車検前の整備項目とは|その詳しい内容やペナルティなどを解説

自動車を初めて買った人は、車検について理解を深める必要があります。なぜなら、自動車所有者は、車検を受ける決まりがあるためです。車検切れしてしまった自動車は、公道の走行は不可なので、通勤などで自動車を使用している人は、大きな痛手になってしまいます。

また自動車の状態によっては、必ずしも車検に通るとは限りません。そこでこのページでは、車検の際に整備したい部分などを、徹底解説します。併せて、車検と点検の整備の違い、整備を受けていない車を運転するリスクなどを紹介していきましょう。

車検時に整備しておきたい項目

車検を通す際に、最低限整備する項目は、エンジンとブレーキです。それぞれのオイル交換は、対応しておきましょう。また、ブレーキパッドも同様に、状態によっては交換してください。このような車検時に整備しておきたい項目について、深掘りしていきます。

エンジンオイルの交換

エンジンに必要なエンジンオイルは、放置しておくとトラブルが発生したり、本来長持ちできるものが、短命になってしまったりする恐れがあります。必ずしも、車検するときに交換していなくても構いませんが、定期的にチェックしておきましょう。

目安となる走行距離は5000kmで、時期で言えば6カ月ごとです。エンジンオイルの種類によっては、長持ちするので、オイルについて調べておいても損はありません。

ブレーキオイルの交換

ブレーキに欠かせないブレーキオイルも、整備しておきたい項目の一つです。ブレーキオイルによる不備は、ブレーキの効きに影響を与えます。そのため、定期的に交換しなければなりません。

目安となる交換時期は、2年に一度です。オイルが劣化すると、自動車走行が危険な状態になるため、車検時期に限らず、意識しておきましょう。

ブレーキパッドの交換

ブレーキパッドの取り換えも、重要なプロセスです。劣化している場合は、異音を発したりブレーキのききに、影響を与えたりします。新しい品は、10mm程度はありますが、劣化した場合は厚さが1mm以下です。

どれぐらい減っているのかは、車検では確認されませんが、放置しておくとブレーキにダメージを与えるので、注意が必要です。

車検と点検の整備の違い

自動車の車検とは別に、12カ月点検や24カ月点検があります。これらの違いについても取り上げていきましょう。両方とも自動車の安全性には欠かせませんが、目的が多少異なります。車検においては、ペナルティもあるので、しっかりと覚えておきましょう。

点検を行う目的

車検は、公道を走っても問題ないか調べます。車の部分ごとに基準があり、クリアすれば通ります。部品欠陥があったとしても、基準に引っかかることがなければ、問題ありません。

一方点検は、より安全性を重視しています。12カ月点検や24カ月点検という種類があり、それぞれで項目の数が違うものの、どちらも受けることは義務化されています。

受けていない場合の罰則の有無

自動車所有者が車検を受けることは、国によって定められており、車検を受けて基準をクリアしなければ、公道を走れません。車検切れした自動車の公道走行は、ペナルティもあるので、車検が切れたら乗らないようにしましょう。

点検においては、受けなければならないという決まりはありますが、放置しても、特別なペナルティはありません。しかし、安全性において問題のある自動車の走行は、非常に危険です。

車検整備を受けていない車を運転するリスク

車検を受けていない自動車を走らせた場合、具体的には、どのようなリスクがあるのでしょうか。まずは、罰金や違反点数の加点があります。保険も入っていない状態のため、万が一事故を起こした場合、自己負担額が大きくなることも懸念点です。

厳しい処罰が科せられる

車検を通していない自動車は、公道を走らせてはいけない車です。そのため、もし走行させた場合のペナルティは厳しく、罰金30万円以下、あるいは懲役6カ月以上です。

しかも、違反点数が加算され、免許停止がプラスされます。こうしたリスクを考えると、車検を無視してしまうと、無駄な出費や時間、手間がかかるだけです。

事故を起こしたら自己負担で賠償しなければいけない

車検を通す際は、必ず自賠責保険に加入します。この保険は事故に遭った際に、被害者の損害賠償が守られる内容ですが、車検切れではすべて自己負担になってしまいます。

しかも、この保険に入っていない場合でも、罰金や懲役、減点の処分はあります。このように、車検切れは自動車所有者にとってリスクは大きいですが、何も得することはありません。

車検の切れた車を有効に活用するには

車検切れした自動車は、どのように処分すればよいのでしょうか。おすすめなのは、解体業者に買取依頼することです。そうすれば、それほど価値のない自動車であっても、値段がつきます。ただし業者によっては、車の運搬費用などがかかるので、注意が必要です。

解体業者に買取を依頼する

車検の切れた車は、年式や走行距離によっては、再度車検を受けてさまざまな費用をかけるよりも、解体業者に買取を依頼したほうが、長期的には得する可能性があります。

しかも、解体業者によっては、どんな車でも買い取ってくれます。しかし、引き取り料金などを請求してくる業者もありので、会社選びは出費を抑えるためにも重要です。

カーネクストに買取を依頼する

おすすめの買取業者は、カーネクストです。車検切れした自動車だけでなく、古くて走行距離が多い車、動かない自動車であっても、買取が実現可能です。しかも、海外に広がる販路を持っているからこそ、0円以上の買取保証があります。

また、廃車に関連するレッカー費用、解体費用、引取り手数料なども、すべて無料の業者です。さらに査定依頼、廃車手続き代行、自動車税の還付手続き代行にも、費用は不要。レッカーが、全国に対応していることも嬉しいポイントです。

まずは、査定を依頼して金額を確かめましょう。急いでいる人や事前に相談したい人向けに、フリーコールもあります。

参考:カーネクスト

安全のために車検整備はしっかり受けよう

車検時に整備したい項目は、エンジンオイル、ブレーキオイル、ブレーキパッドです。それぞれの交換は、事前に対応しておきましょう。また車検だけではなく、12カ月点検や24カ月点検という重要な検査もあります。これらは車検とは異なり、義務化されながらも未対応に罰則はありません。車検切れには、さまざまな罰則があります。

車検は、決められたことではあるものの、自動車の安全性をキープするために無視できません。安全ではない車の走行は、事故を起こすリスクがあります。そのため、車検を受けるかどうかではなく、自動車の整備は定期的に行いましょう。もし車検を通さないのであれば、その車は業者に買い取ってもらいましょう。