車検時に借りる代車のガソリンに関するマナーと対処方法について

自動車を持っている人は、数年一度、必ず車検を受けます。車検では、業者に自動車を預けるため、通勤などで毎日使用している人は、代車を借りなければなりません。この代車には、ガソリンにおけるマナーがありますので、本記事でフォーカスして解説します。

ガソリンマナーを忘れてしまったケースや、もともとのガソリンの量を忘れた場合の対応方法にも触れていきます。代車を借りる予定のある人や代車のマナーについて理解を深めたい人は、ぜひ参考にしてください。

車検の時に借りた代車のガソリンについて

代車を借りた際に、ガソリンはほとんど入っていないこともあります。返却時は、使用した分のガソリンを補充しましょう。最初の段階でガソリンが少なすぎる時は、すぐに業者に伝えてください。こうした車検の時に借りた代車のガソリンの概要について解説します。

代車のガソリンは最低限の量しか入っていない

かつての代車は、ガソリン満タンの状態が基本でした。そして、代車を借りた側が満タンにして返却することも当たり前でしたが、年々代車を返す際に、ガソリンを補充しない人が増えました。

今では、ガソリンを少ない状態で貸し出すことも少なくありません。まずは、代車にはたいしてガソリン量がないことを認識しておきましょう。

返すときは使った分のガソリンを入れて返す

代車を返す際は、使用分のガソリンを補充しましょう。これは、最低限のマナーです。そのため、最初の段階のガソリン量を把握しておく必要があります。

業者によってはガソリン量を指定してくることがあり、その際は、無視することなく従いましょう。業者と長い付き合いのある人は、マナーを守れないと次回からの対応が変わってしまうかもしれません。

ガソリン代だけではなく、たとえば代車に傷をつけてしまった時も、基本的に費用は自己負担です。無駄な出費をしないように、借りた自動車は丁寧に扱いましょう。

代車のガソリンがあまりにも少ない場合は業者に伝える

ガソリンが足りずに、すぐに給油しなければならない代車も存在します。その際は、業者に必ず伝えましょう。業者に確認せずに、自身の判断で給油をすると、無駄な出費が増えるだけです。

業者にガソリンが少ないと伝えれば、すぐに対応してくれます。このように、代車にそもそも問題があった際は、速やかに業者に報告しましょう。例えば、車内の臭いが気になると告げれば、基本的には別の代車に交換してくれます。

車検の代車をそのまま返したらどうなるか

ガソリンを入れずに、そのままの状態で代車を返却すると、トラブルは発生するのでしょうか。まず給油するのかしないのかは、業者によって規則が異なりますので事前に確認しておきましょう。また、マナー違反は、業者との信頼関係が壊れる可能性もありますので注意が必要です。

そのまま返しても問題はない

車検の代車をそのまま返してもよいのかどうかは、業者により異なります。業者ごとにルールがあり、借りた側は、それぞれの規則に従わなければなりません。

もし、規則がないようであれば、そのままの状態で返却しても問題ないでしょう。最低限のガソリンしか入っておらず、走行距離が多くならなければ、使い切ってしまうこともありません。

業者との信頼関係が壊れる

マナーとして理解すべきことは、「使用分は給油する」ということです。業者は、使ったガソリンを返さなくても、何も言ってこない可能性があります。しかしながら、マナーを守れない人だと思われてしまうでしょう。

ルールだけではなく、マナーを守ることも重要です。業者と信頼関係が築け、後に車検や代車費用以上のサービスがもたらされるかもしれません。

入っていたガソリンの量を忘れた場合の対処方法

借りた段階でのガソリン量を忘れてしまった際は、どうすればよいのでしょうか。目安となるのは、「10km走行=1L」で、走行した分を補充してください。

ガソリンスタンドでは、補充するガソリン量の指定が可能ですので、その分の料金を支払います。もちろん車種によって多少異なりますが、忘れてしまった時の対処方法として覚えておきましょう。

車検費用が掛かりそうな場合は買い替えも検討する

大まかには言えば、代車のガソリン代も、車検費用の一部です。車検には、他にも税金や部品交換代など、さまざまな費用が発生します。そのトータルコストが高くなりそうだった際は、買い替えについても考えておきましょう。

早めに相談すれば高く売れる

年式や走行距離によって、自動車の車検費用は、高くなりがちです。長期的には、買い替えてしまった方が得する可能性もあります。買い替えを決断した際は、できる限り早めに売りに出しましょう。自動車の価値は、年々下落するものです。早めに売った方が高値になる可能性があります。

また、買い替えてしまえば、今乗っている自動車の車検費用はかかりません。新しい自動車を買うことで、新車の最新設備を満喫できることもメリットになるでしょう。もちろん、買い替えには、手続きや費用が必要です。そのため、中古車が高く売れるよう業者選びが重要です。

買取業者はカーネクストがおすすめ

ネットで調べれば、さまざまな買取業者を見つけられます。「どの業者がよいのかわからない」、「多すぎて選べない」という人におすすめしたいのがカーネクストです。グローバルに広がる販路を持つカーネクストでは、他の業者よりも、20万円以上高く売れたケースもあります。

また、どのような状態の自動車であっても、0円以上の買取保証を行っています。車検が切れてしまった車、動かない自動車、古すぎる車、走行距離が多すぎる自動車も対象です。車種によっては、高値査定も夢ではありません。

しかも、廃車に関連するレッカー代や解体費用、手続きの代行費用などもすべて無料です。レッカーは、全国に対応し、休日でも動いてくれます。まずは、無料査定に依頼しましょう。メーカーや氏名などを入力するだけで、あっという間に申し込みできます。

参考:カーネクスト

代車で使った分のガソリンは給油して返却する

車検時に借りた代車のガソリンは、あまり入ってない状態が基本です。返却する際は、使用分を補充しましょう。はじめの段階でガソリン量が少なすぎた場合は、業者に伝え、給油してもらってください。使った分を補充せずに返却した際は、業者のルールにもよりますが、マナー違反になり、印象はとても悪いです。

代車を借りる際、自動車のサイズやキズ、へこみ、運転方法の確認も重要です。乗り慣れていない自動車であれば、運転しづらいです。万が一、車を破損させてしまった場合、費用は自己負担になりますので、注意が必要です。返却する際、ガソリン補充だけではなく、キズもチェックしておきましょう。