車検時のマフラーの適合基準|環境や健康に配慮した車に乗ろう

車好きの人ならマフラーをカスタムして、見た目をよくしたりエンジン音を楽しむ人も多いでしょう。しかし、近年、環境保全のため排気ガスの規制が年々厳しくなっています。

そのため、車検をクリアするにも保全基準を満たしたマフラーを装着する必要があります。ここでは、車検をクリアできるマフラーとはどのようなものか。マフラーの役割を考えながら選び方を見ていきたいと思います。

マフラーの役割

車のマフラーは、エンジンから伸びる排気ガスを排出するための部品のことを言います。車の下部に装着されており、エンジンからでる高温・高圧の排気ガスの温度と圧力を下げたのち、無害化して排出するための部品です。

排気ガスは高温で高圧のままで排出すると膨張のため大きな音が発生するのですが、マフラーにはこの排気音を下げる役割もあります。そして、トルクや出力の調整を行い加速性能を調整する役割もあります。

マフラーは、環境や健康を守るためには必要なものです。そのため、マフラーを装着していない車は法令違反となり、公道を走行することはできません。

車検のマフラーに関する検査基準

排気ガスは、地球温暖化の原因となるため、年々自動車の排ガス規制は厳しくなっています。マフラーには排気ガスの放出の際の騒音の抑制や浄化などの役割があります。

マフラーに対する規制は年々厳しくなっている

国土交通省では、2018年11月に交換用マフラーの騒音規制の見直しを行いました。この規制では車種ごとに新車時の近接排気騒音が定められていて、交換用のマフラーはその値から+5dbまでに収めなければなりません。

走行性を高めるためや、見た目を変えるためにマフラーを交換するときには、この基準を満たさなければなりません。通常の乗用車でエンジンが車両後部にあるものならば95db、車両後部にエンジンがあるもの以外の場合には91dbが基準値となります。

この基準値を目安に新車は製造されており、車検証に記載された新車時の近接排気騒音から+5dbまでが許容値となります。

車検に通るマフラーの基準

マフラーは音、地上からの高さ、触媒の装着を確認します。

音量に関する検査基準

最近は爆音を鳴らしながら走行する車は減ってきましたが、車のエキゾースト音に魅力を感じる人も多くいます。しかし、車の騒音に関しては厳しく法令で定められていて、普通乗用車なら96db以下、軽自動車なら97db以下と決められています。

これらの音の基準も法令で定められています。そのため、車のエンジン音を楽しみたい人にとっては車検のたびにマフラーの基準を確認しなければならず、難しい状況が続いています。

取り付け位置に関する検査基準

マフラーは取り付ける位置も決められています。これは地面からの最低地上高が9cm以上である必要があります。マフラーは雨や雪による水分で劣化します。そのため、マフラーの性能を長持ちさせるためにも、必ず高さを確保してマフラーを装着する必要があります。

触媒に関する検査基準

エンジンをかけたときに発生する排気ガスには、一酸化炭素や窒素酸化物などの有害成分を含んでいます。それらの有害成分を除去する役割を担っているのが触媒です。

触媒は環境保全や人の健康を守るためにはとても重要なものです。触媒はそうそう劣化するものでなく、通常あまり交換される部品ではありません。事故などによる破損の際での交換がほとんどです。

触媒を交換することは可能ですが、触媒を外したままでは車検には通りません

車検対応のマフラーかどうか確認するには

装着しているマフラーが車検に通るかは、そのマフラーを購入する際に確認しておきましょう。通常、店舗で販売されているマフラーには、保安基準を満たしたものであるかどうかの表示がされています。表示には以下のようなものがあります。

  • 保安基準適合品
  • 車検対応品
  • JASMA認定品

これらの表示があるマフラーは車検を通る基準を満たして製造されています。ただし、保安基準適合品や車検対応品は、製造段階で車検基準を満たすレベルぎりぎりの製品が多く存在します。

そのため、装着後数年たっただけで基準値を超えてしまい車検が通らないことがあります。そのため、マフラーを選ぶときには、近接排気騒音のレベルを確認し低めのものを選ぶ必要があります。

なお、JASMA認定品なら保安基準適合品や車検対応品よりもはるかに厳しい基準で製造されています。そのため、数年経過しても車検を通るレベルを維持しているものが多く安心して利用することができます。

確実に車検を通すならJASMA認定品を選ぶとよいでしょう。

車検を通すか買い替えか迷っている人は

数回車検を通した車は、経年劣化もあり車検費用がかさみます。車検に高額の費用をかけるのなら、買い替えるほうがお得な場合もあります。

どちらがお得か考えよう

マフラーと同じように車のほかの部分も、年数がたつと劣化して故障個所が増えてきます。そのため、車検を行う際の費用が徐々に高くなる可能性があります。その場合、車検に費用をかけて乗り続けるか、車検前に車を売って乗り替えるか考える必要があります。

古い車にお金をかけて修理や車検を行いたくない、ほかの車に乗ってみたしなどの場合は、車検時は車を買い替えるよいタイミングとなります。しかし、買い換えるとなると当然、費用がかかります。買い替え費用を考えると車検を通す方が安くすみますが、車検を通しても修理に費用がかかり続ける場合もあります。

もし、車を売ってそのお金を新車購入費用に充てるのなら、早めに売却することで高値での売却につながる可能性があります。車は古くなるほど価格が下がります。そのため、いま乗っている車に不満を感じるのであれば、早めに売却して買い替えるほうがよいでしょう。

買い替える場合は最適な買取業者を選ぼう

車の買取価格は買取業者によって差がでることがあります。そのため、買取を依頼するときには、まず査定を複数の買取業者に依頼して価格を比較するとよいでしょう。また、買取業者によっては扱う車種が限られている場合もあるので注意が必要です。

事故車や動かなくなった廃車同然の車は、買い取りを行っていない業者もあります。しかし、カーネクストなら廃車するような車でも0円以上の買取を保証しています。事故車や廃車同然の車でも、修理をする高い技術を持っていることや修理できない車でも、使えるパーツを売る販路を持っているからです。

世界中に販売網があるため、あらゆる車種に対応しています。そして、廃車に関わる費用も全て無料で買い取りをしています。買い取りの際のレッカー代は日本全国どこでも無料です。そして、査定も無料で行うことができるので、買い替えを考えているのなら、カーネクストを利用してみてはいかがでしょうか。

参考:カーネクスト

マフラーの状態を確認して車検に備えよう

マフラーには保安基準があり、基準を満たしていないと法令違反になり車検に通りません。そして、マフラーの騒音基準や排気ガスの基準は年々厳しくなっています。

環境や健康を守るためにも、マフラーは保安基準を満たした適切なものを選びましょう。車検前には保安基準を満たしているかを確認し、車検に備えることをおすすめします。