1日車検のサービス内容とは|全体の流れや費用などをご紹介

新車登録なら3年後、それ以外の場合は2年ごとに車検を受けなければなりません。車検は手間もお金もかかるため面倒に感じる人は多く、できるだけ早く済ませたいと考える人がほとんどでしょう。

通常車検を終えるにはある程度の期間が必要ですが、実はやり方次第で素早く完了させられます。1日車検の内容を知り、スムーズな車検の更新を目指しましょう。

1日車検の仕組み

1日車検とは、その名の通り1日で車検の更新が完了するサービスです。通常車検を通すには、事前検査やメンテナンスをし、そこから保安基準に適合するかの検査を行うため、1~2週間程度、早くても複数日かかります。

しかし、1日車検の場合は、車を預けて当日中に全ての工程を終え、手元に車が戻ってきます。基本的には朝の早い時間から持ち込みをしなければなりませんが、早い時間から行うほど、帰ってくるスピードも速いでしょう。

朝一番で持ち込み、早ければ当日の昼間、遅くても夕方くらいに車検が終了して引き取りというのが、基本的な流れです。時間がない人、車検に手間をかけたくない人にはおすすめのサービスです。

1日車検の受け方と費用

1日車検は、車検更新に時間をかけたくない人にとっては有用なサービスですが、どのように受けるのか分からない人もいるでしょう。車検は時間がかかるものとイメージする人は多く、利用している人はまだまだ少ないのが現状です。

また、1日車検のサービス自体があまり浸透していないだけに、費用面での心配をする人も多くいます。もともと、車検更新には費用がかかることが多く、場合によっては10万円以上もの高額になるケースもあります。車検の受け方から費用までを把握し、スムーズに1日車検を利用しましょう。

1日車検を行なっている車検業者に依頼

1日車検は業者が提供しているサービスのため、まずは実施する業者を探さなければなりません。車検を請け負う業者は多いですが、全ての業者が1日車検を実施しているわけではないため注意が必要です。

業者の選択肢はディーラーや整備工場、カー用品店、ガソリンスタンドなどが挙げられますが、1日車検に対応しているのは、カー用品店やガソリンスタンドが多いです。整備工場でも一部請け負っている業者もありますが、ディーラーは基本的には時間をかけた車検しかやっていないと考えましょう。

また、車検の更新に特化した車検専門業者も、1日車検を実施していることが多いです。サービスを提供する業者から探さなければならないため、通常の車検よりは選択肢は若干狭くなってしまいます。

1日車検の流れと時間

1日車検は、「事前に見積もりをする場合」と「当日一気に行う場合」の2パターンに分けられます。事前に見積もりをする場合は、まず見積もりの予約を取り、その後車の状態を見て、詳細なスケジュールの確認を行います。

その後、見積もり時に決めた日に車を預け、当日に簡単な検査や整備を行い、車検を更新して終了です。車検自体は1日で終わりますが、見積もりの日程も併せると、全体で最低2日かかることは理解しておきましょう。当日一気に行う場合は、車検の予約だけ先に済ませ、予約日に車を持ち込みます。

その後事前見積もりをした場合と同じ工程で作業を進め、車検を更新します。当日まとめて行う場合でも見積もりは取れますが、時間が限られているため簡易的になることは理解しておきましょう。当日一気に行うなら、文字通り1日で車検が更新できます。

費用の目安

1日車検にかかる費用は、車の状態や業者が提示する基本料金によって変わります。車ごと、業者ごとに差が大きいため注意が必要ですが、業者の手数料だけで考えるなら1~3万円程度が目安です。これに整備の費用や法定費用がプラスされるため、5~7万円程度は予算を見ておいたほうがよいでしょう。

