車検の法定費用とはなにか|車検前に知っておきたい費用の内訳

車検は車を所有する以上、必ず受けなくてはいけない重要な点検です。そして車検時にはいくらかのお金がかかってしまうのですが、車検費用の中には「法定費用」と呼ばれる支払いも含まれています。初めての車検の時には、この法定費用が何なのか詳しく知らない方も多いでしょう。

今後も車を乗り続けて車検を行っていくのなら、車検の知識を身に付けておいて困ることにはならないはずです。そして、車検費用の内訳を知っておくことも重要なポイント。今回は車検費用の中の法定費用に着目し、初めての車検に備えておきましょう。

車検の法定費用とは何か

車検時にどんな人でも必ず支払わなくてはいけない費用を「法定費用」と言います。車検の業者によっては「諸費用」という言い方の場合もあります。法定費用の中には、「自賠責保険」、「自動車重量税」、「印紙代」の3つが含まれており、この3つ以外の費用は法定費用とは呼びません。法律で車種ごとに決められた費用ですので、どこで車検を受けても必ず同額です。

そして車種ごとにというのは、軽自動車、小型乗用車、中型乗用車、大型乗用車など、車の区分によって法定費用は異なるということです。

法定費用の内訳と金額

法定費用の内訳とその金額を詳しく見ていきます。法定費用は絶対にかかる費用なので、費用の減額を求めることはできませんが、内訳を知っておくことで間違いなどがないか確認ができます。知っておいて損はありませんので、内訳を把握しておきましょう。

法定費用の内訳

法定費用の内訳は「自賠責保険」、「自動車重量税」、「印紙代」の3つですが、最後の印紙代とは登録や検査手数料のことで、車検の通し方によっては印紙代の金額は異なります。例えば自分で陸運局に持ち込むユーザー車検では、指定整備工場を経由した場合よりも金額に違いがあるとされています。

自賠責保険は、車に乗る以上強制的に車検期間分加入しないといけない保険です。正式名称は自動車損害賠償責任保険と言います。万一の損害を対人だった場合にだけ補償される保険で、運転者及び対物に関しては補償対象ではありません。基本的、自賠責保険以外に任意保険で他がカバーされる形です。

自動車重量税は、車体の重量によって税金が変わります。エコカーの場合は減税されるなど、車種によっては普通の車検時よりも安くなる場合もあります。

法定費用はいくらかかるのか

車検時に必ず支払う必要のある法定費用ですが、具体的にどのくらいかかるのでしょうか。初めての車検を控えているなら、法定費用がどのくらいかかるのか知っておくことは大体の車検費用を知るためにも必要なことです。それでは、法定費用の内訳ごとの金額を見ていきます。

自賠責保険料の金額

車種 24ヶ月
普通自動車 25,830円
軽自動車 25,070円

自賠責保険は車検期間分の加入が一般的とされています。普通車での車検は24ヶ月契約となるので25,830円で、軽自動車なら25,070円となります。この自賠責保険料は2017年4月1日時点での保険料であり、沖縄または離島の場合は保険料が異なりますので注意しておきましょう。

自動車重量税の金額

自動車重量税の金額は、車体重量に合わせて0.5トンごとに増額されていく仕組みです。例えばコンパクトカーサイズの場合、1.5トン~2トンなので20,000円、普通車で2トン~2.5トンは25,000円かかります。また、排出ガス性能や燃費性能など、環境性能が高いハイブリッド車のような車だとエコカー減税が適用されますので覚えておくと良いでしょう。

検査手数料の金額

検査手数料は、国及び自動車検査独立行政法人に支払うものです。具体的に言うと、「自動車検査登録印紙」と「自動車審査証紙」を合わせたものが検査手数料の金額です。車種によっても金額に差は生じますが、1,100円~1,800円と思っておきましょう。指定工場となっています業者で車検をお願いする場合は、もっと安いので安く済ませたい方は指定工場での車検をおすすめします。

法定費用以外の費用について

車検は法定費用の他に車検基本費用と部品交換費用がかかります。法定費用のみが車検費用ではありませんので注意が必要です。ちなみに業者に依頼する場合ですのでそこも覚えておきましょう。

車検基本費用は、「24ヶ月点検料」、「測定検査料」、「車検代行手数料」の3つを合わせた金額です。24ヶ月点検料とは、車検を受けるのに必要な定期点検のことで、こちらの金額も車種や業者によって変わります。車検代行手数料は、車のユーザーの代わりに車検をする人件費です。こちらも業者によって金額はさまざまです。ディーラーの場合なら10,800円が相場です。

部品交換費用は、その時の車の状態によって金額が変わります。部品の劣化やオイル交換などが主としていますが、一概にいくらだと断定できるものではありません。一般的には、走行距離が多くて古い車ほど部品交換費用は高くなる傾向です。

車検を通すか買い替えか迷っている人におすすめ

車検は買い替えするかどうか車のことを考える一つの目安です。どちらを選ぶか悩むこと多いのではないでしょうか。続いては、車検通すか買い替えにするのか選択のポイントを解説していきます。

どちらがお得か考えよう

車検を選ぶにしても買い替えを選ぶにしても、どちらにもメリット・デメリットがあります。車検を選ぶ場合、費用は車検費用しかかからないのがメリットですが、中古車としての売却価値は下がりますし、劣化が酷ければ修理が多くなるのはデメリットでしょう。

一方、買い替えを選ぶ場合、新しい車になるので気分はガラッと変わるでしょう。買い替えのために今の車の売却をすることで、高く売れる可能性があります。さらに車検費用はいりませんので買い替えの際の金額で大丈夫です。しかし新車購入費用、買い替え手続きは必要でしょう。

どちらを選ぶかですが、どちらが自分に得なのかよく考えてみましょう。気になる車がある場合、古い車に修理費用は車検費用をかけてまで乗り続けるよりも買い替えした方が得になることもあるので、しっかり検討してみてください。

買い替える場合は最適な買取業者を選ぼう

車検を通さずに買い替えをすると決めた場合、今の車の買取業者をどこにするのかは大切なことです。なるべくなら安心できるところや買取に関する費用もさほどかからないところが良いでしょう。そこでおすすめなのがカーネクストです。カーネクストは0円以上の買取保証をはじめ、レッカー・書類代行・査定無料と嬉しいサービスを提供しています。

さらに世界に広い販路を持つのも大きなメリット。ぜひ買取業者を選ぶならカーネクストにしてみましょう。

参考:カーネクスト

費用を確認して車検に備えよう

車検には法定費用、車検基本費用、部品交換費用がかかります。法定費用は自賠責保険、自動車重量税、印紙代の3つを合わせたものです。法律で車の区分ごとに決められており、減額することは一切できない費用です。初めての車検となれば、一体車検費用にどのくらいかかるのか不安に思ってしまうでしょう。

しかし、金額が変わらない法定費用を知っておけば、後は車検基本費用と部品交換費用のみなので、大体の車検費用の目安が分かるはずです。車検は車を乗り続けていくなら必ずしなくてはいけないメンテナンスです。費用がどのくらいかしっかり把握しておき、初めての車検に備えておきましょう。