり、しかも、自動車を高値で買い取ってくれる可能性もあります。廃車買取業者選びを慎重に行い、費用負担を減少させましょう。

おすすめの廃車買取はカーネクスト

廃車買取業者の中でオススメなのは、カーネクストです。カーネクストは、事故車、旧式車、不動車、車検の切れた自動車であっても、0円以上の買取保証を行っています。それだけではなく、車種によっては、高値での買い取りも夢ではありません。

さらに、レッカー代、解体費用、書類代行費用、査定がすべて無料です。査定依頼も、簡単に手続き可能です。海外に広がる販路を持ち、パーツごとに再利用しているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。しかも、レッカーは、日本全国に対応しています。

所有している車を早く手放したい人は、フリーコールで相談しましょう。年中無休の受付ですので、いつでも電話できます。査定も、メーカーや車種などを入力するだけの簡単申し込みです。

参考:カーネクスト

自家用車なら毎年車検は必要ない

車検は、自動車所有者が受けなければならないものです。車検切れした自動車は、公道を走れません。もし走行した場合、免許停止などの大きなペナルティがあります。車検の有効期間は、車検証などに記されていますので、必ず確認しましょう。

そんな車検を受けるタイミングは、2~3年ごとです。自動車の種類によっては毎年受ける必要がありますが、自家用車であれば、数年ごとです。もちろん、新車でも中古車でも、このタイミングに変更はありません。

旧式の自動車に乗っている場合は、車検コストが上がる傾向にあります。なぜなら、部品交換などをしなければならないからです。昔の車は、各パーツが劣化しているリスクがあります。いずれにせよ、自家用車は、毎年の車検は不要です。車検のタイミングを知り、受け忘れには注意しましょう。