車検費用が安いところはどこか|激安な場合の注意ポイントも網羅

「できるだけ車検費用を節約したい」「業者に騙されたくない」という人は、車検を受ける業者の特徴や費用相場について、理解を深めておく必要があります。この記事では、車検費用の安いところはどこなのか、徹底検証していきましょう。

さらに、車検費用が激安だった場合の注意点や、賢く買い替える方法についても取り上げていきます。車検を予定している人などは、ぜひ参考にしてください。

業者別車検費用の相場

カー用品店、ガソリンスタンド、車検専門フランチャイズ、民間整備工場、ディーラーなど、車検を受けられる場所はたくさんあります。そして、それぞれの業者でかかる費用は、下記のとおりで同一ではありません。

車検の種類 費用相場
ガソリンスタンド 約2~60,000円(+法定費用)
カー用品店 約2~60,000円(+法定費用)
車検専門フランチャイズ 約2~80,000円(+法定費用)
民間整備工場 約2~80,000円(+法定費用)
ディーラー 約4~10万円(+法定費用)

法定費用に関しては、どこで受けても変わりはありません。場所によって金額が変わるのではなく、車種などによって差があります。その法定費用にプラスして、車検基本料金がかかり、この費用が業者によって数万円異なります。

最も費用を抑えられるのは、ガソリンスタンドとカー用品店です。また、車検専門フランチャイズと民間整備工場も、それほど高いわけではありません。最も高くなるのは、ディーラー車検です。ディーラー車検は、ほかの業者よりもサービス内容が充実しているため、割高になりますが、その分、安心感があります。

車検費用が安いところはここ

車検費用を安く済ませたい人には、ガソリンスタンドがおすすめです。費用を抑えられるだけではなく、気軽に通えることもメリットになるでしょう。また民間整備工場は、さまざまな車種に対応し、質が高いところもあります。

安さが自慢のガソリンスタンド

ガソリンスタンドは、場所によって休日や夜遅くまで対応してくれます。それだけでなく、車検費用が安いことも特徴で、無駄な整備をすることもありません。初めての車検であれば、まだ自動車の状態がよいので、ガソリンスタンドが最適だといえます。

しかし、リコールや旧式車、特殊工具を使用する整備などには、対応していないことがあります。また、整備士の腕も、全員が高く優れているとはいえず、車種ごとの情報に詳しい可能性も低いです。よって、安さのみを追求するのであれば、ガソリンスタンドはおすすめできます。

さまざまな車種に対応してくれる整備工場

民間整備工場も、費用はそれほど高くなく、さまざまな車種を見てくれるメリットがあります。在籍している整備士にもよりますが、高い質の点検や整備を受けられる可能性があるでしょう。信頼できる工場を見つけられた人には、おすすめの車検場所です。

デメリットとして挙げられることは、最新設備に対応できないかもしれないこと、工場によって技術力の差があること、休日に工場が開いていないことです。しかし、やはりディーラーと比較すると、安いという点においては魅力的といえるでしょう。

車検費用が激安な場合の注意点

ものすごく費用が安い車検場所を見つけたときには、いくつか注意ポイントがあります。まず、広告に載っている金額だけで済むとはいえませんし、業者によっては、あとでかなり上乗せすることも考えられます。また、単純に手抜きしている可能性もありますが、注意点を知ってリスクを減らしましょう。

広告の値段は基本料金

業者によっては、車検の広告を出してそこに費用を載せています。車検を受ける人は、その金額を信じてはいけません。「すべて込みで○万円」といった内容であっても、いざ車検を受けてみると、さまざまな費用が上乗せされ、別の業者のほうが安いケースもあります。

また、悪徳業者であれば、オイルやワイパーの交換、エアコンの洗浄など、必要以上に部品交換や修理を勧めてくることがあるでしょう。そのような場合、車検に不必要な作業は、しっかりと断るようにしてください。

手抜きをしている可能性がある

ほかの業者と比較して、あまりにも車検費用が安すぎる場合は、整備や点検を手抜きしている可能性があります。もちろん、すべての業者がそうとはいえず、企業努力でコストを抑えていることもあります。

手抜きの車検は大変危険で、自動車の安全性は命に関わってきます。そのため、事前に口コミなどを調べ、優良業者に依頼できるように、知識を増やしておきましょう。

車検費用が掛かりそうな場合は買い替えも検討する

車検に出して費用が高くなってしまう人は、買い替えも視野に入れておきましょう。自動車は早めに売ったほうが、基本的には高値で手放せます。また、買取業者選びも重要なので、おすすめの業者についても紹介します。

早めに相談すれば高く売れる

自動車の状態が悪い場合、車検費用は高くなりがちです。なぜなら、修理費用や部品交換代が加わるためです。したがって、走行距離が多すぎる車や、何年も乗っている自動車を所有している人は、買い替えることも一つでしょう。そうすることで、車検費用を節約しながら高値で売買できる可能性があります

売却する際には、できるだけ早めに動きましょう。自動車の価値は、日がたつにつれて下落してしまうものです。新たな自動車を入手すれば、最新設備なども備えており、ドライブがより楽しくなるメリットもあるでしょう。

買取業者はカーネクストがおすすめ

「自動車が古すぎて売れるか心配」「車が動かせない」といった悩みを持っている人に、おすすめの買取業者があります。それはカーネクストです。どのような状態の自動車でも0円以上の買取保証があり、海外にも広がる販路を持っているからこそ、車種によっては高額で取引することも可能です。

また、レッカー引き取り、書類代行、査定など、すべて無料です。レッカーは全国に対応していて、年中無休で相談できる窓口があることもうれしいポイントです。事故車、車検切れした車、多走行車、不動車、旧式車など、別業者では買い取ってくれなそうな自動車を保有している人は、カーネクストを利用してみませんか。

参考:カーネクスト

車検費用を安くするためには業者選びが重要

車検費用は業者によって違いますが、最も高いのはディーラーです。ただし、高くなってしまうものの、整備力が高いので、安心して車検を依頼できるメリットがあります。コストパフォーマンスを気にしない人は、ディーラー車検を選びましょう。

できるだけ費用を抑えたい人は、ガソリンスタンドや民間整備工場が、おすすめの車検場所です。ガソリンスタンドは、休日や夜間でも対応しているところがあり、民間工場は、熟練の整備士によって、質の高いサービスを受けられる可能性があります。

いずれにせよ、車検を受ける前には、どの業者が自分に合っているのか調べるようにしましょう。安さだけではなく、整備の質も視野に入れておいてほうがよいです