土日に車検を受けたい|方法と注意点を知り買い替えも検討しよう

あなたの愛車、その値段で満足?どんな車でも0円以上買取保証!

車検は平日しか行っていないというイメージがありますが、それでは平日忙しくて時間が取れない人は困ってしまいます。土日に車検を済ませる方法はあるのでしょうか。

車検を受ける場所には種類があります。それは「陸運支局(ユーザー車検)」と「指定整備工場等」です。土日に車検を済ませるには、どちらで車検を受けるかがポイントになります。車検を受ける方法や注意点を確認していきましょう。

ユーザー車検は平日のみ

車検を受ける場合、多くの人がディーラーや民間の整備工場などに依頼します。しかし、そこで車検を受けると代行手数料や整備にかかる費用がかさむので車検には高額な費用がかかります。それに比べてユーザー車検は、自分で陸運支局を予約して車検を受ける方法です。代行手数料などがかからないので費用が安くなります。

ただし、ユーザー車検(陸運支局)では平日しか車検を受けることができません。陸運支局の自動車検査登録事務所は行政機関なので、土日・祝日・年末年始等は閉庁していて、受け付けが出来ないからです。そのため、平日出勤のサラリーマンの場合は有給を利用するなどして車検を受ける必要があります。

土日に車検を受けるなら指定工場

ディーラーや大手カー用品店など、自社整備によって検査を実施できる指定工場(指定整備工場)であれば、土日・祝日の車検も可能です。指定工場は、民間車検場や民間車検検査場とも呼ばれています。国が定めた基準やチェックなどを受け許可された工場で、陸運支局に代わり車検検査の実施が可能です。

廃車費用完全無料!引取・レッカー無料!

民間の整備工場なので、場所によっては平日の夜間でも営業しているところがあります。なお、指定工場は認定工場と間違えやすいので注意が必要です。認定工場の場合は解体などの許可は持っていても自社の設備で車検を行うことはできません。そのため、土日に車検を受けることは出来ないです。

指定工場で土日に車検を受ける際の注意点

指定工場では土日に車検を受けることが出来るメリットがありますが、一方で注意するべきこともあります。指定工場で車検を受けることの意味を理解し、費用や予約などで気をつけることを知っておきましょう。

ユーザー車検はできないので注意

ユーザー車検は自分で整備や点検をし、陸運局に行き車検を通すことです。指定工場での車検は、ユーザー車検のように継続検査のみを受けることはできません。指定工場は法定点検整備を行うことが必須です。保安基準を満たしていることを証明するために保安基準適合証を交付し、陸運支局に提出します。

自分で陸運局に車を持ち込む手間を省けることはメリットですが、ユーザー車検のように車検後の法定点検整備による継続検査が出来ないことに注意が必要です。

依頼先によって費用が異なる

民間車検の場合、依頼先の業者によって費用がかなり異なります。少しでも費用を抑えたいなら、時間をかけてでも慎重に業者を選ばなくてはなりません。

中には検査項目を増やし、オプション料金を取ろうとする業者も存在するので注意が必要です。検査項目や作業項目が増えれば、その分時間がかかります。土日で車検を終える予定で車を持ち込んだのに、作業が増えたために土日で終えることが出来なかったという事態にもなりかねません。

予約は余裕を持って

車を自分で陸運支局に持ち込んで行うユーザー車検は、平日しか行っていないことがデメリットです。一方で指定工場での車検は曜日の制約はなく、土日も行っているので、平日忙しい人は便利に利用できます。

しかし、土日は混雑しやすいので注意しましょう。土日に車検を受けたい場合は、1カ月くらいの余裕を持って予約を取っておいたほうが良いです。車検の期限が切れる1カ月前には予約をしたいので、その前に業者選びを行う必要もあります。

どんな車でも0円以上買取保証!詳細はコチラ

業者によって費用が違うので、早めに複数の業者に見積もりを取り、1カ月前を目安にして業者を選びましょう。車検の期限が切れる直前になって焦ることのないよう、余裕を持って計画を立てることが大切です。

車検を通すか買い替えか迷っているなら

車検にかかる費用は決して安くはありません。それなら車検の前に車を買い替えようか、それとも次の車検までは乗り続けようかなど、買い替えを考えるタイミングになります。車検を通すメリット・デメリットと買い替えるメリット・デメリットを知り、どちらが良いのかよく考えて選択しましょう。

それぞれのメリットとデメリットを考えてみよう

車検を通して古い車に乗り続ける場合と、買い替えて新しい車に乗り換える場合、それぞれにメリット・デメリットがあります。自分にとってどちらがよりメリットが大きいかを考えた上で、検討することが大事です。以下に記載のあるそれぞれのメリット・デメリットを参考によく考えてみましょう。

メリット デメリット
車検を通す場合 ・買い替えと比べると費用は掛からない ・経年劣化に伴いメンテナンス費用がかさむ
・中古車としての売却価値が下がる
買い替える場合 ・新しい車に乗れる
・売却価格が高くなる可能性がある
・車検費用が掛からない
・新しい車を買う費用が掛かる
・買い替えのための手続きが必要

車検に掛かる費用は決して安くありませんが、それでも新しい車を買うよりは安いです。しかし、長く乗り続けた古い車はメンテナンスの費用が高くなることもあるので注意しましょう。

新しい車にお金をかけたいなら、古い車の車検にお金を使ってしまうのはデメリットになります。また、長く乗り続けるほど中古車としての価値は下がるので、買い替えで売る時には利益が少なくなることにも注意が必要です。

車検を通さずに買い替えると、新しい車に乗れるので、特に車好きの人はドライブが楽しくなります。新しい車は最新技術が搭載されており、安全性が高くなっていることもメリットです。車検費用を新車購入費用に充てることが出来るので、より良い性能の車を選ぶことができます。

ただし、新車購入費用は高額です。車検費用より高くなるので出費はかさみます。また、買い替えとなると古い車の売却または下取りに出す手続きと、新車購入手続きが必要になり手間が掛かることはデメリットの一つです。

買い替える場合は最適な買取業者を選ぼう

買い替える場合は、買取業者選びが重要になります。売却手続きにも手数料がかかるお店もあれば、手数料無料のお店もあるからです。売却費用も業者によって大きく差が出ます。

カーネクストは0円以上の買取保証があり、レッカー・書類代行・査定がすべて無料です。追加費用を請求されることも一切ありません。世界中で販売しており販路が広いので、古い車でも最低0円以上の買取が実現できます。他社で断られた車でも対応してもらえるので、気軽に相談してみましょう。

参考:カーネクスト

土日に車検を受けられる業者を探そう

ユーザー車検の場合は土日に車検を受けることは難しいですが、自社整備で検査できる指定工場であれば土日に車検を受けることが可能です。

自宅近くにあるディーラーや、大手カー用品店などの指定工場のうち、いくつか目星をつけて複数の業者に見積もりを取ってみてください。その中から費用が安く、安心して車検を受けられる業者を選ぶことをおすすめします。車検の期限が切れる1ヶ月前までを目安に早めに準備を進めていきましょう。

車検費用が想像以上に高くなるなら、車検前に買い替えるのも一つの手段です。その場合も信頼できる買取業者を探しましょう。

廃車費用無料!どんな車でも0円以上買取保証