車検の見積もりはいつから依頼できるのか|準備を始める時期とは

車検をお願いするのであれば、いつも依頼をして出しているところが安心です。しかし、前に出したところがサービスが悪く、費用も高くついたというのであれば話は別です。車検に出したいけれど費用がどのくらい掛かるのか、依頼するタイミングも見計らっておかないといけないのです。

車検で損をしたくない人は、事前に車検についての知識を学んでおきましょう。同時に車検が高すぎたときの対処法があるのかも見ていきましょう。

車検の見積もりを依頼するベストな時期

車検の見積もりを依頼するために、何カ月前に行えばよいのかを検討してみましょう。忙しい人は、時間をあまりかけられないという場合もあります。

車検期間で損をしたくないなら1カ月前

車検には有効期限があるため、1カ月前より早いタイミングで車検に出してしまうと、その分損をしてしまうことになります。車検期間で損をしないためには、1カ月前から車検の期限が来るまでの間に、見積もりを済ませておくのがベストでしょう。

自分の車検証を確認して、まだ車検が1カ月以上残っているのであれば少し待ったほうがよいです。意外と1カ月というのはあっという間に過ぎますので、車検切れになってしまわないように注意してください。

早期予約特典がある場合は3カ月前

車検業者の中には早期予約割引や、お得なキャンペーンを実施しているところがあります。早く見積もりをしたほうが得だと感じるならば、3カ月前から車検の見積もり業者を探し始めるようにするのもよいでしょう。

業者にとって早期予約の割引は、顧客を捕まえたいということです。普段ではサービスしてくれないようなことまで、サービスしてくれることもあります。気になる業者があればこまめにインターネットでチェックをしてみてください。

時間がない場合はインターネットで一括見積り

忙しくて見積もりに行く時間がない場合は、インターネットを使って一括で見積を出すという方法もあります。一括見積を利用すれば、簡単に見積額の比較ができるため損をしにくいのです。

インターネットであれば、あまり時間をかけずに、一括見積もりを依頼できますので試してみてください。ほとんどのところは、見積もりが無料となっていますので、なるべくたくさん見積もりを依頼するようにしましょう。

車検の見積もりを出すのにかかる時間

ディーラーと車検専門店では、見積もりを出す時間が変わってきます。この二つの業者ではどのくらいの差があるのかを比較してみましょう。

ディーラーに依頼する場合

トヨタやホンダ、日産などのメーカーディーラーに車検の見積もりを依頼する場合は、大体1時間程度の時間がかかります。ディーラーは販売が主な業務のため、混雑期は予約を取るのさえ難しいときがあるでしょう。

それでもディーラーで車検の見積もりを依頼したいのであれば、購入したお店にお願いしてみてください。そのほかにも、知り合いに頼んで見積もりを依頼してもらうという方法もあります。しかし、見積もりを依頼するのには念の為約一週間を見ておいたほうがよいでしょう。

車検専門店に依頼する場合

車検専門店は、来店予約をしてから見積もりを取るため、30分程度で見積もりが出せてしまうこともあります。見積もりに納得できればそのまま車検となり、車検の整備も最短45分で終わるでしょう。

車検専門店ですので、車検に関してはプロしかいないため、点検もスムーズに行えるというわけです。車検を行なっているときに本人も立ち会いできるため、わからないことがあれば質問をすることもできるでしょう。

車検の見積もりを出してもらうメリット

いきなり車検を依頼するという方法もありますが、それではあまりにも無謀すぎて損をしてしまう可能性があります。車検の見積もりを出してもらうというメリットは、どのようなことが考えられるのでしょうか。

事前に整備内容を知ることで費用を抑えられる

車検を通すのに必要な整備内容や、交換しなければならないパーツを把握しておくことで、無駄な整備やパーツの交換を省くことができます。車についてまったくの無知であった場合、車に詳しい人に相談して見積書を見せて確認してもらいましょう

次回には、ある程度知識もついていますので、どこが交換しなくてはならないのかが把握できるようになります。見積もりは自分が納得いかないところがあれば交渉もできるため、いきなり車検に出すよりは一旦ワンクッションを置いて考えることができるのです。

見積もり額の比較ができる

数社に車検の見積もりを頼めば、車検業者による費用の違いや、整備の内容を細かく比較することができます。一社だけに見積もりを依頼すると、他の車検業者のほうがキャンペーンも行なっていたり、安く済んだということになりがちです。

業者によっては繁忙期が少し変わってくるため、車検の費用も高くなったりと変動するのです。整備内容がしっかり内訳に入っているのであれば、値段もそれなりに高くなります。複数の車検業者と見積もりを比較して、自分がどのくらいまで車検を行なって欲しいかを、きちんと把握できるのです。

車検の見積もり額が高いときの対処法

複数の車検業者に見積もりを依頼したにもかかわらず、どこも高額な見積もりとなってしまった場合は、車を処分することも視野に入れましょう。そのときは新車に買い替えるという手もあります。

新車に買い替える

車検費用が高いなら、車を売却して車検費用と一緒に新車の購入資金にあてるのもおすすめです。買い替えを検討するなら、愛車の査定相場を調べておくことが重要なポイントです。少しでも高く車を売却したいのであれば、この場合も複数の買取業者に、インターネットを活用して一括査定を依頼してみてください。

走行距離や年式などで車の価値は変わりますが、大体の相場がわかってきます。新車はどのくらいの費用を出せるかも計算ができますので、自分の車の相場を知っておきましょう。

カーネクストに買取を依頼する

今の車がすでに不動車か事故車で、売りに出しても乗れなくなった車は、残念ながら買い取ってもらえない場合があります。そうなると廃車という選択肢となってしまうのですが、廃車費用と面倒な手続きがかかってきます。しかし、カーネクストなら車検の近い車や、壊れた車も0円以上の買取保証をしてくれます。

さらに、引き取りの際のレッカー代や、書類代行の手続きも無料で対応しています。カーネクストは海外に広い販路を持ち、たとえ不動車でもパーツだけを販売できるため、さまざまなお得なサービスが実現できるのです。気になる人は、一度カーネクストに買取を依頼してみましょう。

参考:カーネクスト

車検の期限が迫ってきたらまずは見積もりを依頼しよう

車検というのは、安全に車道を走るために必要な検査です。車検は費用もかかりますし、手続きが面倒ではあるのですが、しっかり行うことで安心して車に乗れます。

車検がいつの間にか切れてしまい、そのまま公道を走ると法律で罰せられてしまいます。道路車両違反で半年以下の懲役か、30万円以下の罰金が命じられます。このようなことが起こらないためにも、しっかりと車検の時期を確認しておき、1カ月前には車検業車に見積もりを出しておきましょう。