車検をするならディーラーと民間業者のどちらがおすすめなのか

車検は業者に依頼して行う人が多いものの、依頼先の選択肢が複数あるため、どこに頼むべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

依頼できる業者は大きく分けるとディーラーとその他民間業者に分けられ、どちらを選ぶかでメリット・デメリットは異なります。それぞれの特徴の違いを把握し、自分にとってプラスとなるほうを選んで、お得に車検を受けましょう。

ディーラー車検の特徴

新車の販売を主な事業とするディーラーは、車検の更新も請け負っています。車に関するサービスなら、基本的には何でもやってくれるのがディーラーの特徴ですが、車検にはさらに他の業者とは違った特徴があります。まずはディーラー車検の特徴を知って、依頼すると何が期待できるかを知りましょう。

信頼性の高い整備点検が受けられる

ディーラー車検の最大の特徴は、整備点検の信頼性の高さにあります。ディーラーは自社メーカーの車にもっとも精通した業者であり、整備点検の品質は他の業者と比べても群を抜いて高いです。

車検を通すことだけを考えるなら、保安基準に適合する最低限のメンテナンスでも構いませんが、日常的に乗ることを考えるなら、高品質を保ちたい人は多いでしょう。車検の義務を果たす以上の品質で、整備点検をしてもらいたい人には、ディーラー車検はうってつけといえます。

ディーラー車検のメリットとデメリット

ディーラー車検への理解を深めるには、メリットとデメリットの両面を知ることが大切です。高品質の整備点検が期待できるディーラー車検ですが、魅力はそれだけにはとどまりません。

他にもメリットになる部分はあり、プラスの要素は多いでしょう。しかし、反面デメリットもあるため、両者を比較し、自分にとってどちらが大きいか考えることが大切です。

ディーラー車検のメリット

ディーラー車検のメリットは、整備点検が充実している点が大きく、部品交換の場合、メーカーの純正品を利用できるのは大きな強みでしょう。ディーラーが扱う対象車種なら、基本的にほとんどの部品は揃っており、社外品を使わず、高品質で信頼性の高い部品を使用し、メンテナンスが可能です。

また、整備点検以外の部分でもサービスは充実しており、車検前後のフォローが優れているのも、ディーラー車検ならではのメリットでしょう。

ディーラー車検のデメリット

整備点検の品質が高く、サービスも充実していますが、車検にかかる費用の高さはディーラー車検のデメリットです。車検時には「法定費用」、「車検基本料」、「事前・予備整備費用」の3つがかかり、ディーラー車検だと車検基本料と事前・予備整備費用が高くなりやすいです。

実際にどの程度費用がかかるかは車の状態によって異なりますが、高い場合で10万円以上することもあります。車検ができる全業者で比較しても、費用はディーラーがもっとも高くなりやすいため注意が必要です。

民間車検の特徴

ディーラー車検以外の方法なら、民間車検が挙げられます。車検を更新できるという基本的な部分はディーラーとも共通していますが、受けられるサービスの内容や質が異なることは覚えておきましょう。

ディーラー車検とは違った特徴があるため、民間車検についても理解を深め、選択肢を広げることが大切です。

民間の自動車整備工場で行う車検

民間車検は、自動車の整備工場で行う車検全般を指します。整備工場の種類は、「指定工場」、「認定工場」の2つに分けられ、これらによっても違いがあることは覚えておきましょう。

簡単に言えば、指定工場は自社で検査ができる、認定工場は自社で整備し、検査場に持ち込んで車検を更新するといった違いがあります。自社で整備から検査まで行える分、指定工場のほうが素早く車検を通しやすい傾向にあります。

民間車検のメリットとデメリット

民間車検にもメリット・デメリットがあるため、利用を考えるなら両者を正しく把握しておかなければなりません。

ディーラー車検とは特徴が違っているように、メリット・デメリットにも違った点が挙げられます。ディーラーの場合との違いにも注目しながら、民間車検の特徴をさらに深堀りして、理解を深めましょう。

民間車検のメリット

民間車検はディーラーに比べると、比較的費用が安いのがメリットです。事前・予備整備の際には、メーカーの純正品はもちろん、自身で持ち込んだ中古品を使ってもらうこともできます。

工夫次第でコストを削減できるのは、民間車検ならではのメリットでしょう。また、整備の品質も比較的高く、コストが安いからといって、車検が通らないということはまずありません。

民間車検のデメリット

低コストで高品質に仕上げてくれる業者もありますが、全てがそうであるとは限りません。民間車検は業者ごとのサービスや質、料金のばらつきが多く、依頼先次第ではコストが高く付く場合もあるため注意が必要です。

また、整備の質も業者ごとに違いがあり、これもうまく見抜けないと、車検に通るぎりぎりの品質でしかメンテナンスしてもらえないこともあるでしょう。

車検を通すか買い替えか迷っている人は

依頼する業者によって車検更新にかかる費用は異なりますが、どこに頼むにしても最低限費用はかかります。固定の法定費用だけでも数万円し、それに業者に依頼する費用を足すと10万円を超えることも多く、更新をためらう人もいるでしょう。

車検時期は買い替えに適した時期でもあるため、コストが高くなりそうなら、買い替えも視野に入れて処分を検討してみましょう。

どちらがお得か考えよう

車検を受けるか買い替えるかで悩むなら、よりお得になるのはどちらかという面から、選択肢を考えましょう。買い替えに比べると、車検更新のほうが安く、お得な場合は多いですが、それも車の状態次第で変わります。

事前・予備整備箇所が多いと、メンテナンスの費用が高くなり、場合によっては買い替えに匹敵するコストになる場合もあるでしょう。

また、買い替えると、その時の車検の費用を削減でき、かつ状態もよくなるため維持費も下げられます。長期的に見ると、買い替えたほうがお得なケースも多いため、長い目で見たコストで判断することが大切です。

買い替える場合は最適な買取業者を選ぼう

買い替えを選ぶなら、手持ちの車をいかにお得に手放すかが重要です。好条件で買い替えるためには、処分に費用がかからないのはもちろん、少しでも資金化できることが重要です。おすすめなのは、買取業者のカーネクストで、処分から買取まで各種サービスが充実しているのが魅力です。

処分では車両の引き取りから廃車手続きの代行まで費用がかからず、買取は車の状態に関係なく、必ず値を付けてくれます。賢く資金化したいなら、ぜひカーネクストを利用しましょう。

参考:カーネクスト

自分に最適な車検方法を選ぼう

車検の方法は複数あり、どれを選ぶかで更新のコストやスムーズさ、受けられるメリットは異なります。また、方法ごとに違ったデメリットもあるため、プラスとマイナスの両面に目を向け、決めることが大切です。業者ごとの違いを正しく把握し、より自分が求めるものに合った内容を選択して、賢く車検を受けましょう。