バイクの車検を自分で通す方法|流れを知って当日スムーズに

初めてバイクを購入してから、車検の日が近づいて来たときには、どのようにすればよいのか迷う人も多いでしょう。バイクの車検は、車と同じ2年に一度となっています。

車検の流れや費用など、必要な準備を把握しておくことで、問題なくスムーズに車検を行えます。今回、車検の方法などもいろいろと紹介するので、比較をしてみて自分に合った車検を依頼しましょう。

バイクの車検の方法

車検を依頼する方法には、ディーラー車検・ユーザー車検があります。それぞれ違うので、比較をしてどこに車検を出すか検討してみてください。

ディーラー車検 費用はかかるが、その分バイクのトラブルや故障につながることを、早期発見できる可能性が高い
ユーザー車検 普段からバイクの点検や整備を行っている人であれば、ディーラーに車検を出さなくてもよい

ディーラー車検

バイク屋などの業者に頼んで、車検を通してもらうことを、ディーラー車検といいます。自分では、必要な書類とお金を払うだけで、整備などはやってもらうので、ユーザー車検よりは割高になってしまいます。

ただし、土日でも行っているので、平日に休みが取れないという人は、ディーラー車検に出すほうがよいでしょう。

ユーザー車検

バイクの知識に詳しい人であれば、ユーザー車検を行うのがよいでしょう。自分でバイクの整備点検をしますが、その際に車検に通らなかった場合は、パーツを購入したり、整備が必要になったりすることもあります。

また、陸運局にバイクを持ち込み、車検の手続きをしなくてはならないため、少々面倒ではあります。ディーラー車検に比べたら、安くなるというところがメリットです。

バイク車検にかかる費用

バイクの車検にかかる費用は、自賠責保険料、重量税、証紙代、印紙代は必ずかかり、その他車体の状況に応じて、整備代がかかることもあります。

自賠責保険にかかる費用

自賠責保険に加入していないバイクは、車検を受けられません。保険の料金は、自分が所有する排気量によって異なります。ちなみに250cc以下のバイクの場合、48カ月・60カ月という長期の契約が可能なので、
できるだけ長い期間で契約したほうが、よりお得になります。

加入期間 原付(125cc以下) バイク(125cc超~250cc以下) バイク(250cc超)
12カ月 7,500円 8,650円 8,290円
13カ月 8,560円
24カ月 9,950円 12,220円 11,520円
25カ月 11,780円
36カ月 12,340円 15,720円 14,690円
37カ月 14,950円
48カ月 14,690円 19,140円
60カ月 16,990円 22,510円

重量税にかかる費用

126cc以上のバイクは、届出時にのみ重量税がかかります。250cc以上のバイクの場合、新車登録時に3年分の重量税5,700円を納めなくてはなりません。また、2年ごとの車検時にも納付する必要があり、年数がたつほど金額が高くなります。

排気量 重量税
126cc〜250cc 4,900円
251~400cc 5,700円(新車登録時)
3,800円(登録後12年まで)
4,600円(登録後13~17年)
5,000円(登録後18年以上)

証紙代や印紙代などにかかる費用

車検時には、検査法人と国に手数料を支払う必要があり、それぞれ「自動車審査証紙」と「自動車検査登録印紙」で納入します。

法人に納付する自動車審査証紙は、新車を購入したときの初車検と、中古や二度目の車検では料金が異なります。実際にかかる費用は、自動車審査証紙代は1,300円で、自動車審査登録印紙は400円です。

ユーザー車検の準備

自分で車検を行うためには、手続きなどすべて行う必要があります。どのような準備が必要になるのかを学んでおきましょう。

車検の申込み

まずは住んでいる地域の陸運局に、電話かインターネットで、車検の申し込みをしなくてはなりません。しかし、平日しか受けられずに混んでいる日もあるので、余裕を持って早めに申し込むことが大切です。

126cc以上のバイクを購入したときは、ナンバーの取得手続きをする際に、自分が住んでいる陸運局の管轄に届出を出す必要があります。車検であれば、自分の住んでいる管轄の陸運局ではなく、全国どこでも受けられます

予約が完了したあとは、メールで予約番号が送られてきます。陸運局の窓口に行った際には、すぐに予約番号が出せるようにしておきましょう。

参考:自動車検査インターネット予約サービス

書類を揃える

ユーザー車検の際は、「車検証自動車納税証明書・自賠責保険証明書・車検証」が必要になります。万が一、納税証明書を紛失してしまった場合は、役所で再発行が可能です。自賠責保険証明書は当日現地で受け取るで、車検場についたら入手しておくようにしましょう。

下見をしておくとスムーズに

陸運局の中の検査場には、見学者用通路があります。初めて行う場合は、流れがどういうふうになっているのか下見をすると、当日はスムーズに車検を受けられるでしょう。

なにもわからずに、いきなり車検場に行くよりは、当日焦らずに済むのでおすすめです。また、下見のついでにわからないことを聞いておいたり、自賠責保険証明書を入手しておいたりするとよいでしょう。

車体をチェックしておく

事前に、灯火類の球切れはしていないか、ウィンカーの点滅ホーンが鳴るか、ナンバーがちゃんと見えるようになっているかを確認しておきます。そのほかにも、ブレーキのききが甘くないか、タイヤの溝があるかなど、整備できるところはしておくとスムーズに車検が行われます。

バイクのユーザー車検の流れ

車検の流れを知っておくことで、当日になって焦らずにスムーズに行えます。どのような流れがあるのかを、確認していきましょう。

当日の流れ

予備検査場に行き、整備すべき所がある場合は整備してもらいましょう。ここでは、ヘッドライトの調整を行ってもらうとよいです。一灯式ヘッドライトは約2,000円で、二灯式の場合は約3,000円で調整してくれます。

窓口に行き、必要な印紙や用紙を購入して書類を記入したあと、ユーザー車検窓口に行きます。手続き後に検査ラインで、検査をしてもらうというのが基本的な流れになります。

分からない場合は正直に言う

どのように車検場を回ればよいのか分からない場合は、案内の人がついてきてくれて、この先どうしたらよいのかを、手取り足取り教えてくれます。

初めてユーザー車検を受ける人はもちろんのこと、過去にユーザー車検を受けた人も前回の車検から数年経つと、忘れてしまうことがあります。検査の途中で次の工程が分からなくなると、検査の流れを止めてしまう可能性があります。そうなると、余計に時間がかかってしまうため、できるだけ教わりながら検査してもらいましょう。

車検を通すか買い替えか迷う人へ

バイク自体がすでに状態がよくなく、車検に出すとかなり高額になってしまうと判断したときは、買い替えも検討しましょう。今あるバイクを買い取ってもらい、新しいバイクに乗り換えることもひとつの方法です。

買い替えを検討するならよりよい業者を選ぼう

廃車しなくてはならないほどのバイクは、車検に出しても当然審査は通りません。また、廃車するのにも費用と書類が必要になるので、その場合はカーネクストに依頼することをおすすめします。

どのようなバイクでも0円以上で買取をしてくれて、無料で査定も行ってくれます。プロの業者なので、買い替えもスムーズに行えるでしょう。

参考:カーネクスト

初めてでわからない場合は下見ができる

どうしても初めて行う車検では、審査が通るかうまくいくのかという不安がよぎります。人は予測できないことに対して、極端に不安な気持ちになりますが、それを解消するためには一度下見をしておけばよいでしょう。車検場にはプロの作業員がたくさんいるため、どんどん質問をして、当日に向けて下調べしておきましょう。