車検でのナンバープレート変更の手続きや注意ポイントを徹底解説

自動車の前後に取り付けられているナンバープレートは、公道を走行するために必要なだけではなく、住所にも関係するものです。そのため、ナンバープレートは、引っ越した際に変更しなければならない時があります。また、車検時にもこのナンバープレートは、重要な存在となります。

このページでは、車検でのナンバープレート変更の手続きや注意ポイントについて詳しく紹介していきましょう。車検時に限らず、ナンバープレートの変更が必要な場合なども取り上げていきます。車を普段から乗っている人などは、ぜひ参考にしてください。

ナンバープレートの変更が必要な場合とは

ナンバープレートの変更は、他の都道府県に引っ越しをした時に必要です。そして、希望のナンバープレートに変更することも可能です。ナンバープレート変更を放置していると罰金が科されるため、必ず手続きしましょう。

他の都道府県に引っ越しをした場合

基本的に別の都道府県に引っ越ししたときは、車のナンバーを変更します。なぜなら、運輸支局の管轄するエリアは、定められているからです。同運輸支局の管轄内であれば、ナンバープレートの変更は必要ありません

他の都道府県に引っ越しではなく、県内であってもナンバープレートを変更する可能性はありますので注意が必要です。ナンバープレート変更は対応すべきなのかどうか、引っ越し時には必ず確認しておきましょう。

希望のナンバープレートに変更する場合

ナンバープレートは、4桁の一連指定番号を変えられる「希望ナンバー制」によって自分の希望する数字に変更可能です。しかしながら、人気のある番号は、抽選になる可能性がありますので、必ずしも希望が通るとは限りません。

また、ご当地ナンバープレートという制度によって、地名の変更も可能です。ナンバープレートにおいても、自分らしいカスタマイズを実現しましょう。

車検でのナンバープレート変更と注意点

ナンバープレートの変更は、住所と一緒に手続きします。車検は、変更していなくても受けられますので、安心してください。しかしながら、変更を怠っていると罰金などの処分があります。こうした車検でのナンバープレート変更と注意点について解説していきます。

住所変更の手続きと一緒におこなう

引っ越し時は、自動車が登録している住所とナンバープレートを変更しなければなりません。変更申請は、期日が定められており、引っ越し完了後の15日以内です。

住所変更を忘れている人も多く、そしてそれで大きな問題があるわけではありませんが、法律違反になります。引っ越し後には、すぐに登録住所を変更しましょう。

変更をしなくても車検は受けられる

ナンバープレート変更に対応していなくても、車検は受けられます。業者によっては、住所変更サービスを実施しており、車検と一緒にナンバープレートも変えられます。

手続きを面倒に感じている人は、業者に依頼しましょう。業者に頼む際は、さまざまな会社がありますので、サービス内容や価格などを比較して選ぶようにしてください。

ナンバープレート変更の手続き方法

ナンバープレート変更の手続きは、みずから運輸支局で対応するか、業者に頼むかです。自動車検査証、印鑑もしくは委任状、住民票、車庫証明書をご自身で用意してください。

字光式のナンバプレートであれば、字光式番号表交付願も必要です。当日用意する書類は、申請用紙、手数料納付書、自動車税申告書です。これらは、業者に依頼する人は必要ありません。

変更をしないと起こる様々な問題

ナンバープレート変更をしない場合の問題としては、罰金があるだけではなく、納税通知書が届かず、支払いが遅れてしまう可能性もあります。また、リコール発生時の通知が来ず、売却や廃車の手続きが面倒になることも考えられるでしょう。

駐車違反などをしてしまった際、本人確認もできません。さまざまな問題を回避するためにも、ナンバープレートの変更手続きを行っておきましょう。

車検を通すか買い替えかで迷っている場合

車検を通すか買い替えかで迷っている人は、自動車の年式によって判断しましょう。年式次第では、自動車に関連する税金が高くなり、維持コストも上がります。買い替えを選択する際は、業者選びが非常に重要です。自動車の状態によっては、廃車買取を利用しましょう。

年式から選択する

自動車は年式によって税額が変わります。必ず納める自動車重量税や自動車税は、13年経過の場合、金額が上がります。自動車税は、18年経過でさらにアップします。そのため、これらの年数が経った際は、買い替え時と認識しておきましょう。ちなみにエコカー対象車であれば、税金が増えない時もあります。

また、古い自動車は、メンテナンス代や部品交換費用がかかります。新車ではすぐに修理することはありませんが、旧式車はどうしてもさまざまなパーツが劣化してしまうものです。走行距離が多い場合も同様ですので、明らかに維持コストが高くなってしまった際は買い替えを検討してください。

買い替えの場合は買取業者の選択が大事

旧式車、故障車、不動車、多走行車を所有している人は、ディーラーや中古買取業者に査定依頼した際、高い査定金額にならないケースもあります。そしてさらに、廃車関連費用などを取られてしまい、出費がかさむ可能性もあります。こうした売れそうにない自動車であれば、カーネクストがおすすめの業者です。

カーネクストは、どんな状態の自動車でも0円以上の買取保証をしています。海外に広がる販路を持っているからこそ、需要のある場所に自動車やそのパーツを送り込めるのです。車種によっては、高値査定になる可能性もあります。査定する際は、車種や氏名を専用フォームに入力するだけで、手軽に申し込みができます。

しかも、廃車の引き取り手数料、レッカー代、解体費用、廃車手続き代行、自動車税の還付手続き代行、査定などは、すべて無料です。別の業者であれば、廃車費用に数万円かかってしまうケースもあります。損をせず、そして自動車買取で得するために、カーネクストに依頼してみませんか。

参考:カーネクスト

変更の手続きをきちんとして車検を受けよう

引っ越して運輸支局の管轄が変わった際や、希望する番号に変えたい時は、ナンバープレートを変更する必要があります。変更をしなくても車検は受けられますが、罰金、書類や連絡が届かない問題も発生してしまいますので、15日以内に必ず変更手続きを行いましょう。

自動車のナンバープレートの数字を変える際は、自分の希望が通るとは限りません。ご当地ナンバープレートという特別な制度で、地名の変更も可能です。いずれにせよ、住所変更に伴い、ナンバープレートも必ず変更して、面倒なトラブルを未然に回避しましょう。