車検有効期間の期日とは|更新時期や期限切れで起きること

あなたの愛車、その値段で満足?どんな車でも0円以上買取保証!

車検の有効期間には明確な期日があり、これを超える前に更新しなければなりません。しかし、期日は知っていても具体的にいつ車検を受けるべきかを知らない人は多いです。

また、万が一期限切れになった場合、何が起こるかを把握できていない人もいるでしょう。車検の有効期間と期日の関係性を正しく知ることが、スムーズな更新に役立ちます。

車検を受けられる期間

スムーズに車検を更新するには、車検はいつから受けられるのか、その期間を知ることが大切です。車検を受ける期間で考えたいのは、「検査を受けるべき期間」と「事前準備の期間」、「検査から車検証取得までの期間」の3つです。それぞれを把握して、車検全体の流れへの理解を深めましょう。

満了日の1カ月前から

車検を受けるべき期間は、満了日の1カ月前からです。1カ月前からなら、どのタイミングで受けても次回更新日は満了日から起算されることになり、有効期間を無駄にすることはありません。

1カ月前になった瞬間に受けても、有効期間の期日ぎりぎりに受けても同じため、余裕のあるうちに受けるのがおすすめでしょう。また、指定工場に依頼する場合は、特例的に最大45日前から受けられます。

廃車費用完全無料!引取・レッカー無料!

満了日の1カ月以上前でも受けられる

車検は満了日の1カ月前になってから受けるのが基本ですが、これは1カ月以上前では受けられないという意味ではありません。車検はいつでも受けられ、極端に言えば更新してすぐに再度検査を行うことも可能です。

しかし、満了日の1カ月以上前に更新すると、検査を受けた日から起算して、次回の有効期間の期日が定められます。つまり、残った分の有効期間を無駄にしてしまうため、損なく受けるには1カ月前からが基本と言えます。

車検の予約ができる期間

業者に依頼して車検を行う場合、予約自体は1カ月以上前から可能です。業者ごと、抱えているスケジュールごとに違いはありますが、早いと2~3カ月先の予約でも取れる場合はあるでしょう。

早めに予約を取ると、割引を適用してもらえる場合もあるため、予定が決まり次第、スケジュールを確保しておきましょう。また、業者に依頼せず、ユーザー車検を行う場合は自身で検査場の予約をします。検査場の予約は最大14営業日後までとなっており、先々までの予約はできないため注意が必要です。

車検に必要な日数

業者に車を預けてから、車検を更新して納車されるまでは、2~3日程度であることが多いです。しかし、これは車の状態や業者のサービスによって違ってきます。事前に整備を行い、業者に検査だけを代行してもらう場合は、当日の朝に預けて、昼過ぎや夕方に納車も可能です。

事前整備をしていない場合は、整備をし、状態を整えてから検査となるため、どうしても時間がかかります。検査自体は数時間で終わるため、期間が長くなるのは整備に時間が必要だからと考えましょう。

車検の期日が過ぎてしまった場合

車検は有効期間の期日までに更新するのが基本ですが、忙しかったり、確認を忘れていたりして、期限切れを起こすこともあるでしょう。

車検は期限切れになった瞬間に車が動かなくなるわけではないため、動かすこと自体は可能です。しかし、車は動いても、道路を走行させると違法行為になってしまうため、期限切れがどのように危険な状態にあるのかは理解しておかなければなりません。

公道を運転できない

どんな車でも0円以上買取保証!詳細はコチラ

公道を走行するには車検を取得している必要があり、期限切れで無車検となっている場合は、少しでも道路に出るとその時点で処罰の対象となります。無車検での運転は違反点数が6点付き、30万円以下の罰金、または6カ月以下の懲役が科せられます。

車検を更新する目的でも公道に出ることは許されないため、更新するなら業者に引き取りを依頼しなければなりません。また、役所で仮ナンバーを取得しているなら、一時的に走行は可能ですが、期間と使用用途は限られるため、継続使用するなら車検の更新が必要です。

自賠責保険も切れる

車検期間の全てをカバーするよう、自賠責保険は少し長めに加入しますが、車検切れでしばらく放置していると、当然保険も有効期限が切れます。自賠責保険も加入は必須であり、無保険状態の走行も処罰の対象のため注意が必要です。

無車検、無保険だと処罰は重く、違反点数が12点、80万円以下の罰金、または1年6カ月以下の懲役が科せられます。自賠責保険が切れている場合は、仮ナンバーの取得もできないため、申請するには先に保険だけを更新しなければなりません。

レッカーで移動する場合は、保険の更新は不要ですが、車検時に通常より1カ月分多く加入が必要なことは覚えておきましょう。

車検に出すか買い替えるかを悩んでいる場合

車検は期日内に更新するのが基本ですが、期限切れになっても公道を走りさえしないなら問題はありません。そのため、期限切れになったタイミングで更新はせず、そのまま買い替えることも可能です。

車検時期は買い替えに適した時期でもあるため、更新と買い替え、どちらにすべきか考える良い機会でしょう。

車検が切れるときが良い時期

車検が切れるタイミングで買い替えを選択すると、車検の更新費用を削減でき、金銭的なメリットが大きくなります。車検の更新では税金や保険料の法定費用だけで数万円、その他費用を加算すると10万円を大きく超えることも少なくありません。

1回分の車検の費用がなくなり、かつ買い替え後も維持費が安くなると考えるなら、無理に更新するよりお得な場合も多いでしょう。

買い替える場合はカーネクストがおすすめ

車を買い替えるなら、手持ちの車を少しでもお得に売ることが大切です。同じ車でも依頼する業者によって買取金額や受けられるサービスは異なるため、業者選びは慎重に行わなければなりません。おすすめの買取業者はカーネクストで、処分時のサービスの充実が魅力的なポイントです。

査定や車両の引き取り、廃車手続きの代行まで無料であり、手放す際のコストがゼロで済むのは大きいでしょう。また、買取対応の範囲も広く、古い車や過走行車から、不動車、故障車まで0円以上で買い取ってくれます。

車検切れの車でも無料で引き取り、かつ細部まで価値を見出して買い取ってくれるため、買い替えのための資金作りにも役立つでしょう。

参考:カーネクスト

車検の期日を確認して確実に車検を済まそう

車検を更新する際には、期日を守ることが大切です。期限切れになったからといって、その時点で処罰されるわけではありませんが、車の使用が制限され、更新手続きが面倒になりやすいでしょう。

期限内なら自分で運転して業者に持ち込め、余計な費用はかかりません。賢くお得に車検を更新するためにも、期日はこまめに確認して、滞りなく手続きを完了させましょう。

廃車費用無料!どんな車でも0円以上買取保証