車検は予約なしでも受けられるのか|当日車検の注意点も解説

2~3年に1回、絶対に受けなければならない車検は、その期限が切れてしまうと、自動車の公道走行が不可能となります。車検は、自動車の安全性などをチェックするものであり、自動車所有者を対象に義務化されている制度です。そして、基本的には予約して受けることを前提としています。

「忙しくて受ける暇がない」、「車検の時間を取れない」という人も少なくありませんが、ギリギリのタイミングで車検の有効期限に気づいた時、どのように対応すればよいのでしょうか。このページでは、予約しなくても車検は受けられるのか、徹底解説していきます。

具体的には、当日持込みは可能なのか、そして予約なしで車検を受ける場合の注意ポイント、車検を通さないという選択肢などについて取り上げていきましょう。車検制度について理解を深めたい人などは、ぜひ参考にしてください。

予約なしでも車検を受けられる可能性はある

事前予約を前提にしている車検は、予約しなくても受けられる可能性はあります。しかしながら、それは業者によって対応が異なるといえるでしょう。自身で車検を受ける場合は、原則当日車検は対応不可です。こうした予約なしの車検の仕組みについて詳しく解説します。

当日持込みで受けてくれる業者もある

車検は、業者に依頼することが一般的です。整備工場によっては、予約なしでも対応してくれる可能性があります。しかしながら、空きがあった場合の話であり、別の予約をしている人を待たなければならないことも考えられます。

工場によっては、当日車検を断る時もあります。業者のことも考えて、事前予約することが望ましいです。少なくとも電話だけはしておきましょう。

陸運局での車検は原則要予約

自分で車検を行う際は、陸運局に自動車を持ち込みます。これをユーザー車検と呼びますが、予約しなければ受けられないと認識しておいてください。予約は、ホームページでも可能であり、空きがあれば受けられる可能性があります。

つまり、車検を受けるためには、事前予約が欠かせないといえます。車検切れを防止するためにも、予約については意識することをおすすめします。

予約なしで車検を受ける場合の注意点

予約をせずに車検を受ける際は、いくつか注意ポイントがあります。それは、繁忙期は避け、事前準備を整えておくことです。また、後回しにされることや万全の状態で車検を受けられない可能性があることも頭に入れておきましょう。

繁忙期と休日は可能なら避ける

車検は、次期によって混んでいる時とそうではない時があります。自動車の買い換えが行われるシーズンは、混雑する可能性が高いです。

2月から4月は混みやすく、3月であれば、さらに混雑が予想されるでしょう。土日祝日も、混み合う確率が高いです。時期でいえば8月、そして平日ならば、空いていることも考えられますのでおすすめです。

予約なしだと後回しになることも

予約をせずに車検を受けられる可能性がありますが、状況次第では対応不可です。事前に予約している人から車検を受けることになり、最悪の場合、待っている期間に車検が切れてしまうリスクがあります。

特に車検が混み合っている状態は、注意が必要です。いずにれせよ、後回しになってしまい、車検の有効期限切れに冷や冷やする恐れはあります。

万全の状態で車検を受けられない可能性もある

事前予約していない車検は、しっかりとチェックしてもらえないリスクもあります。予約していれば業者は準備を整えていますが、予約なしは部品などの準備が疎かになりがちです

そして万が一、整備などが必要になった場合、時間がかかってしまう恐れもあります。万全の状態で車検を受けられないリスクがあることは認識しておきましょう。

車検に合格するための事前準備をしておく

車検に不合格にならないためには、しっかりと事前準備をしておく必要があります。リスクを避けるためには、書類を用意したり、点検なども対応しておきましょう

スピーディに車検を終える業者も存在していますが、早ければよいという話ではありません。なぜなら、車検は自動車の安全性を確保するために行われているものであり、すぐに修理が必要になってしまえば、コストを抑えられません。

特典などは適用されにくい

車検の事前予約は、業者によっては割引特典などがあり、費用を節約できます。車検費用は決して安くはありません。そのため、割引などのサービスは積極的に利用したいものです。

しかしながら、当時車検ではこうしたサービスを受けられない可能性もあります。だからこそ、事前に予約をして車検した方が、得するといえるでしょう。

車検を通さないという選択肢もある

車検には必ず費用がかかりますので、車検を通さず、自動車の買い換えを検討することも悪くありません。自動車の状態によっては、買い替えた方が長期的には得する可能性もあります。買い替えする際は、業者選びを慎重に行いましょう。

長く乗っているなら買い替えも視野に

自動車は、長期間乗っている場合、車検費用が高くなりがちです。そして、売却する際も、査定額が低くなる傾向にあります。そのため、走行距離が多い場合や、年式が古い際は、買い替えを検討しましょう。

買い替える時は、業者選びは無視できません。さまざまな企業があるため、査定前にしっかりと調べるようにしましょう。

廃車買取に実績のあるカーネクスト

故障車、不動車、多走行車などを所有している人は、廃車買取サービスがおすすめです。なぜなら、高く買い取ってもらえない可能性があるからです。廃車買取のカーネクストであれば、どのような状態の車であっても、0円以上の買取保証を行い、車種や状態によっては、高値査定も実現できるでしょう。

しかも、他業者では数万円かかる廃車費用もすべて無料です。レッカー代、解体費用、引き取り手数料などはかからず、面倒な手続きも無料で代行してくれます。また、査定にも費用はかかりませんので、まずは金額を確かめてみましょう。早めに自動車を手放したい人は、フリーコールで専門スタッフに相談してみてください。

参考:カーネクスト

車検を受ける前には今後について検討してから

車検は予約なしでも受けられますが、メリットは少ないです。後回しになってしまい、さまざまな特典も受けられない可能性があります。それだけではなく、万全の状態で車検を受けられない可能性もあるでしょう。繁忙期と休日であれば、車検は非常に混雑しているため、注意が必要です。

基本的には、事前予約して車検を受けることをおすすめします。業者に依頼すれば、ほとんどのことは対応してくれますので、安心です。車検費用を抑えたい人は、ガソリンスタンドなどか、自分で車検をするユーザー車検を選びましょう。