軽自動車の自動車検査と費用を安く抑えるためのポイントとは

軽自動車は、普通自動車よりも、維持費が安いと言われています。昨今では、各メーカーから軽自動車がリリースされ、ファミリー層にも人気があります。このページでは、そんな軽自動車の車検についてフォーカスしていきます。

軽自動車検査の費用の相場や車検の流れ、費用を抑えるポイントなども取り上げていきます。軽自動車に乗り換えたばかりの人や、車検をはじめて受ける人などは、本記事を参考にして、車検をスムーズに進めましょう。

軽自動車の車検について

軽自動車も、普通自動車のように車検を受ける必要があります。最初の有効期限は3年であり、その後は、2年ごとに車検を行います。車検を通らなければ、公道を走らせることが不可能ですので、有効期限内に必ず受けるようにしましょう。

軽自動車も車検と登録が必要

軽自動車であろうと、普通自動車であろうと、車検は必ず受けなければなりません。公道を走らせる基準を満たしているのか、点検するのが車検です。最初に自動車を入手した際は、車検証を渡され、3年間の有効期限があります。

3年経ったら、その有効期限を延ばすために車検を受けなければなりません。ディーラー、民間整備工場、ガソリンスタンド、カー用品店など、さまざまな場所で受けられます。費用は、税金や保険料、点検代などがかかり、軽自動車は普通自動車よりも安めです。

車検の有効期間は車種によって異なる

軽自動車の車検は、最初の有効期限は3年、後は2年ごとです。軽自動車だけではなく、自家用車も同一の有効期限です。しかしながら、軽貨物自動車は初回が2年になっていますので、注意が必要です。

バスやタクシー、大型貨物車であれば、毎年車検を受ける決まりになっています。自動車の種類によって有効期限が異なることは、頭に入れておきましょう。

軽自動車検査の費用の相場

軽自動車の車検費用は、普通自動車よりも安値です。相場は、約5万~8万円程度です。もちろん、受ける場所によって異なりますし、自動車の状態によって変わりますが、10万円をオーバーすることはあまりありません。

車検の費用に含まれる自動車重量税は、車の重さによって税額が変わり、軽ければ安くなります。そして自動車重量税は、どの業者に依頼しても税額は同一です。13年以上乗っていると税金は上がってしまいますが、長期間乗らなければ税額を抑えられます。

税金や保険料以外に必要な点検整備代は、車検を受ける場所によって異なります。ディーラー車検がもっとも高く、民間整備工場やガソリンスタンドなどであれば、ディーラーよりも安値で済ますことができます。

車検の流れ

軽自動車の車検を受ける前には、まず見積もりを取ります。そして、車検日を予約することが基本です。当日は、自動車を持っていき、必要書類を渡しましょう。車検をスムーズに進められるよう、流れについて理解を深めておきましょう。

車検の見積りを取り予約をする

まずは、車検費用がどれぐらいになるのか、業者に見積もりを出します。事前に予約して、自動車を業者まで運び、点検項目をチェックしてもらいます。見積書の内容を見て、問題がなければ、今度は車検を予約します。見積書の内容に違和感があった際は、業者に質問して事前に問題を解決しておきましょう。

必要書類を渡し入庫

予約した当日、車検場所に向かいます。そして、受付では、必要書類のチェックがあります。

  • 軽自動車検査票
  • 継続検査申請書軽第3号様式、もしくは軽専用第2号様式
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車損害賠償責任保険証明書、もしくは自動車損害賠償責任共済証明書
  • 定期点検整備記録簿
  • 軽自動車納税証明書

これらの確認が終わり次第、点検が始まります。車検が終わる時間は、業者によって異なります。長ければ数日かかることもあるでしょう。短ければ、数時間で完了します。

車検を安くするためのポイント

車検費用を抑えるためには、いくつかコツがあります。定期的にメンテナンスすること、見積もりを取った際に必要のない作業は断ること、ユーザー車検を選択することです。こうした車検を安くするためのポイントを解説していきましょう。

日頃からメンテナンスを欠かさない

メンテナンスをほとんど行っていない自動車や旧式の車は、車検費用が高くなりがちです。なぜなら、部品を交換したり、修理する場所が多くなってしまうからです。自動車の年式によっては、メーカーからの部品供給が終了していることもあります。メンテナンス費用を抑えるために、小まめに点検しておきましょう。

必要のない作業を断る

車検の見積内容には、不必要な作業料金が組み込まれている可能性もあります。例えば、スチーム洗浄が1つの例です。スチーム洗浄は、自動車の汚れを落とす作業ですが、車検を通る・通らないとは関係ありません。他にも、ワイパーやバッテリーの交換、下回り塗装などは、断っても問題ありません。

ユーザー車検をする

費用をもっとも抑えられる車検の種類は、ユーザー車検です。ユーザー車検は、自身で車検を行い、必要なのは税金などの法定費用の支払いのみです。しかしながら、整備などの知識がある人でないと、難しい種類でになるでしょう。不安な人は、しっかりと点検してくれる業者に依頼することがおすすめです。

車検に費用がかかりそうなら買い替えもおすすめ

古い年式で、長年乗り続けている自動車は、どうしても車検費用が高くなります。そのため、自動車の状態次第では、買い替えがおすすめです。早めに業者に依頼すれば、高値での売買も夢ではありません。また、買取業者の選定も非常に重要なプロセスです。

早めに相談すれば高く売れる

車検費用が高くなり、長年乗り続けられそうにない自動車を持っている人は、買い替えてしまうのも1つの方法です。無駄な維持費を削減し、新しい自動車で、最新設備やトライブを満喫してください。今まで乗っていた車を売却する際は、早めに売りに出しましょう。自動車は日に日に価値を下げてしまいます。

買取業者はカーネクストがおすすめ

グローバルな広い販路を持ち、0円以上の買取保証を実現しているカーネクストは、おすすめの買取業者です。状態や車種によっては、別の会社よりも、20万円以上高値で引き取ってくれることもあります。しかも、全国に対応しているレッカー代、各種書類代行、査定など、すべて費用がかかりません。

走行距離が多すぎる自動車、車検が切れて動かせない車、旧式車、事故車など、どのような状態の車両も0円以上の買取保証です。年中無休のフリーコールもありますので、すぐに手放したい人は、電話で相談してみましょう。

参考:カーネクスト

軽自動車も車検が必要で費用は車検を依頼するところで異なる

軽自動車も、普通自動車と同様に車検を受けることは必須です。初回有効期限は3年、以降は2年ごとに受ける決まりがあります。軽自動車は、他車両と比較して、車検費用は高くありません。ユーザー車検であれば、法定費用のみの支払いになるため、さらに費用を抑えることが可能です。

車検を安くするためには、日頃からメンテナンスを欠かさないことがポイントです。また、見積もりの際、洗浄やパーツ交換などの車検に必要のない作業は断ることで、さらに安く抑えることができます。業者によって費用にバラつきがありますので、事前にしっかりと調べて、無駄な出費を抑えるようにしましょう。