軽自動車で法定費用が安い場合や整備がほとんど不要な保安基準に適合している状態であれば、最低限のコストで済む上に費用も安いです。

1日車検のメリットとデメリット

1日車検は手間をかけずに車検の更新が完了するため、魅力的なサービスだと思う人は多いでしょう。確かに魅力的で、利用するメリットもありますが、反面デメリットもあるため注意が必要です。1日車検を本当に利用すべきかは、車検に何を求めるか、あるいは車がどのような状態にあるかによって異なります。

人によってはデメリットのほうが大きくなる可能性もあるため、注意しなければなりません。メリット・デメリットの両面を知り、自分にとってはどちらが大きくなるかを考えることが大切です。

1日車検のメリット

1日車検のメリットは、車を預けてから車検を更新するまでのスピードにあります。通常複数日かかる手間が1日で素早く終わるのは最大のメリットで、時間がかからないため代車を借りる必要もありません。また、メンテナンスも多少は行いますが、必要最低限のものに限られるため、通常より費用も抑えやすいでしょう。

車の状態によっては費用が高くなることもありますが、それでも素早く終わる点は確かで、それだけでも十分なメリットです。

1日車検のデメリット

1日車検でも簡単な整備は業者でやってくれますが、メンテナンス可能なのはごく些細なことに限られます。そのため、基本的には車検に出す前に自身で車を整備しておかなければならないのはデメリットでしょう。車検の更新自体は素早く済みますが、それ以前の段階で時間や費用がかかることも多いです。

また、1日車検に出した場合でも、必ずしもすぐに車検が更新できるとは限りません。業者に預けてから不具合が見つかり、それがすぐに直せない場合は、当然更新までに時間がかかります。状態をある程度整えておかなければならないため、事前準備に苦労しやすい点はデメリットです。

車検を通すか買い替えか迷っている人は

車検更新時期が近づくと、車検を通して継続して使用するか、更新はせずに買い替えるか悩む人は多いでしょう。車検を通してから買い替える選択肢もありますが、どうせなら余計な費用や手間をかけないうちに手放したほうがお得です。

しかし、買い替えには当然費用がかかり、車検を更新するよりも重たい負担になることもあるでしょう。車検を更新するか、あるいは買い替えかで迷った時は、じっくり考えて愛車の処分を決めることが大切です。

どちらがお得か考えよう

車検を更新と買い替えで迷う場合は、よりメリットがあるのはどちらかを考えることが大切です。車検を更新するには手間も費用もかかり、場合によっては買い替えのほうが安いということもあります。反対に買い替えるには費用が高く、まだまだ手放すのはもったいないというケースもあるでしょう。

メリットを考える上では、金銭的、時間的なコスト、あるいは車への愛着も考慮することが大切です。車検を更新し、継続して使用することが必ずしもベストな選択とは限りません。早めに買い替えたほうがコストを抑えられ、長い目で見てお得になることもあります。

また、車検に費用がかからないうちは、買い替えずに少しでも長く乗ったほうが、コスパがよくなることもあるでしょう。車検更新と買い替えの意思決定を下す際には、「いかにお得か」ということを念頭に置き、考えることが大切です。

買い替える場合は最適な買取業者を選ぼう

買い替えを選択するなら、今持っている車の処分が必要です。愛車を処分する際には、買取に出すのがおすすめで、この時業者選びには注意しなければなりません。同じ車でも、業者次第で買取のスムーズさや条件、提供するサービス内容は異なります。

カーネクストなら、査定から車両の引き取り、廃車手続きの代行まで全て無料で引き受けてくれます。処分に費用がかからないことに加え、状態が悪い車でも0円以上での買取保証もしており、より好条件で売却できるでしょう。

参考:カーネクスト

1日車検で素早く車検を済ませよう

車検の更新は時間がかかるのが普通ですが、1日車検なら文字通り1日で更新が完了します。スムーズに行うには事前の整備は必要ですが、状態さえ整っているなら、問題なく更新は完了します。

手間のかかる車検も、利用するサービス次第では簡略化して終えられます。1日車検も上手に使って、素早く車検を更新しましょう。