車検に適したタイミングを徹底解説|受ける際の注意点も紹介

あなたの愛車、その値段で満足?どんな車でも0円以上買取保証!

車を持っていれば、いつかは車検を受けることになります。自動車によって異なる法定費用や、車検基本料の支払いがあり、受けられる期間も原則的には設定されています。このページでは、そんな車検を受けるタイミングについて、詳しく見ていきましょう。

具体的には、車検の有効期限や受けるときの最適なタイミング、注意ポイントなどを取り上げていきます。「いつ車検を受けてよいのかわからない」「自動車を買ってから初めて車検を受ける」という人は、ぜひお役立てください。

車検の有効期限を確認

まずは、車検の有効期限の確認方法を解説します。車検証の左下に「有効期間を満了する日」と記載されていますが、それが車検の有効期限です。そのため有効期限を知りたい場合、まずは車検証をチェックすることをおすすめします。

ほかにも、自動車のフロントガラスに貼り付けるステッカーでも、有効期限を確認できます。ステッカーは、車検を通ったときにもらえるもので、必ず貼り付ける決まりがあります。ステッカーの表側には年月、裏側には年月日が記されているので、すぐに有効期限を確認することが可能です。

車検を受ける最適なタイミング

有効期限をチェックして車検を受けることになりますが、最適なタイミングがあります。基本的には、満了日の30日前から受けるようにしましょう。場所によっては、45日前から受けられます。こうした車検に適したタイミングを、詳しく紹介します。

廃車費用完全無料!引取・レッカー無料!

満了日の30日前から受けるのが基本

車検は、満了日の30日前から受けられます。そして、30日前からがベストなタイミングです。この期日であれば、どんなタイミングであろうと満了日に受けた扱いになり、車検に関する費用を節約できるでしょう。いずれにせよ、「30日前」ということをしっかりと頭に入れておいてください。

指定工場では45日前から可能

車検を受ける場所によっては、45日前から受け付けています。それは、指定工場です。車検制度を仕切っている陸運支局によって、検査を委託されている指定工場のみ、45日前から可能になっています。

しかし指定工場では、車検証などの発行には対応していないので、あとで陸運支局に行くことになることは、頭に入れておきましょう。

車検を受ける際の注意点

車検を受けるタイミングにおいて、いくつか注意ポイントがあります。まずは、1カ月以上前倒しすることで、車検に関する費用が多くかかってしまいます。また、有効期限ギリギリに受けることも、避けるようにしましょう。このような車検を受ける際の注意点の詳細を、解説していきます。

前倒しの車検は要注意

車検は、有効期限に限らず受けられるため、かなり前に受けても構いません。ただし、1カ月以上前倒ししてしまうと、次回の満了日は、その車検を受けた日から2年後になってしまいます。

通常通りに満了日の1カ月以内に受ければ、2年後の前回の満了日と同じ日になります。しかし、1カ月以上前だと満了日も前にずれてしまうのです。そうなると、次回満了日もその分早まり、前に受けた際の車検費用もそれだけ無駄になってしまいます。

自動車の状態にもよりますが、車検費用は決して安いものではないので、30日前からのベストな時期に受けることをおすすめします。30日前による満了日の設定を知り、できるだけ損をしないようにしましょう。

満了日間近の車検は避ける

満了日間近、あるいは当日に車検を受けることも避けてください。なぜなら、交換する部品が間に合わなかったり、基準を満たさない自動車であった場合は、車検切れになったりするリスクがあるためです。よって、車検を受ける際は有効期限を確認し、できるだけ早めに対応しましょう。

どんな車でも0円以上買取保証!詳細はコチラ

車検切れになってしまった自動車は、公道を走らせることができないため、別途、自動車を走らせるために費用がかかってしまいます。満了日間近の車検は避け、無駄な出費を減らしましょう。

車検を通すか買い替えかで迷っている場合

車検には必ず費用がかかります。そして、古い自動車や走行距離の多い車であれば、出費が多くなる傾向にあります。そのため、車検を通さずに買い替えることもおすすめです。車検を通すか買い替えかで迷っている場合、どのように対応すればよいのか、詳細をお伝えします。

年式から検討する

車検を通すか買い替えるのかで迷っている際は、年式が目安になります。13年経過した自動車は、税金が増加する決まりがあり、「13年」は手放すチャンスだといえるでしょう。またかかる税金だけではなく、部品の交換費用や修理代も多額になりがちです。

具体的に説明すると、重量によって金額が決定される「自動車重量税」がアップします。18年であれば、さらに金額は上がり、乗り続けられる自動車であっても、車検費用は高くなると認識しておきましょう。新車の場合、13年や18年の車よりも、自動車重量税は低く抑えられています。

また、年式が古ければ古いほど、部品の劣化は避けられません。そのため、安全性を確保するために、交換費用やメンテナンス代は、どうしても必要になります。さらに、古い年式の自動車だけではなく、走行距離が多い車も、修理費用は多くなる傾向にあるでしょう。

買い替えの場合は買取業者の選択が大事

自動車の状態によっては、車検費用が高くなってしまうこともあり、買い替えることをおすすめします。買い替えをすれば車検費用はかかりませんし、新たな自動車で、よりドライブが楽しくなるメリットがあるでしょう。また長期的には、車検費用を抑えられる可能性もあります。

買取業者の選び方のコツは、サービス内容が充実しているかどうかです。中でも、カーネクストはおすすめの業者となります。なぜならカーネクストは、どんな自動車であっても0円以上の買取保証があり、査定、レッカー代、各種書類代行などにも費用がかかりません。

0円以上の買取保証ができるのは、グローバルに開かれた販路があるためです。車種によっては、高値で取引できることもカーネクストの特徴です。さらに、年中無休の受付や、全国対応のレッカーもうれしいポイントです。

事故車、不動車、多走行車、車検切れした自動車、旧式車などを保持している人は、カーネクストを利用してみてはいかがでしょうか。自動車によっては、他業者よりも20万円以上も高値で売買できる業者です。

参考:カーネクスト

車検は期日まで余裕を持って行おう

車検の有効期限は、車検証やフロントガラスに貼り付けるステッカーに記載されています。その日付をチェックして、満了日の30日前以内に受けることが基本です。陸運支局によって、検査を委託されている指定工場であれば、45日前から可能です。しかし指定工場では、車検証発行などはないので注意しましょう。

また車検を受ける際は、30日よりも前や満了日間近は避けましょう。車検費用が無駄になったり、早めに車検が切れてしまうリスクがあります。いずれにせよ、車検に適したタイミングを知り、余裕を持って受けることをおすすめします。ぜひ今回の内容を参考に、車検の失敗を減らしてください。

廃車費用無料!どんな車でも0円以上買取保証